« チロヌップのきつねを胸に・・・ | Main | だいふく近影 »

November 25, 2005

社会のお荷物にならない方法

『断』 フリーターと階級意識 (産経新聞 朝刊 25日)
 『下流社会 新たな階層集団の出現』(三浦展著、光文社新書)という本がベストセラーになっている。これほどまでに身も蓋も無く新階層社会を描いてしまった本は、意外にも今まであまり存在していなかった。
 たしかに一九九〇年代このかた、日本には大量のフリーターが出現した。平均年収一七〇万円という。高年齢化もささやかれていて、匿名掲示板「2ちゃんねる」あたりを見ていると、四十歳代のフリーターが将来を悲観していたり、五十歳近い引きこもり男性が「どうやって社会に出て行けばいいのか」と掲示板上で相談していたりと、かなり悲惨な実態がかいま見えてしまう。
 それでもまだ彼らの存在が社会問題化していないのは、六十歳から七十歳前後になる彼らの親世代が持ち家を所有し、たっぷりと貯金を持っているからだ。フリーターたちはパラサイトシングルとして親に寄生し、少ない収入を小遣いに使う事だって許されているケースもある。将来に対する漠とした不安はあるけれども、まだ顕在化はしていない。
 しかしいずれは親の寿命もやってくるし、かれらがひとりで社会に立ち向かわなければならない日がやってくる。先延ばしにされつづけていた問題は噴出し、そうなればひょっとしたらフリーターやニートたちは二十一世紀的な階級意識を持つようになり、フランスのような暴動に走ることだってあり得るかもしれない。
 珍発言の数々で有名になっってしまった杉村太蔵衆議院議員は「ニートやフリーターの声を国会に伝えたい」と言っている。もし杉村議員がそうした階層の真の代弁者となれば、興味深い状況も生まれてくると思うのだが。
(ジャーナリスト 佐々木俊尚)

下流社会 新たな階層集団の出現』という本は、

(amazonのレビューより)出版社 / 著者からの内容紹介
「いつかはクラウン」から「毎日100円ショップ」の時代へ 
もはや「中流」ではない。「下流」なのだ

「下流」とは、単に所得が低いということではない。コミュニケーション能力、生活能力、働く意欲、学ぶ意欲、消費意欲、つまり総じて人生への意欲が低いのである。その結果として所得が上がらず、未婚のままである確率も高い。そして彼らの中には、だらだら歩き、だらだら生きている者も少なくない。その方が楽だからだ。(「はじめに」より)
「下流社会」とは具体的にどんな社会で、若い世代の価値観、生活、消費は今どう変わりつつあるのか。マーケティング・アナリストである著者が豊富なデータを元に書き上げた、階層問題における初の消費社会論。

***
ってな内容らしい。
下層階級の分類をいろんな角度から試行るのもオモロイかもしれないし興味もあるっちゃあるけど、でも、ニートやフリーターが下層階級であることは自明の理だし、そのニート・フリーター対策の提言はこの本にはなさそうなので、おそらく買ってまでは読まないだろーな。。。

ま、それはどっちでもいいけど、私が絶対に無視できない現実が上記『断』の佐々木さんの記事の中にある。

>それでもまだ彼らの存在が社会問題化していないのは、六十歳から七十歳前後になる彼らの親世代が持ち家を所有し、たっぷりと貯金を持っているからだ。

私の親(60歳代)の生活は一般的な生活水準であるが、私は確実に親より裕福でない

私の近しい親戚知人を思い巡らしてみても、私の親と同じ世代は、

持ち家を持ち、
子供の結婚式(私は親に出してもらった)、
はたまた子供の百万程度の借金の肩代わりが可能な貯蓄は持っていて(これは私じゃないよ)、
現役をリタイヤした今も贅沢さえしなければお金の心配をせずに過ごせる貯蓄もある。

私の親は高卒後、地方の中小企業の経営者であり(経営状況は厳しい)、今は息子に経営の引継ぎ中だ。私の配偶者のの父親は高卒後から定年までずっと一企業を勤め上げ、今は嘱託社員として働いている。
これが親の世代の一般的な生き方であり、その結果の今の生活水準であろうと思う。

方や、私の家庭はというと、、、
私は20代後半から30代にかけて〝自分の生きる理想〟を追い求めてスクールとフリーター稼業に勤しんだ。その期間に会社員時代に貯めた貯蓄は底をついた。
に至っては今でこそ会社員だが、社会人の期間のうちのほとんどがフリーターだ。

親の歳と同じ頃に、はたして私(というより私の家庭)は親たちと同等の資産を持っているかどうか???
これ、結構自信ない

、が、自信ないとか逃げてちゃイカンのだ。
子供が年老いてからも生活に難儀しているなんてことを想像するだけでも親はホントに辛いだろうから。。。そんな心配をさせたら親に申し訳ないし、私自身、老後にお金で苦労したくはない。

私ら夫婦は〝自分らしい生き方〟探求の結果、結局は『下流階層』になったのかもしれない。が、老後にお金の心配をしないだけの資産を作るべく努力する時間もまだあると思う。

今までの自分の選択の結果はキッチリと自分で責任を取らねばならない。

まずは『下層階級』なりの冷静な自己の現状分析と計画立案、そして実行が大事だろう。

老後に夫婦で普通に生活するには月々25~30万円は必要なのだそうだ。前のエントリで自分達の年金を試算したら月々20万円。年金以外で月々5~10万必要だということになる。

私らの場合、年収にすると年金以外で60万~120万円が老後に必要。

65歳から80歳まで生きるとして年金以外で2000万円あればよさそうだ。

今後、子供ができたら資産作りは大変かもしれないけど、あと20年弱、単純計算で年間100万の貯蓄。努力次第でできないことは無い。かなりな努力が必要ですが。。。(泣)

私らでも努力すれば出来そうなんだから、ニート・フリーター諸君が〝社会のお荷物〟として顕著化する前に(ぶっちゃけて言えば彼らの親が死ぬ前に)彼ら自身の努力で名誉回復はまだまだ可能だという気がする。

ただし、彼らが自分の選択に責任をとる気があれば、の話だが。。。

|

« チロヌップのきつねを胸に・・・ | Main | だいふく近影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/7312245

Listed below are links to weblogs that reference 社会のお荷物にならない方法:

» ニート論 […]
「ニート」、勤労の義務、家庭教育 相変わらず、ニート環境論がさかんですねぇ…。 って言ってもさぁ…。 環境がかなり重要だけど、それだけじゃない気もするんだよね…。 鶏が先が卵が先か…。 うん、どっちでもいいんですけどね…。 でもさぁ、働いて年金だ....... [Read More]

Tracked on November 25, 2005 at 09:26 PM

« チロヌップのきつねを胸に・・・ | Main | だいふく近影 »