« 初の深夜便・・・しかし内容は薄 | Main | 我が家の韓流 その5 ~旅行代理店に電話しました~ »

April 22, 2005

人権擁護法をドウシテモ通したい古賀氏

母の韓国土産のことを書こうと思ったんだけど、トンでもニュース発生!

古賀氏に一任と判断 人権擁護法案で与謝野氏 (04/22 14:26 SankeiWeb)

 自民党の与謝野馨政調会長は22日午前、党本部で平沢勝栄法務部会長と会談し、今国会提出をめぐり党内調整が混乱している人権擁護法案の取り扱いについて、古賀誠人権問題等調査会長(元幹事長)が一任を取り付けたとの判断を示した。これにより、同法案は政調審議会と総務会で了承を求める手続きに入ることになり、国会提出に向け前進した。
 同法案については、21日の党法務部会・人権問題等調査会合同会議で、一任を取り付けたとする古賀氏と、平沢氏の見解が対立するという異例の事態になっていた。
 与謝野氏は平沢氏に「会議の座長は古賀氏だ。古賀氏が仕切ったという形にしてほしい」と述べ、平沢氏は「政調会長がそう言うならやむを得ない」と応じた。これに先立ち、古賀氏は与謝野氏や久間章生総務会長と会談し「21日の合同会議で一任を受けた」と報告、了解を得た。
 ただ法案に反対している党幹部は「党内で意見が割れており、了承することはできない」と反発を強めている。

「政調会長がそう言うならやむを得ない」って何さっ(怒り)。平沢さんってポーズで反対しておいて実は法案を通したいんじゃないの?与謝野政調会長って何考えてんの?郵政民営化の強行突破では文句垂れてなかったっけ?

抗議メールは速攻で出すべし!
(参考)人権擁護(言論弾圧)法案反対!ブログ 国内人権擁護法案関連メール先リスト

国会に提出したら共産党以外はもろ手を挙げて大賛成でしょう。この法案をつぶせるのは自民党しかいないのに強行突破してどうすんの?自民党がこんなんじゃ自民党の意味ないって。郵政民営化と同じ手法じゃ困るのよ。

この『人権擁護法』のウサン臭さは随分前から言われている。お蔭で「人権擁護」をひときわ声高に叫ぶ著名人に対して一度ネットで検索してみる距離感を身に付けた。

弱者に群がって利権をむさぼる輩には前から免疫がある。動物(主に犬)の保護団体でボランティアしてた頃、そういう輩は嫌という程目にしてきたから、奇麗事のウラに汚い打算があることも経験的に知っている。

犬たちを助ける時、いつも壁になって妨害するのは弱い立場の犬たちを利用して大金をせしめる人間だった。

自治体の補助金狙い、企業の支援金狙い、一般市民および団体の寄付金狙い・・・。そこにいる犬たちがどんなに酷い飼育環境にあろうと、犬達の保護活動をする民間人としてうまく立ち回ればお金が入るのだ。そして、普通に活動している他団体の誹謗中傷を繰り返し、活動を妨害し、足を引っ張る。
(念のためお断り・・・こういう非道な輩はごく一部です。)

飼い主から虐待されている犬は救出しなければならない。私が所属していた団体では、提訴覚悟で飼い主から犬を引き離したケースもあった。虐待はあってはならない。助ける努力を続けるべきだ。しかし、弱者擁護は悪用されることもあるのだ。

人権擁護法のもとに設置される『人権委員会』も同じ構造になりえるのでは?弱者擁護のふりをしながら甘い汁を吸えるのでは?

動物保護活動で思ったのは、警察や行政など既存の公権力の強化(立ち入り捜査の柔軟運用)、暴力・虐待行為などへの罰則の強化、行政などへの通報者のプライバシー保護(動物愛護はヤバイ団体と繋がっている事が多かった)、そして民間団体は当たらず触らずなどという妙な聖域を崩して欲しいという事だ。

人権保護も『人権委員会』なんか作らなくても、やる気になればできるんでないの?と激しく思った今日だった。

|

« 初の深夜便・・・しかし内容は薄 | Main | 我が家の韓流 その5 ~旅行代理店に電話しました~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/3808985

Listed below are links to weblogs that reference 人権擁護法をドウシテモ通したい古賀氏:

» 人権擁護法案強行突破を許すな。 [Life is Good]
自民党法務部会・人権問題等調査会合同会議において、古賀氏が強行突破を狙った模様だ。一方的に一任を宣言し国会提出を目指そうというのは納得できない。 http://www.sankei.com/news/050422/sei004.htm この動きに対し平沢部会長が一任を認めない方針でいたものの、与謝野政調会長に押し切られる形になり一任を承諾してしまう。 http://www.sankei.com/news/050422/sei063.htm しかしまた反対派の議員が与謝野政調会長に..... [Read More]

Tracked on April 22, 2005 at 10:56 PM

« 初の深夜便・・・しかし内容は薄 | Main | 我が家の韓流 その5 ~旅行代理店に電話しました~ »