« 『引越し!』おばさんと何が違うの? | Main | スパイ大作戦 in 日本 »

September 20, 2005

これからが大変です 6者協議

決裂かと思われた6者協議。それが一転、あれよあれよという間に共同声名。

■6カ国協議合意 北、核放棄を確約 (SankeiWeb)

 【北京=有元隆志】北朝鮮の核問題をめぐる第四回六カ国協議は十九日、北朝鮮の核兵器と核計画の放棄を盛り込んだ初の共同声明を採択し、閉会した。北朝鮮の核問題解決に向けた初めての多国間合意でもある。米朝、日朝が国交正常化に向けた措置をとることも確認した。ただ、北朝鮮の求める軽水炉建設の議論開始の時期について日米両国と北朝鮮で見解が異なるなど、今後に課題も残した。

 共同声明は六項目からなり、北朝鮮は核の放棄とともに核拡散防止条約(NPT)への復帰、国際原子力機関(IAEA)の査察の受け入れを表明。各国は北朝鮮による核の平和利用の権利を尊重し、軽水炉提供を適当な時期に議論することで合意した。

 六カ国協議は二〇〇三年八月に始まったが、過去三回は議長声明や議長総括の発表にとどまっていた。今回はより拘束力の強い共同文書が、共同声明の形で発表された。

 核放棄の具体的な手順や検証方法についての議論は、十一月初旬に北京で開催されることが決まった第五回協議に持ち越された。

 一方、日本首席代表の佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長は閉会後の記者会見で、日朝関係について「政府間対話を具体化させ、この協議の進展と並行する形で拉致問題をはじめとする諸懸案の解決に向けて、最大の努力を続けていく考えだ」と述べた。(09/20)

これってどうなの?

北は『核』の放棄を約束した。しかし、これまで何度となく国際的な約束を裏切ってきたのが北の”実績”。この共同声明がガラスのように脆く壊れやすいモノであるのは明白だろう。

北は早速、「軽水炉の提供なくして、既に保有している核抑止力を放棄する問題は論じることはできない」と談話を発表し、その傍若無人ぶりを発揮している。今回の協議は北に『核』放棄を言わせることで面目がたった。しかし、北が新たに言い出した軽水炉の問題を声明文に入れてしまったせいで、次回からの6者協議では、これが足かせになる可能性が大きい。

私はアメリカは絶対に譲歩しないと思ったが、実際は軽水炉を盛り込んだ声明文に合意。今後の協議で、これが後を引かなければいいが、、、非常に心配。

それにしても、ほんっと、困った国だよ。北は。

声明文の中では北への支援についても触れられている。しかし日本は『核、ミサイル、拉致の包括的解決』なくしては援助は出来ない。

多国間協議の場合、日本が強く出づらい事もあるかもしれない。これ、ひじょーーーーに懸念される。

しかし、こここそが日本の出番。ここで北なみにゴネねば拉致に光は当たらない。日本がゴネたって北は協議を放棄なんてしないはず。それは北にとって失うものがあまりにも大きいからだ。ここが日本の踏ん張りどころなのだ。

その為には、

『日本人は北に対して怒り心頭なのだ!』

『支援?日本人の拉致被害者返してから言え!』

という世論が絶対に必要なのだ。そういう空気を日本から送り出し北東アジアに充満させて、協議の後ろから他の5カ国にプレッシャーをかける必要がある。

自民党の安倍ちゃんのように、北への経済制裁を強硬に主張するのもいいと思う。とにかく日本は容易に北の支援などしない国なのだ、ということをアピールし続けるべきだ。

11月に次回協議が再開とか。それまで外野でどんな駆け引きが行われるか、これもまた要注目だ。

----------------------

(参考)(9/19)6カ国協議の共同声明骨子 NIKKEI NET

 【北京=川瀬憲司】北朝鮮の核問題を巡る第4回6カ国協議は19日昼に開いた全体会合で初の共同声明を採択した。議長国、中国首席代表の武大偉外務次官が全体会合で発表した共同声明の骨子は以下の通り。

 6カ国は以下の点で共通認識を持った。

 1. 6カ国は平和的な方法で朝鮮半島の非核化を実現することが、6カ国協議の目標である。北朝鮮はすべての核兵器と現有の核計画を放棄し、核拡散防止条約(NPT)への早期復帰とともに、国際原子力機関(IAEA)の保障・監督下に戻ることを認めた。

 米国は朝鮮半島には核兵器を持たず、核兵器や通常兵器で北朝鮮を攻撃する意思のないことを確認した。韓国は1992年の「南北非核化共同宣言」に基づき核兵器を持ち込まないことを約束し、韓国領土内に核兵器がないことを確認した。北朝鮮は核の平和利用の権利を有することを声明した。その他の協議参加国はこれを尊重し、適切な時期に北朝鮮に軽水炉を提供する問題を議論することで合意した。

 2. 6カ国は国連憲章の趣旨と原則、及び国際関係の原則に基づいて、相互の関係を処理することを約束した。北朝鮮と米国は相互に主権を尊重し、平和に共存し、各自の政策に基づいて段階的に関係正常化を実現する措置をとることを承諾した。北朝鮮と日本は(2002年9月に署名した)「日朝平壌宣言」に基づいて過去の不幸な歴史を清算し、諸懸案を適切に処理するという基礎に基づいて、段階的に関係正常化を実現する措置をとることを約束した。

 3. 6カ国は2国間あるいは多国間の形式を通じて、エネルギー、貿易及び投資の方面での経済協力を約束した。中国、日本、韓国、ロシア、米国は北朝鮮に対するエネルギー援助を望む。韓国は2005年7月12日に提出した200万キロワットの電力援助の提案を再び述べた。

 4. 6カ国は協力して北東アジアの平和と安定に力を尽くすことを約束した。朝鮮半島の永久的な平和機構の発足についても直接に関係する各国が話し合った。6カ国は深く話し合い、北東アジアの安全協力の方向を強めることで同意した。

 5. 6カ国は「言葉対言葉」、「行動対行動」の原則に基づいて、一致協調して段階的に上記のような共通認識を実現することで同意した。

 6. 6カ国は今年11月上旬に北京で第5回6カ国協議を開くことで合意した。具体的な時間は相談のうえ決める。

----------------------

|

« 『引越し!』おばさんと何が違うの? | Main | スパイ大作戦 in 日本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/6031578

Listed below are links to weblogs that reference これからが大変です 6者協議:

« 『引越し!』おばさんと何が違うの? | Main | スパイ大作戦 in 日本 »