« 平成17年8月15日 靖国を振り返る | Main | ホンジュラスって? »

August 25, 2005

じゃあ電電公社はどうなのよ?

cat_0508_251

←茶ミ「TVコメンテーターの脅し文句にビックリにゃ!」

テレビでもお偉い評論家、そして田中康夫氏までもが「郵政民営化したら外資の食い物にされる」と煽っている。つまり郵貯および郵便保険に集まる340兆円を外資が狙ってるんだってさ。

つまり民営化された暁には

 外資が株式を買いあさり→最終的に外資に買収される

という事態が起こりそうなんだってさ。本当にそうなの?

じゃあ1985年に民営化されたNTTはどうなのよ?

NTTの発行株式の内訳

 政府保有・・・約41%

 外資保有・・・約18%(法人・個人計)

 国内保有・・・約41%(法人・個人計)

民営化後20年経った今、NTTは外資の脅威にさらされているか?結論はNOでしょ。株式会社化されたって結局は政府のコントロール下にあるのは明白。

やっぱり電電公社は公社のままでよかったと思う人、居るのかな?

電電公社が民営化されてから関連する電気通信事業法は何度も改正され、その都度、事業は民間に解放されていった。1985年の民営化当初は電話線を引ける業者はNTTと第二電電の2社くらいなものだったのに、今や多くの企業が参入している(伝送路設備を有する電気通信事業者)。これは民営化プラス法整備によってもたらされたものだ。

つまり民営化しただけで「民業圧迫」または「経営不振」という風に全てがシロクロはっきりするというモノではない。電電公社みたいなドデカイ企業が民間化する過程で順次の法整備が為されたように政府のコントロールが介在するのだ、という事。逆に言えば仮に郵政民営化が為されたとしても、それは単に最初の一歩を踏み出したに過ぎず、その後も何十年と郵政事業について国会での議論は続いていくはずなのだ。私しゃその後の方が大事なような気がしている。

チマタの郵政議論はあまりにも極論すぎる。。。

もう一つの極論、過疎地の郵便サービスは無くなるとか・・・これ、ちょっと脅迫じゃない?NTTが民営化されたからって過疎地で電話が無くなったの?違うよね。あいかわらず電話は通じるじゃん。確かに都心に比べて過疎地での新サービスの提供は遅れるけど順次都心と同レベルのサービスが提供されている。都心のサービス競合が過疎地でのサービス向上に結びついてる。

ブロードバンドやIP電話の普及などは皆さんご承知の通り民間企業が牽引役となった。NTTでは将来は全ての固定電話をIP化する目標らしい。これも民間との競合の成果では?

結論・・・外資に食い荒らされる、とか、郵便局がなくなって不便になる、とか、、、私にはタチの悪い脅迫にしか思えん。

|

« 平成17年8月15日 靖国を振り返る | Main | ホンジュラスって? »

Comments

まったく同感です。TVの評論家もこのことをもっと言ってもらいたいです。長距離電話は3分400円でしたから。今子供に言っても信じてもらえないくらいですよ。

Posted by: 多事?so long. | August 30, 2005 at 06:44 PM

>多事?so long.さん
コメント有難うございます。
長距離電話3分400円、、、NTT民営化直前の値段ですね。
(参考)電気通信審議会 答申
今やIP電話で全国一律1分8円程度ですもんね。お子様が信じないのも当然ですよ。

このエントリをUPした日、政府が固定電話のIP化を行政目標とする発表をしました。通信はユニバーサルサービスの一つですから、NTT民営化20年ですが政府のコントロールは必要だし、現にそうやって通信業界は今までやって来てるんですよね。

Posted by: kits | September 01, 2005 at 03:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/5630784

Listed below are links to weblogs that reference じゃあ電電公社はどうなのよ?:

« 平成17年8月15日 靖国を振り返る | Main | ホンジュラスって? »