« 我が家の韓流 その5 ~旅行代理店に電話しました~ | Main | AA会議での首相スピーチ プラスとマイナス »

April 24, 2005

小泉外交は土下座外交?はたまた戦術か?

昨夜の日中首脳会談の模様は断片的な報道ばかりで全貌が良く分からない。。。ほんとは映像で見たいんだけど、なかなかお目にかかれない。

TBSの昼のニュースでは、中国メディアが主席が日本に強く迫った旨を一斉に報道したと報じたが、

それが何?

という感想を持ったのは私だけ?中国メディアの報道を信じる人間がどれだけいる?先日も町村大臣が中国に謝罪したというデマを平気で報道した。中国国内の沈静化狙いであることは間違いない。

(参考)日中首脳会談 中国、真意は摩擦解消 「反省要求」で世論懐柔 平成17(2005)年4月24日[日]SankeiWeb

(省略)
 胡主席は就任以来、直接に記者と接触することを避けてきたが、この日は会談終了直後、小泉首相の記者会見に先立ち、自ら内外の記者に会談で主張したことを発表した。この異例の対応は、国内向けと同時に、反日デモ以降、日中関係への関心を高めた外国メディアに、中国の立場をアピールする狙いだった。
(省略)
 おそらく中国側は今後、首脳会談での胡錦濤主席の主張を国内に宣伝して反日世論を懐柔しながら、対日関係の促進を図るとみられる。経済建設を最も重視する中国にとって、対日関係の改善は急務であり、反日デモの影響を最小限にするためには、まず反日世論の沈静化が不可欠だからだ。(省略)

中国メディアの報道をそのまま日本でニュースにする神経が理解できない。TBSは中国の広報機関でしょうか?こんな報道は止めてもらいたいね。

中国の狙いは、例えばこんなトコロに見え隠れ。。。
(参考)クローズアップ2005:日中首脳会談 友好へ歴史の壁厚く/会見要旨(その2止)毎日新聞 2005年4月24日 東京朝刊
(参考)日中首脳会談要旨/会談後の日中首脳発言要旨 平成17(2005)年4月24日(ジャカルタ 共同)

毎日の上記記事によると会談の内容について小泉首相の談話は以下のとおり。

--靖国神社参拝、歴史認識問題については。
 首相 胡主席からそれぞれ話がなされた。同時に胡主席はいちいち討論する気はないと話され、私もその意見に賛成だったので、私からは靖国問題、歴史問題については具体的には触れなかった。日中の友好が2国間の利益だけではなく、アジア全体、国際社会にとっていかに有効かを認識する場だった。

それが、胡主席は会談後の会見で以下の通り日本に要求したとノタマいやがった!(上記共同のニュースから抜粋)

一、歴史と台湾問題で日本が行った誤った行為により、中国と関係するアジアの国々の感情を傷付けた。日本は反省すべきだ。
一、日中関係を改善するため(1)日中共同宣言など三文書の順守(2)歴史の反省(3)台湾問題の正確な処理(4)対話による問題解決(5)交流拡大-の五項目を提案する。
一、日本が中国人の感情を傷つけるようなことをせず、反省を行動で示すよう求める。

もぉーね、私はこんだけ日本に言ってやりましたよ!ってなもんでしょ。純ちゃんとの会談の中身なんて中国側にとってはどうでもよかったんじゃ???で、中国マスコミは会談の中身よりは会談後の胡主席の妙な主張を大々的に報じてるわけ。それに乗っかる日本のマスゴミ連中・・・情けね。

ただ、今回、中国側が日本との首脳会談に応じてしまった事は、いくら捏造中国でも消せない事実となった。
昨年11月のチリでの日中首脳会談で、中国の潜水艦が領海侵犯した事件について、中国側は小泉首相の靖国参拝および日本の過去の歴史認識を強く非難することで応酬した。まるで年中行事だね。
首脳会談の度に、何度も何度も『反省せよ』と強く日本に迫る中国。しかし具体的な成果を日本側から引き出せない中国。

これは中国自体の首を真綿で締めるがごとくジワジワと効いていくと思う。靖国参拝にしても歴史認識にしても、強行に日本に迫れば迫るほど、それは日本の外交カードとして有効になっていく。将来、春先の歴史教科書検定のような日本国内の問題が発生すれば、それに反応して中国国民は再び加熱爆発するだろう。ま、メディア規制が得意な中国だから必死になって隠蔽するだろうけど。。。

ただ、注意しなければならないのは先の『反日暴動』で日本人もそうとうのフラストレーションを中国に対して感じている。この度の対話重視の小泉外交は対中国には有効かもしれないが、日本人には不満が蓄積する。私もちょっと不満。1箇所くらいもう少し厳しく反論してもらったほうが日本人の精神衛生上よかったのに。中国メディアがそういう日本の主張を取り上げることは無いだろうから。
懸念は先日の小泉首相のAA会議でのスピーチ。全文を読んでみたが、中国の反日暴動を受けての反省&お詫びの弱腰外交にもとれるし、全世界に日本の正当性を暗に示したとも思える。びみょー・・・玉虫色ー・・・。
『反日暴動』があったばかりのせいか、日本のマスコミは『純ちゃんが中国に謝っちゃったよぅ。』という論調。『とうとう小泉も土下座外交かよっ!』と批判するネット上の意見もある。今後の小泉首相の対応次第では小泉政権の支持率低下へ直結すると思う。
(参考)Irregular Expressionさん『AA会議 小泉首相演説を読む』<--コメント欄で議論白熱!

小泉首相が靖国参拝を毎年続けていることを踏まえて小泉『脱・謝罪』外交に期待する支持者も多いはず。そういう人々は「今年こそは絶対8月15日に参拝してくれっ!」と思っているはず(私も思ってます)。でないと日本国内の不満が発火しちゃうよ。

(参考)クライン孝子の日記さん 4月23日の日記 

ドイツは今、15時15分ごろ。
デユッセルドルフの日本総領事館前で、シナからの留学生300人
くらいが反日デモをやっているらしい。
息子はそこへ取材に出かけていて、今電話をしたら、
受話器の向こうで、官製やらせ反日デモ族がわめいているのが
聞こえてきた。
現場では、多くのドイツ人、呆れてるらしい。
早速、近辺に住むドイツ人の知人に電話したら、
「とんでもない無作法な奴らだ。とっとと国へ帰ってしまえ」って。

今朝のフランクフルト・アレゲマイネ紙の一面のトップニュースは
小泉首相のAA会議での演説
見出しが傑作!
『小泉首相は深くおわびしたのに、中国は満足してない』
靖国神社には246万人の英霊の魂が奉られており、中に
東京裁判で判決をうけた14人も奉られている。
という記事には、
知人のドイツ人は
「彼らも国を思って戦った。
その14人のために、シナが首相の靖国神社参拝にケチ
をつけて問題視するのは、おかしい!
チベットや少数民族の弾圧に精を出している彼ら中国人こそ、
国際裁判で裁かれるべきだ」とも。

というわけで一般のドイツ人は、冷めたもの。
というより、シナの傲慢かつ覇権主義的兆候に警戒感を強め始めている

という海外の方の反応もある。ちゃんと対外的に説明すれば(中韓はともかく)世界は理解してくれるはずだ。

今回の反日暴動は中国の内政問題なのに巻き添えを食った日本。これ以上のトバッチリは御免だ。郵政民営化が済めば他はどうでもいいぴょーん♪と割り切った純ちゃんが「あとは次の首相が解決してね♪」と日本人の気持ちを犠牲にして外交問題の棚上げをするのだけはやめてね!潔く参拝して欲しい。

|

« 我が家の韓流 その5 ~旅行代理店に電話しました~ | Main | AA会議での首相スピーチ プラスとマイナス »

Comments

ひさしぶりのコメントです・・・・。全く何とかならないのか・・・スパイラル外交と誰かが名づけていましたが、何を言っても何をしても支那の攻撃は収まらないでしょう。困ったものです。

Posted by: ethnic | April 24, 2005 at 06:37 PM

>ethnicさん
こんにちは。2月以来ですね、お久しぶりです!『千点写行』、相変わらず素敵な写真ですね~癒されました。

中国の『反日』は今後も変わらないでしょう。それに比例して日本人の嫌中も加速しますから、日本政府も中国への安易な妥協は難しくなるでしょうね。

ただ、『反日』で騒ぎ立てる事は当面は外交上のマイナスになると中国も学習したでしょうから、今後どのように中国国民をコントロールするのか見ものです。

Posted by: kits | April 25, 2005 at 10:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/3834776

Listed below are links to weblogs that reference 小泉外交は土下座外交?はたまた戦術か?:

» 「アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ」を論じたブログいろいろ [玄倉川の岸辺]
小泉首相の「アジア・アフリカ首脳会議におけるスピーチ」を論じたブログを集めてみました。 上下の並び順に特に意味はありません。 “ホリエモン関連のお勧めブログ”の二番煎じです。コメントやトラックバックによる情報提供を歓迎します。 私自身の意見は“歴史への反省は必要だが、原理主義者に阿る必要はない” です。「肯定派」ですね。今回あちこちのブログを読ませていただいて興味深かったのは「最初聞いたときは腹が立ったが、ス�... [Read More]

Tracked on April 24, 2005 at 07:29 PM

« 我が家の韓流 その5 ~旅行代理店に電話しました~ | Main | AA会議での首相スピーチ プラスとマイナス »