« 祖父のこと その1 | Main | 結局、猫生活 »

October 01, 2005

なんで刺身のツマだけ大々的に報道するのさ!

昨日の読売夕刊でも「首相の靖国参拝は違憲!」なんて、デカデカと出てたので「何事か?」とビックリしつつ記事を読めば、なんてことは無い、

なぁ~んだ、原告=高金素梅(ゴキブリ)かぁ~
(参考)ゴキブリの主張をマジメに取り上げるなってば

あほらし・・・

こんなゴキちゃんの主張に乗っかって左翼私見を垂れ流す高裁の裁判官も現実には生息するのだね。

産経新聞の「主張」に言わせれば、

判決文は小泉首相の靖国参拝の主たる動機・目的を「政治的なもの」と決めつけているが、裁判官こそ、中国や韓国などからの批判を意識しており、政治的意図を疑わざるを得ない。

という事なのだ。これ全く同感。

はっきりいって、今回マスコミがこぞって取り上げる大阪高裁の違憲判断は、主文と無関係な傍論の中で示された。傍論であるので法的な拘束力はゼロ。要するに裁判官の私見。政治評論家の三宅氏に言わせれば傍論とは刺身のツマ程度のものなのだ。(「TVタックル」での発言)

それをマスコミはまるで首相が敗訴したかのように報道しているが、とんでもない!敗訴でないからこそ事態はカナリ悪質なのだ。敗訴ならば敗訴側が控訴できる。しかし今回の大阪高裁では原告(ゴキブリ)側の控訴棄却なのだ。

それゆえ、首相や国は控訴ができない!

従って大阪高裁の違憲判断(刺身のツマ)が不服でも、首相や国はどうすることもできないのだ。

あほくさ・・・

こういった左翼組織による靖国訴訟は新聞報道で確認できるのが10件。判決は全てが原告の賠償請求棄却(敗訴)。そのうち傍論(刺身のツマ)にて違憲判断が示されたのが今回を含めて2件。

要するに左翼の

「下手な鉄砲も数撃ちゃ(左翼裁判官に)当たる!」大作戦なのだ←小林よしのり氏も書いてたかも。。。

あほか・・・

マスコミはほとんど報じないが、この判決の前日には東京高裁で全く異なる司法判決が出ている。

小泉首相靖国参拝 「個人的な行為」と認定 東京高裁判決
 小泉純一郎首相の靖国神社参拝は政教分離を定めた憲法に違反するとして、千葉県の戦没者遺族や牧師ら39人が首相と国に1人10万円の慰謝料支払いを求めた訴訟で、東京高裁は29日、請求を棄却した1審判決を支持、原告側の控訴を棄却する判決を言い渡した。1審は首相の参拝を「職務行為」と判断したが、浜野惺(しずか)裁判長は「個人的な行為」と認定し、憲法判断も示さなかった。原告側は上告を検討する。
 小泉首相の参拝を巡っては計7件の訴訟が起こされ、控訴審の判決は、同様に憲法判断を避けて請求を退けた7月の大阪高裁判決に続き2件目。
 判決によると、小泉首相は01年8月13日、秘書官らを同行して公用車で靖国神社を訪問。「内閣総理大臣小泉純一郎」と記帳して私費で献花代3万円を支払ったうえで参拝した。
 原告側は「首相の職務として行った公式参拝で違憲」と主張したが、浜野裁判長は、参拝の3~4年後に首相が「個人として行った」と述べたことや、献花代を私費で負担した経緯などから「私的な宗教上の行為か個人の立場で行った儀礼上の行為」と判断。「職務行為ではないため、原告側の違憲との主張は前提を欠く」と述べ、憲法判断を示さなかった。【木戸哲】

あのぉ、こっちの司法判断はスルーなんですかねぇ?マスコミの皆様。

そろそろ高金素梅の素性も報道したらどうでしょうかねぇ?マスコミの皆様。

ネット普及の昨今、こんなマスコミのトリックに踊らされる人はもはや多くないよ。逆にマスコミへの不信感が増大するだけ。

『ぼやきくっくり』さん 「大阪高裁が首相の靖国参拝に違憲判断~高金素梅に気をつけろ!」
 大阪高裁の判断文のクールな解説はこちら↑。

『園丁日記』さん 「ネットでは蜂の巣でしょうね。」
 高金素梅と胡散臭い仲間たちの繋がり情報は↑こちらが詳しい

|

« 祖父のこと その1 | Main | 結局、猫生活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/6199032

Listed below are links to weblogs that reference なんで刺身のツマだけ大々的に報道するのさ!:

» ネットでは蜂の巣でしょうね。 [* 園丁日記 *]
…突っ込みどころが多すぎなんですよね。高金素梅さん。 なりふり構ってないし、関係者もそうですもんねえ。 で、間違いないのは、6月の来日時に関与したと言われる、 * 日本基督教団信濃町教会 * カトリック正義と平和協議会 * 中国共産党 これは「台湾の声」バックナン..... [Read More]

Tracked on October 01, 2005 at 04:33 PM

« 祖父のこと その1 | Main | 結局、猫生活 »