« 左まき研究 その1 | Main | 茶ミ »

July 24, 2005

真に恐ろしいこと

自民、人権擁護法案の今国会提出見送りへ (2005年07月23日23時40分 Asahi.com)

 自民党は、人権が侵害された場合の救済手続きなどを定める人権擁護法案の今国会提出を見送る方針を固めた。党内の推進、反対両派の調整が暗礁に乗り上げており、来月13日の会期末までに妥協案をまとめるのは困難と判断した。近く与党人権問題懇話会を開いて、最終決定する。

 執行部の一人が23日、「(残り)会期を考えると提出はできない」と明言した。小泉首相が最優先課題に掲げる郵政民営化法案の参院採決を控え、党内に新たな混乱の火種をつくりたくないとの考えもありそうだ。

 同法案をめぐっては、政府や古賀誠・党人権問題等調査会長らが今国会への再提出を目指したが、平沼赳夫前経産相や安倍晋三幹事長代理らが「人権侵害」の定義の明確化や、人権擁護委員を日本国民に限る「国籍条項」の導入など法案の大幅修正を求めていた。

 古賀、平沼両氏が今月13日に協議したが、公明党が反対している国籍条項の導入を古賀氏が拒否。協議は物別れに終わり、与謝野馨政調会長に法案の扱いが委ねられていた。

私は郵政法案の強行突破より、人権擁護法案の(こっそり)強行突破のほうが非常に問題だと思っている。
マスコミでは一向に取り上げないこの人権擁護法案が国会に通った時こそ、国民の監視外で進む闇の政治、独裁政治、ファシスト与党執行部という批判が成り立つと思う。

幸い、郵政法案に手一杯で、こっちは今国会提出が見送られるようだ。心底ホッとした。

小泉首相は郵政法案を抱えて法案成立または解散総選挙に向かって突っ走っているが、そんなの別におかしいとは思わないし、小泉首相が独裁者とも思わない。

というのは、「マニフェスト選挙」と言われた先の総選挙で『郵政民営化』をメインテーマに掲げて晴れて与党となったのだし、また小泉さんが総裁になった際ももちろん『郵政民営化』が公約だったのだから、その『郵政民営化』に向かって首相が突っ走るのは一般の有権者にしてみたら別に不思議でもなく非常に分かりやすい展開だ。

ところが、国会におけるこの「郵政法案」の賛否の駆け引きには、闇から闇へと事が運びつつある「人権擁護法案」への懸念が影響しているかもしれないというのだ。
酔夢ing Voiceさん 日本テレビ「今日の出来事」のやらせ報道 より引用

しかも、もっと重要なことは、郵政民営化法案に反対票を投じた城内議員の動機が、番組で一切伝えられていなかったのだ。城内議員が、なぜ、反対票を投じたのかという理由は、人権擁護法案の成立を阻止することが目的だったのだ。郵政関連法案について、自民党執行部の強引なやり方を目の当たりにした城内氏は、このままでは人権擁護法案も通ってしまうのではないかという危機感を抱いた。その一念で、執行部への一撃の意味をこめて反対票を投じたと城内氏は言う。

実際のTV放映では城内議員は派閥と有権者の狭間で葛藤し反対票を投じた若手社員として編集されていたようだが、ブログ主の西村氏が当の城内議員本人へ確認をとったところ、実際の反対の理由は「人権擁護法案」であり、TV放映の内容は事実無根であったのだ。(ご注意:西村氏のこの記事のコメント欄にいろいろなご意見が寄せられているようだが、私自身は城内議員と直接会話した西村氏の判断を信用し西村氏の記事をそのまま引用した)

事実を歪曲するTV番組「今日の出来事」も非常に問題だが、私がとっても気にかかるのは、自民党そのものを分裂しかねないこの度の「郵政法案」攻防に、見えないところで「人権擁護法案」が関与している点だ。そしてそれをまるで報道しないマスコミの存在だ。
まぁ、公約である「郵政法案」と、そうではない「人権擁護法案」がゴッチャになる事自体もユユシキ事だと思うんだけどね。。。

「郵政法案」で自民党が『ぶっ壊れる』のは、まぁ、致し方ない。何故なら、明らかに次の選挙の争点であり、有権者はそれを念頭に入れて投票するだろう。誰が当選するかによって今後の「郵政法案」の展望が非常に明解で分かりやすい。

しかし、自民党が『ぶっ壊れた』理由が実は「郵政法案」だけではなかったとしたら?
陰に「人権擁護法案」という有権者にとって全くノーマークのダークホースが潜んでいたとしたら?
そして、そのダークホースの存在をマスコミが取り上げないとしたら?

「人権擁護法案」には選挙を通じて全く民意が反映されないことになる。
私はこっちのほうが恐ろしい。

今回の国会提出断念のニュースでもわかるように「人権擁護法案」も「郵政法案」に負けず劣らず自民党内で大もめにもめてる法案なんだから、解散総選挙になった暁には立候補者の方々には「郵政法案」の賛否表明と同じく「人権擁護法案」賛否もハッキリさせてもらいたい。

≪過去の関連記事≫
April 22, 2005 人権擁護法をドウシテモ通したい古賀氏
April 11, 2005 その後の人権擁護法
April 06, 2005 人権擁護法は誰を守る?
April 03, 2005 怖いぜっ!人権擁護法

【2005.8.21 add】

『言語学研究室日誌』ブログ 終戦記念日に思うことへTB

とうとう解散総選挙。郵政が焦点といいつつ有権者はそれ以外もしっかり見据えて投票すべし。

|

« 左まき研究 その1 | Main | 茶ミ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/5127546

Listed below are links to weblogs that reference 真に恐ろしいこと:

» 終戦記念日に思うこと [言語学研究室日誌]
自民党に投票しますか、それとも、日本人をやめますか。 [Read More]

Tracked on August 20, 2005 at 01:15 PM

« 左まき研究 その1 | Main | 茶ミ »