« 土浦海軍予科練の話 | Main | 何が狙いだ?>日本のテレビ »

August 30, 2005

考察!猫のしっぽ

cat_0508_306

(1枚目の写真)ウチに保護された4匹(生後1ヶ月頃)。
左から『ゆず』 『だいふく』 『万穂(今は私の友人がママになっている)』 『茶ミ』。

昨日、郁美さんからコメント頂いた猫のしっぽの件についての考察・・・って大げさ~(* ̄∇ ̄*)

郁美さんちの白猫『ゆず』は、実はウチで保護した子猫の1匹で、生後2ヶ月頃に郁美さんが里親になってくださった猫。

(ご興味のあるむきは旧拾い猫日記を参考にされたし。ただし猫の名前は幼名表記(里子に出す事を考えて仮につけた名前)になってまつ。)cat_0508_305

(2枚目の写真)生後1ヵ月半頃。離乳食に切り替えたばかり。左から『万穂』 『茶ミ』 『だいふく』 『ゆず』。

、で無事に育った4匹はいずれも”ジャパニーズボブテイル(純粋種)”(ウチのはおそらく雑種です、念のため)ばりに短いしっぽなのだが、特に『ゆず』と『万穂』は、触っても皮の下に骨がない究極の”ボブテイル(ウサギのしっぽ)”だったと記憶している。cat_0508_302

残りの2匹(現在我が家の家族)はというと、、、

←茶ミのしっぽはこんな感じ。

長さ7cmほど。NOMOのトルネードもまっツ青なくらいねじれてまつ。

cat_0508_301

で、だいふくのしっぽはというと、茶ミより若干短めの5cm。短い分わかりづらいけどシッカリねじれている。

そもそも日本で短尾猫が増えたのは、、

(説1)江戸時代後期に「長尾の猫は化ける」という俗説(猫股伝説)のせいで長尾猫が忌み嫌われ突然変異の短尾猫を好んで繁殖したから、という説と、

(説2)東南アジア猫に短尾・尾曲がりが多いことから江戸時代に東南アジアから流入した、という説がある。

後述「シッポにゃん」さんでは、両説ともに事実であろう、と推察している。

今現在は長尾と短尾は日本では半々ぐらいの確率でいるそうな。ウチの猫は短い上に曲がってるから、おそらく東南アジアの遺伝子をちょっとは持ってんのかな~

『猫の不完全な飼い方』によると

尻尾の長短、尻尾の曲がり具合を決める遺伝子は一つではなく、複数の遺伝子がかかわっていると考えられている。たとえば尻尾の短い日本猫と、長い猫をかけると、いろんなタイプの尻尾の子供が生まれる。きりっとした短い尻尾になることはまれで、中ぐらいの長さの尻尾や、長いけれども先端が曲がった尻尾、ジグザグに曲がった尻尾の子供などができる。

『ゆず』『万穂』がきりっとした超短尾、うちの2匹は普通の尾曲がり短尾。
長尾系が皆無、っつーことは・・・うちの猫兄弟の両親は短尾系だったんだね。

・・・しかし、猫の尻尾ってバリエーション豊富でおもろいな~♪

(参考)
『シッポにゃん』日本猫の長尾・短尾
『猫の不完全な飼い方』 城崎哲著

|

« 土浦海軍予科練の話 | Main | 何が狙いだ?>日本のテレビ »

Comments

わ~ヾ(o´∀`o)ゞ♪
ありがとうございます!!
いやいや~勉強になりました!
ボブテイルか~可愛いですね♪
両親ニャンもやっぱり短尾なんですねぇ。
猫のしっぽって本当に面白いです♪
ゆずや万穂ちゃんの様なきりっとした超短尾は珍しいんですね~!!
kitsさんの記事読んでますますゆずの短尾が好きになりました~(≧艸≦)♪
茶ミちゃん!写真でも判るくらいねじれてます~!!すげぇ!
そしてちょいと長めなんですね(^∀^)
だいふくくんはゆずよりもちょっとだけ長い感じかな?
チョボッとしてて何だか取って付けたみたいでラブリーです(*>∀<*)
そうそう、ゆずのしっぽって殆ど無くてまさにウサギです!
触ってみたら骨は1センチ有るかな?って位でした。
で、そんな短いのに先っちょがちゃんと折れ曲がってるんです!!!!!
ビックリ&笑っちゃいました!
小さい頃の4匹可愛いですね~(*゜д゜*)
みんな毛がポワポワしてるーーー!!
人間の赤ちゃんも、子猫も変わらないなぁと思う今日この頃です。。。
成長の早さとか、大変さとか、可愛さとか・・・(*´ω`*)

Posted by: 郁美 | August 30, 2005 at 11:40 PM

>郁美さん
私のヤヤコシイ話を読んでくださってありがとう!
そうですかぁ、ゆずちんのシッポには1cmの骨はありましたかぁ。。。でも1cmなんて超みじかっ!しかも先っぽが折れているとは。な、なんてプリティーなんでしょう。
犬のコーギーのお尻もシッポが短くてソソラレますが、やっぱり猫のボンボリ尻尾にはかないませんて♪

猫の遺伝子って何だか面白そうですよ~
猫の遺伝について書いた本があるようなので今度読んでみたいです。んでもって、うちの子らの謎の両親猫を想像してみたい。

子育てって、可愛くって、あっというまで、そして大変で・・・人間の子育て未経験の私にも何だかわかるような気がします。
でも無邪気で伸び伸び育つ、かわゆい郁美さんちのお子ちゃまを拝見すると、ああ、郁美さんちはHappy~って感じますよん♪これからも楽しみにブログを拝見させていただきます。がんばって!

Posted by: kits | September 01, 2005 at 04:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/5706160

Listed below are links to weblogs that reference 考察!猫のしっぽ:

« 土浦海軍予科練の話 | Main | 何が狙いだ?>日本のテレビ »