« 秋田県から返事がきました | Main | 祖父へのつぐないアレコレ »

March 26, 2005

ローレライを観てきました

cat_0503_260

まずは朝のだいふく

<--朝の起きぬけのほの温かい布団に潜り込む、いや、潜水中のだいふく
  
こんなグチャグチャの布団にうまいこと潜り込んだな~

cat_0503_261
<--そして脱出っ!
   いや、浮上っ!

さて本題。

甲府に出て「ローレライ」をパートナーと観てきた。

パートナーは政治的主観が私とは相反することが多いので一緒に映画を観ようとすると、ちょっと意見が割れたりする。簡単に言えば私はでパートナーは。ほんとはそんなに単純ではないけど、まあ簡単に言えばそんな感じ。

ずいぶん前に旅先で、首相の靖国参拝をめぐって深刻なケンカをした。朝鮮人の強制連行や慰安婦問題でもケンカ済。まったく変なカップルさ。

今回はもちろん私が強く「ローレライ」を推したのだ。
昨年は「華氏911」をパートナーの主張で観に行ったので今回は私に選択権があるっ!と主張した。

という訳で、スタバで飲み物とお菓子を購入し「ローレライ」鑑賞。

感想は、単純に面白かった。パートナーも「面白い」と言っていた。気に入った御様子。
「宇宙戦艦ヤマト」世代の私たちには、とーっても馴染みやすいストーリーなのだ。1980年代に流行った「銀河鉄道999」や「ガンダム」などの当時のSFアニメが実写版になった感じ。

自分を犠牲にしても悪から大切なモノを守る」「しかし悪にも悲哀と苦悩がある」という構図はまさに当時のアニメだ。

政治的イデオロギーとは無縁の映画と言ってよい。
戦争がテーマ、とか、兵隊が主人公、とか、ただそういう事でイデオロギーと直結して考えた自分を猛反省。

ただ、年だけはくった元アニメおたくの私には、年をくった分、ちょっと物足りない。
上映時間という制限があるからストーリーをコンパクトにせざるをえないのだろうけど、もっとを丁寧に語ってほしかったな~ 陰謀とかさ、根回しとかさ、もっとドロドロ感を味わいたかったな(* ̄v ̄*) 純粋無垢なストーリーは私には少々気恥ずかしかった。

そうは言っても、「ローレライ」は超たのしめる超娯楽大作であることに変わりは無い。

|

« 秋田県から返事がきました | Main | 祖父へのつぐないアレコレ »

Comments

とっても遅くなってしまいましたが、
素敵なカードありがとうございました♪
いただくカードやハガキ、いつもセンスの良い素敵なモノばかりで感動してます♪♪♪(●^∀^●)

だいふくくん可愛いなぁ(*´ω`*)
キャットタワー立派ですね!
うちも自分たちの家具買って落ち着いたら、ゆずの買ってあげたいなって思ってます♪
私の妹がだいふくくんと茶ミちゃん見て、ゆずにそっくり!!って大興奮です(笑)
だいふくくんのシッポって黒いんですね!可愛いっ♪

Posted by: いくみ | March 29, 2005 at 08:49 PM

>いくみさん

コメントどうもです!
そうですね~だいふくのシッポ、黒いんだ~私も初めてしりました(笑)

それよかnanakaちゃんのアンヨとオテテの方がめっちゃ可愛いですよ(*^^*) 食べたくなるとはこの事ですね!

そろそろ引越しで大忙しの頃でしょうか?引越しと子育てと大変そうですが、それ以上にとっても幸せそうでこちらも嬉しくなっちゃいます~

キャットタワー、いいですよ~ ただし購入の前に床から天井まで採寸したほうが良いですよ。ウチはなるべく高く組み立てられるヤツを買ったものの、結局、高すぎて部屋に入らず、低く組み立てるしかなかったのですよ。。とほほ

Posted by: kits | April 01, 2005 at 05:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/3444804

Listed below are links to weblogs that reference ローレライを観てきました:

« 秋田県から返事がきました | Main | 祖父へのつぐないアレコレ »