« 茶ミ近影 | Main | バンド仲間について »

December 01, 2005

ヤマト言葉は大事にしたいね

『ヒロさん日記』の「かんじに「こだわる」のはホドホドにしませんか?」 にインスパイアされて当エントリーを書く。。

『ヒロさん日記』のHiro-sanが言うように、漢字は文字そのものに意味を持っているので短い表記でニュアンスを最大に伝達できる便利さはある。

(例)
「パンチラを見た」(パンチラを目撃した)
「パンチラを観た」(パンチラを観賞した)
「パンチラを看た」(パンチラさん≪固有名詞≫を看護した)

注:2例目まではヒロさん日記より引用。3例目はkits創作。

Hiro-sanは、漢字とカナのバランスをさじ加減することで文章の個性が引き出せる日本語の特異性を言っているのだ(と思う)が、そういう自由度の高い日本語なのだから、わざわざ支那の差別意識あふるる『邪馬台国』とか『卑弥呼』を漢字表記しなくたっていいでない?ということにも触れている。

弥生時代の〝邪馬台国〟も〝卑弥呼〟も、もともとは中国の文献『魏志倭人伝』などによるもの。

、んで、随分前の『兼高かおる世界の旅』という番組で邪馬台国をテーマにしたことがあり、その放送内容が結構衝撃だったので憶えているんだけど、

その番組によると、、、

当時の支那では『邪馬台国』とは『邪馬台の国』という意味での記述であり、
当時の支那の発音で『邪馬台』は「ヤマトゥ」または「ヤマタゥ」と発音。

そして『卑弥呼』とは『卑弥のコ』、つまり『卑弥+(女性敬称)』という意味であり、
当時の支那の発音では『卑弥』は「ヒメ」に近い発音をするという。

言葉の異なる日本からの使者の話しを聞き取るのだから、

日本側の発音
 ↓
支那側のヒアリング
 ↓
支那側が発音に近い当て字で記述

という流れの中で

日本側が「ヤマトのヒメ」と発音したのを、

支那側が「ヤマタゥ国のヒメ女王」という意味に受取り、

結局、支那の歴史書には「邪馬台国の卑弥呼」という記述になった、

、、、とTV番組『世界の旅』は主張するのだ。

漢字の介在によりヤマト言葉の本来の意味が無くなってしまった典型が『邪馬台国』および『卑弥呼』なんじゃないのか?な。

びーちぇさんのブログ『ヲシテのクニ』では、ヤマト言葉本来の滋味あふるる意味合いが漢字に置き換わる事により無くなってしまった例が紹介されているが、今一度、ヤマト人のルーツを漢字抜きで探ってみるのも良い機会だ。

≪びーちぇさんのブログ『ヲシテのクニ』より≫

カミ・・・「祖」に近い意味合いであり自分の因って立つ処。「神」とは異なる。
タマシヰ・・・「
タマ(大自然、宇宙)」+「シヰ(この世、地球)」であり、親の「タマノヲ(遺伝子とか縁)」により「タマ」と「シヰ」が結ばれる。死ねば「タマ」は宇宙へ「シヰ」はこの世へ還元する。漢字の「魂」とは異なる。

参考までに、
ヤマトクニ・・・「
(強調)」「(真)」「(法)」。つまり法の精神によって実によくまとまったクニ

kitsの別館ブログ『Goodfinds』で「オランダせんべい」をご紹介中だ。

「オランダせんべい」の名前は2重の意味があり、

(1)「オランダ、つまりサラダ味(塩味)という舶来の味付けの斬新なせんべい」

という意味と、

(2)「おらんだ、東北弁で〝俺達〟のせんべい」

という意味がある。

もし東北弁が人々から忘れ去られたら、上記(2)の意味も消え去ってしまうのだろう。

まじ、へこむ。

|

« 茶ミ近影 | Main | バンド仲間について »

Comments

おばんで~す。「パンチラを看た」はさすがに思いつきませんでした。爆笑、受けたー。それから「オランダせんべい」も、なるほどです。

Posted by: Hiro-san(ヒロさん日記) | December 01, 2005 at 05:37 PM

>Hiro-san
ぬぉーー素早いコメント、どうもありがとうございます。
いや~受けていただいて本望です(笑)
オランダせんべいの(2)のネーミングは、私、少々泣きました(笑2)

Posted by: kits | December 01, 2005 at 05:42 PM

>kitsさま。
エントリーに加えて頂き嬉しいです。

ヲシテは、その人の想いや体験により、また表現によって少しづつニュアンスが違うのですが、私はそれが大事だと思っています。

またご紹介した私のつたなさで、伝わりにくいこともあろうかと・・・ (^o^;)

ただ、私が感じたのは、タマもシヰも物質だと古代の人たちが感得していたことです。
そこが、大陸とは違うと。

全てのモノは量子力学でいう素粒子からなり、
観察する瞬間は粒子であり、また波の性質も持っているという、
そのことが、独特の書き方ですが、縄文の文書に書き記してあるのですよね・・・驚異です☆

というわけで、そういう観点から、
kitsさまのまとめて下さったことを見れば、すべて合っていますし、もっとよく理解できるのではないでしょうか。

お正月くらいになると思いますが、ヲシテ文献から見た「物理学」を書いてみたいと思っております。

Posted by: びーちぇ | December 01, 2005 at 06:51 PM

>びーちぇさま
とりあえず、私がトンチンカンな事を書いてないか心配だったのですが、そうではなくってよかった^^;

以下にびーちぇ様のブログにて返信コメントいただいた解説を転記させていただきますね♪
******
カミは宇宙原理、私達の祖、いちばん始めの元。
と、きっぱりとおっしゃって良いのですよお☆

宇宙からのエネルギー(素粒子)と地球からのエネルギー(素粒子)と、両親から伝わるヒトからのエネルギー(素粒子→遺伝子)が結ばれて、ヒトのタマシヰ(命)が形成される。
そして、そこから全ての身体的なものが作られて行く・・・

まあ、科学的な言葉で書けば(あんまり面白くは無いけど)このようになります。
・・・と、私は読み取っています☆
*****

漢字に置き換わる事により日本古来の本当の意味合いが消えてしまっている現状が、なんとも惜しいです。

ヤマト人の感性を呼び覚ますうえで、びーちぇさんのブログ、とっても貴重な存在だと思います。

縄文時代に今の物理学のような考えを会得していたなんてホント驚異ですね。。。ヲシテ物理学の記事、楽しみにしております!

Posted by: kits | December 02, 2005 at 12:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/7414725

Listed below are links to weblogs that reference ヤマト言葉は大事にしたいね:

» オランダせんべい [Goodfinds]
30年前の秋田お子様のオヤツといえば『オランダせんべい』! この秋に帰省したお [Read More]

Tracked on December 01, 2005 at 05:40 PM

» 水田を造った7代アマカミ「イサナギ」その1 [びーちぇの「ヲシテのクニ」]
紀元前1200年を過ぎたころでしょうか、イサナギはイサナミと共に、新婚生活を送 [Read More]

Tracked on December 01, 2005 at 06:29 PM

« 茶ミ近影 | Main | バンド仲間について »