« 朝日と、我が家と、産経と。 その1 | Main | 女系天皇容認は〝男女同権〟論ではない! »

November 04, 2005

朝日と、我が家と、産経と。 その2

昨日からの続きです。。。

産経にあい対峙し、日本の現実に則した理性的な革新系側の見識を持つ新聞が今の日本に無いンぢゃなかろうか?

、と昨日は問題提起した。

つまり、10年以上も朝日新聞を読み込み、すっかり洗脳されてしまったみたいな御仁だって、朝日があえて避ける中韓の内政問題、外交上の非礼、日本国内における左派団体の利権などの事実を知ってしまった今、もはや朝日的な報道には目もくれなくなるのだ。

他社に迎合しない産経に好感は持つんだけど、かといって産経の主張には少々違和感を覚えるがシックリ馴染むような報道機関は思いつかない。

くっくりさんのところで各紙の比較をしているが、読売、産経(東海新報も追加)以外は概ね行財政改革と日中日韓外交の心配。新内閣発足のテレビ報道も安倍官房長官と麻生外務大臣の誕生で中韓の反応如何?というのが報道の中心だった。

何だかねぇ・・・。
中韓の反応なんかもういいでしょ?

なんで日本のマスコミって、同じ所を堂堂巡りしてるんだろ?
中国、朝鮮半島、ロシア・・・日本を取り巻く国際情勢は劇的に変化しているのに、30年来、念仏のように「靖国」だ「中国」だ「韓国」だって・・・

あんたらねぇ?

当時ご活躍の日本赤軍だってとっくに解散してるわよ!!!

思考停止も甚だしいよ。もっと現実的に冷静な報道をして欲しい。

例えば今回の新内閣についてだって、外交に関しては「親米路線に潜む罠」みたいな切り口の報道ってできないのかね?

普天間基地移転だって採用になった案は額賀防衛庁長官が閣僚就任前に提案したらしいのだが、この新長官は真に国益や沖縄を考えつつ米と協力していける手腕はあるのか?とかさ、安倍・麻生の親米外交路線での日本の落とし穴は?とかさ、親中の二階産経大臣は中国とその背後の米民間企業と渡り合っていけるのか?とかさ、いろいろあるでしょうがっ!いろいろ!
その上で親米の産経に一言物申す、とかさ。

っつーか、国益損なうような媚中韓記事を書いてるよりは、国益損なうような反米記事を書いてもらったほうが日本での議論のために良い気がする。ソッチのほうが危機感が増すし皆真剣に考えると思う。こんな新聞ならは喜んで読みたいと言うだろう。私もとの議論に面白みが増すというもの。

万年、同じ場所をウロウロしてたんじゃ議論は深まらないし、潜在する問題点だって認識できないじゃないのさ。

たのむよ・・・マジで。

|

« 朝日と、我が家と、産経と。 その1 | Main | 女系天皇容認は〝男女同権〟論ではない! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/6892048

Listed below are links to weblogs that reference 朝日と、我が家と、産経と。 その2:

« 朝日と、我が家と、産経と。 その1 | Main | 女系天皇容認は〝男女同権〟論ではない! »