« 長崎議員へのメール(返事はまだ) | Main | これからが大変です 6者協議 »

September 17, 2005

『引越し!』おばさんと何が違うの?

今までは国内演説でチクチク日本批判をしてくれてましたが、とうとう国際舞台でやってくれましたね、のむひょんさん。

ロ(原文は漢字)大統領が反米・反日演説 異例 国連で帝国主義批判 (産経新聞 17日朝刊より ネットソース無し)

 韓国のノムヒョン(原文は漢字)大統領が国連演説で〝帝国主義批判〟〝強大国批判〟を展開した。その内容は友邦であるはずの米国や日本に対する批判とされ、ロ(原文は漢字)政権の反米、反日ぶりが改めて問題になっている。

 国連で首脳が国際情勢に関連し「帝国主義批判」をするというのは、キューバや北朝鮮、さらには以前のイラク、リビアくらいなものだ。経済規模で世界十一位となり堂々たる資本主義国家である韓国の大統領が、国際舞台で共産主義国ないし発展途上国のような演説をするのはきわめて異例。外遊のたびに大胆な発言で国民をハラハラさせてきたロ大統領だが、またまた〝左翼的発言〟が世論を刺激している。

 ロ大統領の演説は十五日、国連本会議場で行われ、全ての国が共存、共栄する新しい国際秩序の必要性を訴えた際、「世界の色んな分野に残っている帝国主義的思考や残りかすは完全に清算されなければならない。そして一部で再び表れている強大国中心主義の傾向を警戒しなければならない。この点に関しては現在、国際秩序を主導している国々がまず自らの過去と未来に対し格別の省察と節制が必要である」と述べた。

 さらに国連改革について「(国連安保理事改革は)民主性、責任性、効率性を基礎に道徳的権威を増大させる方向で進めなければならない。また一つの強大国中心主義ではなく、国際社会の和合を促進する改革案が作られなければならない」と述べた。

 「帝国主義的思考・・・」が具体的に何を指しているのかは明らかでないし、大統領側近も「演説は特定の強大国を念頭に置いたものではない」と説明している。

 しかしソウルでは米国と日本を想定した批判ないし牽制、警戒の意味が込められているというのがもっぱらの見方で、十六日の各紙はそうした見方を一斉に伝えている。

 たとえば「帝国主義的思考・・・」は「過去を反省せず、保守右傾化を強めている日本に対する批判」(ソウル新聞など)であり、さらに国連改革がらみでは「日本の非道徳性」を指摘しながら「日本の国連安保理常任理事国入りに対する疑問と警告」を提示したものという(韓国日報など)。

 また「9・11テロ以降に形成された(米国主導の)国際秩序の中で〝帝国主義〟という表現がどこの国を指しているかはあまりにも明白だ」「我々がこれまで頼りにし今後とも頼りにしなければならない国際秩序に〝帝国主義〟という烙印を押してしまった。公式の外交舞台で強大国を〝帝国主義〟などと非難する国は今や南米かアフリカの一部にしかない」(朝鮮日報など)と〝反米〟を指摘する声も多い。

 ただマスコミ論調や識者の間では、演説の〝反米〟には批判的だが、〝反日〟に対しては例によって表立った批判や異論は見当たらない。

 ノムヒョン政権は今年春、領土問題や教科書問題などをきっかけに反日強硬外交に転じ、今後は国際舞台で日本批判の活動を強化するとの方針を明らかにしている。韓国では「日韓友情年」ということで歌や踊りなど各種の友好・親善イベントが盛んだ。日本では〝韓流ブーム〟が続いている。しかしロ政権下の対日外交は友邦・友好とは程遠い展開になっている。(ソウル 黒田勝弘)

布団たたきながら、お向かいさんに大声で『引っ越しっ!』と連呼する嫌がらせオバサンを瞬時に連想してしまった。嫌がらせの矛先の日米もイヤァ~なものだけど、その嫌がらせを大声で聞かされるその他の諸外国もいい迷惑でしょうよ。

支持率が21%に急降下したノムヒョンさん、焦るのは良く分かるが国際的に失笑をかうような演説はいかがなものでしょう?

韓国マスコミも相変わらずで反米は許せなくても反日はスルー。ま、これは何時もの事。なんだか反日アジテーションにもすっかり慣れた今日この頃の日本列島。今日は爽やかな秋晴れでしたね。

のむひょんんさんがこんなだから、こんな↓事になっちゃうんでしょ。

「韓国は米国の3番目の敵対国」 米世論調査機関のアンケート結果

 米国の世論調査機関の調査結果によると、米国人が「緊密な友好国」と考える国家順位で、韓国は調査対象25カ国のうち、8位を占めた。その反面、「非友好的、または敵対的国家」順位では3位となった。
 世論調査機関のハリスが先月、米国の1217人を対象にアンケート調査を行った結果、韓国に対し、「緊密な友好国」であるという回答が25%、「友好的だが緊密な友好国ではない」31%、「友好国でも敵対国でもない」20%、「非友好的または敵対国」14%、「よく分からないまたは無回答」10%となった。

 韓国を緊密な友好国と考えるという回答の割合(25%)は8位にあたる。上位1位から7位は、英国、カナダ、オーストラリア、イスラエル、日本、メキシコ、イタリアの順だった。<表参照>

 一方、調査対象の25カ国のうち、米国人が「非友好的な国、または敵対国」と回答した割合はパキスタン(18%)と中国(15%)の順に高かったと米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが15日報じた。韓国はこれらの国々に次いで3位となった。

調査対象が千人強と少な目だし、どういう調査方法なのか不明だけど、WSJ紙が取り上げるくらいだからある程度信用できるニュースと思う。日本人より米国人のほうが、今の韓国の実態をよく分かってる様子だ。

今の韓国の実態とは、言わずもがな、世の中の流れに逆流して全体主義化していること、共産主義国家と親和性が強いこと、などなど。

韓国が方向転換しなければ、いずれ日本でも、このような世論調査結果が出る日は近いでせう。

|

« 長崎議員へのメール(返事はまだ) | Main | これからが大変です 6者協議 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/5986693

Listed below are links to weblogs that reference 『引越し!』おばさんと何が違うの?:

« 長崎議員へのメール(返事はまだ) | Main | これからが大変です 6者協議 »