« ホワイトバンドについて考える | Main | 長崎議員へのメール(返事はまだ) »

September 12, 2005

選挙の後にやること

cat_0509_12

←『これからもチャンと見ていくニャリ!』

選挙結果を見て驚いた~ こんな自民圧勝で、なんだか怖いくらい。

小泉首相の『自民党革命、既にやっちゃってます』パフォーマンスが効いたのだと思う。しかし利益誘導、陳情政治、地盤相続、、、結局は駆逐できないで生き残ったヤツが結構いる。

私の出身地の「秋田2区」、今回投票した「山梨2区」・・・結局、強いんだよね。新党にも加わらず無所属。なんかスッキリしないのに、結局当選。このまま無所属でいてくれればいいんだけど。

他にも郵政決議を棄権した古賀誠氏や小渕優子氏も自民党として当選してしまった。なんだか身の振り方がお上手な御様子で(皮肉)。

私達がどうして自民党に入れたのか?
どうか自民党の方々にはしっかりと分析し、受け止めてもらいた。今更、派閥の論理、永田町のシキタリでゴチャゴチャ始まった日にゃ、2倍返しで批判させてもらう。

さて、私はこのたび、引越し前の住所の「山梨2区」に投票した。その「山梨2区」では、造反オオモノ議員の対抗馬として、自民新人、長崎幸太郎氏がいわゆる刺客として立候補し、小選挙区ではオオモノに敵わなかったものの、比例で救われる様子だ。

ここで私達有権者は、投票した先の立候補者が晴れて当選した場合、その後の彼らの政治活動について厳しくチェックする必要があるのではないか?

投票した→当選した→はい、おめでとう! でお終いにしてはダメなのではないか?

特に今回の選挙では、与党の新人議員が多数発生した。彼らはまだ政治の実績がない。だから、どんな国家感を持っていて、どのような政治傾向があるのか、よっぽどの私的付き合いがないかぎり全く白紙だ。

彼らに投票した一人として、当選させてしまった一人として、有権者と議員との間に政治感覚のズレが大きくならないように、有権者側からアピールしていく事も必要だと思う。例えばメールなどで議員に質問してもいいと思う。

マスコミでは、今回の自民圧勝について、「小泉劇場に有権者がのせられた」とか「演出のインパクトが大きいほうが勝ったんだ」とか「分かりやすいほうが勝ったんだ」とか、まるで

「有権者はバカ丸出し」

みたいな論評が見受けられるが、

有権者はそんな小手先に惑わされるほどバカじゃない。

今後の政治を注意深く見守っているのだ。

【2005.9.16 add】
『Toshibon's Blog』さん 「衆院選雑感」へTB
何と同郷のtoshibonさんからTBを頂いた。秋田2区の有権者にだって利益誘導型の政治家に限界を感じている人がいるんだ~。少し秋田2区を見直した。

|

« ホワイトバンドについて考える | Main | 長崎議員へのメール(返事はまだ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/5911511

Listed below are links to weblogs that reference 選挙の後にやること:

» 衆院選雑感 [Toshibon's Blog]
衆院総選挙での自民党圧勝。それについて何か書きたいと思うのだが、うまく考えがまとまらない。で、思いついたことを脈路なく。 私の住む選挙区の秋田2区には、自民党、民主党、社民党、共産党、無所属、の5人の候補者が立候補した。私は投票所に行ってからも、誰に投票するかまだ悩んでいた。投票したい候補者がいないのである。まあ、いつものことではあるのだが、積極的に支持したい政党もなかったので(消えてほしい政党はあるが)、直前まで棄権するかと思ったくらいだ。 これまでの私の選挙でのスタンスは、与党への批... [Read More]

Tracked on September 15, 2005 at 03:47 AM

« ホワイトバンドについて考える | Main | 長崎議員へのメール(返事はまだ) »