« だいふく♂ | Main | A級戦犯の事実を知らずして批判するなかれ »

May 25, 2005

ドタキャンされました。

呉副首相の会談キャンセルが波紋を呼んでいる。
そこで、この度のドタキャン劇を、ネット上のソースを元に時系列で並べてみる。

(注意)青い文字は私のチャチャ入れです。他は全てニュース系サイトからの情報です。
収集した情報はテキストファイルにしました。コピペしただけだので超見づらいです。(こちら正しく表示されない場合はお手数ですがエンコードをシフトJISに指定してください)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11日頃?・・民主・仙谷政調会長、北京へ。岡田代表の訪中折衝が目的。
16日・・・小泉首相『内政干渉すべきでない』。民主・仙谷氏の国会追及で。
17日午後・・呉副首相が来日

  ~~~今や渦中のオバハン、日本で愛想ふりまきstart~~~ 

19日・・・孔泉報道官談話で『会談は「極めて重要」と期待を表明』。
21日・・・唐家せん国務委員・王家瑞対外連絡部長『靖国参拝するな』。自民党武部氏・公明党冬柴氏との会談で。武部氏『日本人の気持ちも考えて』。
22日午後・・胡錦濤主席『靖国参拝するな』。武部氏・冬柴氏との会談で。

<会談キャンセルが決定か? 産経朝刊>

中国国内で21日22日の会談の模様は一切報道されず

23日午後・・細田官房長官が会談は中国側がキャンセルと発表。
      外務省筋『中国側は靖国とは無関係と返事』。
      民主党岡田代表との会談もキャンセル。

  ~~~中国オバハン、日本から逃走~~~

23日夕・・・孔泉報道官談話で『会談キャンセルは重要な緊急公務のため』。
23日夜・・・呉儀中国副首相の遼寧省大連市入り判明。

中国国内で呉副首相の帰国は『公務のため』と報道
呉副首相の大連入りとモンゴル行きが判明し日本国内で対中批判

<温家宝首相ら共産党強硬派が外交当局に反撃指示か? 産経朝刊>

  ~~~以降、中国側の態度が一転する~~~

23日夜・・・孔泉報道官談話で会談キャンセル後、初批判。
24日・・・・呉儀副首相、モンゴルの首都ウランバートルに到着。
24日午後・・孔泉報道官談話で『会談キャンセルは靖国参拝のせい』『モンゴルはもっと大事』『抗日戦争で中国は傷ついたのだから日本に何してもよい』。

24日・・・閣僚、自民党幹部ら中国への批判 相次ぐ。
     細田官房長官、『内政干渉ではない。』
     中国各紙が孔泉報道官談話を一斉報道。政府系機関紙は報道せず。
     中国国内で反日感情再び。
     中国外務省の沈国放・次官補『靖国参拝やめれば解決』

24日夕・・小泉首相『キャンセルした方に聞いて』と中国を突き放す。
~~~~~~~~~~(以上)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最も注意しなければならないのは、小泉首相が靖国批判は『内政干渉』と発言したのは16日。例の中国おば様が来日したのは翌日。中国報道官が小泉首相との会談に期待するとまで言っていたのは19日。そして23日の会談キャンセルまで、おば様はご機嫌で日本に滞在していた、という事実。

中国報道官が急に『靖国が原因』と言う事を一転させたのを真に受けてはいけない。

もし首相の発言が気に入らないのなら来日自体をキャンセルできたはず。
日本の経済界だけと仲良くしたいけど政界が気に入らないんなら、従来の日中会談のシキタリ通り『靖国参拝すんな、こらっ!』と直に首相に文句言えばいいのだ。

ドタキャンした上に嘘の言い訳でトンズラ、後から『全ては日本が悪いアルネ!』と報道官が言い放つに至る。日本人をバカにするのもいい加減に白っ!と猛烈に怒り心頭なのは私だけではないはずアルネ。

21日の胡錦濤主席などが『靖国参拝するな』と武部氏らに要請。(中国では報道されず)
これが第一のキーポイントだったのかも。何かしら中国に不利な状況を嗅ぎ分けたに違いない。

23日 怒涛のキャンセル劇
  ↓
日本国内の対中批判発生
中国国内でも対日方針の対立か?
おそらく、ここが第二のキーポイント。ここから一転して開き直る中国政府。
  ↓
23日夜以降 一転『靖国悪い。日本が悪いアルネ』発言(中国で報道)
押さえ込んでいた反日感情を逆に煽る方へ方向転換
  ↓
(以降、中国の考えるシナリオを予想)
  ↓
再び中国国内の反日活動を激化させ、日本国内の小泉批判を煽る。
  ↓
小泉内閣への圧力強大化。
  ↓
再度、日中首脳会談。靖国参拝中止を含め日本から譲歩を奪取したら反日を沈静化。
  ↓
メデタシめでたし by ちゅうごくきょうさんとう

でも、おそらく上記のように上手くコトは運ぶわけが無い。
反日が激化すればするほど日本国民の対中感情は悪化し、日本側が譲歩する事は逆に難しくなる。
いいぞいいぞ~中国の反日ばんざ~い。

でもさ、今日は中国からの燃料投下が無いね。。。あれ?
じゃあ、一体、あの騒ぎは何だった?
つまりは中国国内のゴタゴタだったって事か。。。国内問題でも何でも『悪いのは日本アルネ』。
いい加減にしるっ!

え?岡田代表?神崎代表がどうしたって?
え?筑紫じい?あさひが何て報道してるって?
え?韓国のだれが何だって?

中国の主張をそのまま垂れ流すのは、空気を読めないよっぽどのお馬鹿さんか、ある目的を持った反日工作員だけでしょ。中国よりこっちを早く始末したいね。

(参考)IrregularExpressionさん『中国が反日暴動にGOサイン』
マスゴミの報道をめった切り。気分すっきり!

(参考)アジアの真実さん『自らの異常性をばら撒く中国の失策 ~呉副首相の会談キャンセル劇より~』
首相会談のリスクが中国側にとって痛かったと分析。なるほど!

|

« だいふく♂ | Main | A級戦犯の事実を知らずして批判するなかれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/4274425

Listed below are links to weblogs that reference ドタキャンされました。:

» 非礼な中国政府 [東亜マンセー協会]
中国副首相、異例の会談中止 「外交ルール無視」中国の呉儀副首相が二十三日、小泉純一郎首相との会談を突然取りやめ、帰国した。中国側は「緊急の公務が生じた」としているが、訪問国の首脳との会談を当日にキャンセルするのは極めて異例。日本側は、「理由を説明すべきだ。最低限の国際的... [Read More]

Tracked on May 26, 2005 at 06:54 PM

« だいふく♂ | Main | A級戦犯の事実を知らずして批判するなかれ »