« ホワイトバンド考 | Main | なんで刺身のツマだけ大々的に報道するのさ! »

September 30, 2005

祖父のこと その1

今年の春先から、ずっと心に留めていたテーマがある。
それは祖父の事だ。
以前のエントリで触れたが、生前に祖父が話してくれた満州での出来事(ソ連兵とトラブルがありソ連の一般女性に助けられ危機一髪助かった)が、実は私以外の家族は全く知らないことであり、私自身の記憶違いか聞き違いか、それとも祖父のフィクションなのか、すっかりミステリーになってしまったのだ。

(参考)祖父へのつぐないアレコレ

このミステリーを、どうにか解明したいと、ずーーーっつと思い続けてきた。
そこで故郷の市役所に問い合わせてみた。ソ連兵云々の話はひとまず伏せて、徴用者の満州渡海の事実関係だけに絞って聞いてみた。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

能代市 総務部総務課 御中

いつもお世話様です。
私は能代市出身で、現在、茨城在中のkitsと申します。

さて、私は自分の祖父が満州へ渡った時の様子などを調べており、その関係資料などを集めたいと思っております。そこで、何かその時代の資料が市に残っていないかをお聞きしたく、窓口も分からないまま、とりあえず総務課殿宛メールした次第です。

私の祖父は戦時中の昭和14年(1939年)に満州のハルピンに徴兵を免れるかわりに材木の測量技師として渡海したようなのですが、なにぶん、その時代を知っている本人および関係者が既に亡くなっており、祖父が『どういう命令で』、『どういう手段で』、『いつからいつまで』満州にいたのか、そして、『なにをきっかけに』『どういう手段で帰国した』のか、全く不明なのです。
この辺の情報がほんの数行でも一言でも載っている資料があれば、ご紹介願えませんか?

はるか昔の話を唐突にお尋ねしてしまい、さぞ困惑されたでしょう。ただ、今年は敗戦60年です。孫である私達は、その当時現役だった祖父たちを生身の人間として知っている最後の世代です。私達には、祖父たちの記録を後世に語り伝える責任があるような気がしてなりません。

お忙しいところ大変恐縮ですが、何卒ご協力をお願いいたします。

【祖父の情報】
kits grandpa
明治44年(?)生まれ 昭和61年5月死亡
死亡時の住所:能代市●●
主な経歴:(株)kits木工所 創立 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

そして返事がきた。

kits 様

はじめまして。市史編さん室の●●と申します。
連絡が遅くなり、申し訳ありませんでした。

お問い合わせの件につき、市に残っている資料や市史編さん事業で収集した資料を調べてみましたが、残念ながら、傍証になるようなものすらほとんどない状況でした。

まず、昭和14年に材木の測量技師として満州へ渡海なさったという点を参考に、当時の秋田魁新報、北羽新報を調べたところ、以下の2つの記事を見つけました。

=============
昭和14年8月16日 秋田魁新報
・秋田県内初の徴用者2名が能代より出発

昭和15年5月14日 北羽新報
・満州林業視察団来能
=============

推測でしかありませんが、何か関係があるのではないでしょうか。こちらの記事の部分は、後ほどコピーをお送りします。

また、戦時中の能代における木材産業界の動向については、

=============
『能代木材産業史』(昭和54.12 能代木材産業連合会・発行)
p1228~1266

『能代のあゆみ-ふるさとの近代-』(昭和45.1 北羽新報社・発行)
p180~182
=============

などに記載されています。こちらはいずれも絶版となっており、能代市立図書館に蔵書のあるものですので、最寄りの図書館に相互貸借の申請をしてみてはいかがかと存じます。

上記以外では、残念ながら把握することはできませんでした。ご存知のこととは思いますが、戦後能代市は2度の大火に見舞われており、戦前、戦中の公文書がほとんど残っておりません。秋田県公文書館に戦時中の公文書がいくつか残っておりますが、いずれも徴兵関係が中心となっております。

「どういう命令で」「どういう手段で」「いつからいつまで」「なにをきっかけに」「どういう手段で帰国した」のか、以上に関しては、御祖父様が徴兵や、公的な立場で渡海しているのでなければ、私的な記録以外に御祖父様の動向を追うことは非常に難しいと思われます。ご実家には、日記や任命状、家族との手紙など、当時の資料が何か残されておりませんでしょうか?同時代のものであれば何でもかまいません。
一度、ぜひお確かめください。

あまりお役に立てず申し訳ございません。
今後の調査のご発展お祈りいたします。

***********************************************

後日、送付いただいた新聞記事とは、

昭和14年8月16日 秋田魁新報
・本県初の徴用者 能代町の両氏
能代●●町K(21)、山本郡●●O(21)両氏は今回勤務先の神奈川県川崎市の東洋製材株式会社において神奈川県知事から国民徴用者として〝白〟の令状に接して○○にむけ本県のトップを切り十五日郷里から出発することになった。K氏は十四日能代●町役場から祈願祭を執行し御守りを戴いて任地に向かったが「臆病者」として?召者と同様の祈願祭をうけたのはおそらく本県において初めてのことだろう。而して両氏ともに昭和十二年度の能代●●学校建築科出身である。
(kits注:文中?は印字が不鮮明で読み取り不可能)
(kits注:〝白〟令状とは所謂〝白紙〟のことで工場などへの徴用令状のこと)

昭和15年5月14日 北羽新報
・満州林業 来能視察団
満州林業株式会社の視察団一行十九名は十三日能代営林署にて木材部能代の各種状況を視察の上青森県に向かったが一行は内地人社員F氏外二名満人材木請負人十六名である。
(kits注:満人とは満州現地人。日本人の事は開拓民などと言っていた。)

能代市より戴いた新聞記事で少なくとも下記のことが推測できる。

・祖父は昭和14年8月16日以降に満州へ渡った
・もしかしたら「臆病者」扱いされたのかも

祖父は兵士ではないので資料が乏しいらしい。
今回、市役所の方のご尽力で見つけていただいた記事で、祖父が関っていたのは『満州林業』ではないか?という絞込みができたのは、小さいけれど一つの進歩であった。

・・・それにしても、こりゃハードな調査になりそうだよ、じいさん。

|

« ホワイトバンド考 | Main | なんで刺身のツマだけ大々的に報道するのさ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/6184501

Listed below are links to weblogs that reference 祖父のこと その1:

« ホワイトバンド考 | Main | なんで刺身のツマだけ大々的に報道するのさ! »