« 祖父のこと その3 | Main | 朝日と、我が家と、産経と。 その1 »

October 31, 2005

居て欲しい時にアナタはいない

よりによって今の自民党に、どうして平沼赳夫氏は居ないのだろう。

これからが真性保守である平沼氏の力が必要だというのに・・・。よりによって組閣の時に・・・。

産経新聞に鳥取県の人権擁護法に批判が集中しているという記事があった。

鳥取県の人権救済条例 〝見切り発車〟抗議殺到(10月31日 産経新聞 ネットソース無し)
 鳥取県で十二日、成立した「人権侵害救済推進及び手続きに関する条例」(人権救済条例)。来年六月から施行されるのだが、法曹・報道関係者から批判が相次ぎ、県と県議会には千件近い抗議のメールや電話が殺到、〝見切り発車〟の懸念が指摘されている。(以降、略)

不気味な事に、選挙後そうそうの9月29日、国会では民主党の神本美恵子議員の質問に答える形で、小泉首相が「人権擁護法案を、出来るだけ早期に、提出出来るように努めて参ります」と答弁し、人権擁護法案の早期国会提出に意欲を見せた。

自民が選挙で大勝し、どんな法案でも通せる議席数を与党で確保。更に、いわゆる小泉チルドレンと言われる政治理念が未知数の新人議員が、小泉イエスマンであるかもしれないという疑念を払拭できない。
確かに小泉首相は、ぶれない、媚びない人であり、行政改革を最速スピードで成し遂げる人だと思う。だが、このお人の国家観を完全に信用してよいものかどうか・・・という不安がいつも付きまとう。
人権擁護法案についても、思慮深く考えずに公明党との取引で国会を通そうとしてるんじゃないか?という疑念も毎度ながらつきまとう。
ま、自民党のマニフェストには、この法案は載っていないので無理やり通そうと強権に訴える事は無いと信じたいが。

拉致議連の会長でもあり(現会長:安倍晋三氏)、真の人権を考える懇談会の会長(現在の会の状況は不明)でもあった平沼氏。そして氏は自民党の中で「人権擁護法案」に強く反対した。

こんな国会現状で私たちが信頼して政治を任せられるのは、いままでの政治活動で私たちの期待にこたえてきてくれた平沼氏のような政治家なのだ。
もし郵政法案に反対せずにいたならば、今回、ポスト小泉として入閣した可能性もあったのに。

平沼氏は選挙後、『除名』の恐れもある中で再度「郵政法案」に青票(反対)を投じた。選挙前の勢い空しく白旗を揚げてしまったノダ某やその他大勢の反対派議員とは一線を画す責任感だったと思う。この揺るぎの無さは今の日本のリーダーに最も欲しい素養だ。

安倍氏は幹事長に就任したものの、次期首相には経験不足という意見もある。
だからなお更、首相候補として平沼氏が必要だったのに・・・。

今日のフジTV『とくダネ!』に平沼氏が生出演したのだが、その際に
「私が郵政法案に反対した理由は2つあって、一つめは法案そのものに反対、二つめは強権的な政治手法反対した。その反対の割合は前者と後者で4対6だった。主な理由は政治手法に対して賛成できかねたのだ。」

というような内容で発言していた。(録音していない。記憶のみ。)

嗚呼、なんという悲劇。強権的な政治手法を糾弾して欲しいのはこれからなのに・・・。

夏の国会で郵政に反対した議員の方々の中には、どこかで「打倒小泉!」の私怨が見え隠れしていた人もいた。そんな私怨で自民党政権の一番看板であり国民に広く宣言していた「郵政民営化」をホゴにしようとした議員こそ、反民主主義の最たるモノのように私は思う。そういう一部の反対派の魂胆が透けて見えたのも有権者の小泉支持を増やした一因ではないのだろうか?

小泉首相の悲願である「郵政民営化」とその他の法案の違いを有権者はよーーーく理解している。
もし、仮に小泉首相が人権擁護法案を通すために、この前の郵政法案のような力ずくのことをやったなら、それこそ有権者はだまっちゃいない。なだれをうって反小泉支持にまわるはずだ。
それは鳥取の人権法への全国的ブーイングを見ればよくわかる。

平沼氏には、もっと有権者を信用して欲しかった。
信用して「郵政法案」に白票(賛成)を投じてほしかった。

今となっては後の祭りか。残念。

|

« 祖父のこと その3 | Main | 朝日と、我が家と、産経と。 その1 »

Comments

御訪問、コメントありがとうございます。
私のところがリンクされているじゃありませんか。
うれしいです。感謝します。

http://ameblo.jp/worldwalker2/
最近URLが変わったので変更していただけるとありがたいです(笑)

Posted by: worldwalker | November 03, 2005 at 03:59 PM

>worldwalkerさん
コメントありがとうございます。
勝手にworldwalkerさんのブログをbookmarkしちゃってました(汗)ごめんなさい!
あとリンク先、ご連絡いただいた通り変更済みです。
それにしても、今回worldwalkerさんが被った災難は酷いですね。あんな些細な行き違いで見事にバッサリ、ブログを削除されちゃうなんて、何か恐ろしい・・・。

Posted by: kits | November 03, 2005 at 04:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/6789447

Listed below are links to weblogs that reference 居て欲しい時にアナタはいない:

» 内閣改造。そして、その影で立ち去る者たち [政治ニュース@若者のおたけび]
官房長官に安倍氏、総務相・郵政民営化担当相に竹中氏 (朝日新聞) - goo ニュース 奇をてらった内閣改造になるんじゃないかと不安だったが、無難に実力のある人と旧来型の人とがいて比較的安心感のある内閣になったんじゃなかろうか?兼ねてから残りの任期で『さらなる改革を進め、次の人にバトンタッチする』と言っていただけのことはある。しかし、、、 少子化・男女共同参画担当相 猪口邦子 小泉チルドレンの中で誰かは入閣するだろうと思っていたら、この方が見事入閣。片山議員がイライラして嫉妬に燃え... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 08:15 PM

» 小泉イエスマン内閣の面子を見ながら、噛みしめようこの評論。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
新「世界一の借金王」小泉デフレ政権の正体立花隆の「メディアソシオ・ポリティクス」 [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 11:15 AM

« 祖父のこと その3 | Main | 朝日と、我が家と、産経と。 その1 »