« April 24, 2005 - April 30, 2005 | Main | May 8, 2005 - May 14, 2005 »

May 07, 2005

列車事故 その後の報道に疑問符

cat_0505_7<--もはや"ネタ"にゃり

JR西日本です・・・

事故当日の2次会は22人ではなく27人です。

JR西日本です・・・

ゴルフコンペをしてたとです。

JR西日本です・・・

旅行に行きました。

JR西日本です・・・

宴会もやりました。

JR西日本です・・・

温泉に泊まりました。

JR西日本です・・・

JR西日本です・・・

JR西日本です・・・

マスゴミ御中

非常識なJR西日本の動向を、"ネタ"にして、いちいち世間にチクる目的はなんでしょう?
事故との因果関係はあるのでしょうか?
それとも、やはり視聴率が欲しいのですか?
被害者とそのご家族の神経を逆撫でしつづけているのはJR西日本ですが、そこを団扇で煽って火傷を大きくしようとしているのはマスゴミ殿ではないですか?
もういい加減うんざりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

列車事故で放火魔の本領発揮のマスゴミ

cat_0505_5
<--だいふく『マスゴミの煽りには要注意にゃり』

*********(case1)*********
マスゴミが一斉に『JR西日本は安全よりダイヤ』でバッシング開始
        ↓
弔問に訪れたJR西日本の社長を遺族が『利益優先だ』と罵倒
        ↓
マスゴミが罵倒の状況を一斉報道
*************************

*********(case2)*********
マスゴミが一斉に『現場から2人の運転士立ち去る』でバッシング開始
        ↓
JR西日本の社員を献花に訪れた人が『敵前逃亡だ』と罵倒
        ↓
マスゴミが罵倒の状況を一斉報道
*************************

気持ちいいくらい見事な流れですな~>マスゴミ殿

*********(case3)*********
マスゴミが一斉に『事故の日にボウリング』でバッシング開始
        ↓
*************************

さて、お次はどうなることやら・・・

Continue reading "列車事故で放火魔の本領発揮のマスゴミ"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

May 04, 2005

GW+猫

cat_0505_400<--小田原の1号線沿いで猫の喧嘩発見!ちっちゃくて見づらいね・・・ごめんね。更にそーっと近づいて写真に撮ろうとしたんだけど、車のドアを開ける音で気が付かれてアッという間に逃げられちゃった。。。あんなに真剣にケンカしてたくせに逃げるときは2匹連れ立って逃げてったよ。また何処かで仕切りなおしてケンカしてるのかな?

今日の富士吉田は晴れ。富士山がきれーに見えてます。部屋の中にいても紫外線が目に痛いね。
市内の道路は土日なみの結構な混雑で、ファミレスや国道沿いのコンビニの駐車場はほぼ埋まっており、ゴールデンウィークなのね~と実感。

cat_0505_401
毎週楽しみにしている水泳教室もGW中はお休みだとさ。なんでもこの辺は観光業に就く人が多いのでGW中は皆忙しく、水泳教室も閑古鳥が鳴いちゃうから休みにするんだとか。ちぇ。。。せっかく平泳ぎしながら沈没しなくなったのに。

ウチはというと、写真のだいふくのように家の中でダラ~とごろ寝したりネットしたり。

単発のバイトが週末に入ってるのでマニュアル読まにゃいけないのにね~。衣替えしなきゃいけないのにね~。洗濯物干さなきゃいけないのにね~。ね~。やる事いっぱいあるのにね~。ね~。

cat_0505_402

猫と暮らし始めてから家で一人でいてもちっとも苦痛じゃない。テレビ観ながらごろ寝していれば必ず2匹が添い寝してくれるし、たまに取っ組み合いのケンカを人の身体の上でやってくれたりする。こいつら2匹が適度に構ってくれるのが楽しい。

まぁ、そうは言ってもせっかくのお出掛け日より。あとでこの辺をウロついてみようかな。
車でなく自転車ですが何か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

靖国神社とは?

つい数日前、パートナーと首相の靖国参拝について何回目かの議論になった。この靖国テーマでの議論実績は、大きい論戦としては過去1回、小競り合い程度の論戦は多数。その度に議論は平行線のまま時間切れとなるのであった。

大きな争点となるのは、ほぼこの2点。

・A級戦犯の合祀
・近隣諸国への配慮

というか我がパートナーがどうしても譲れぬ点だね。他にも「政教分離」で問題ありと主張する人もいるね。

この論点に対しての私の持論は、
・連合国側が勝手にA級・B級・C級戦犯と分類し一方的に贖罪させたのであって、その不公正な贖罪を後生大事にしている日本人のほうが私は信じられない。
・近隣諸国=文句言ってるのは中韓の2国のみ。国家運営の基本が"反日"の両国に配慮して参拝を止めたとしても、別の言いがかりを持ち出してくるはずなので参拝中止は無意味。

しかし、どうしても靖国公式参拝は歴史を反省してない事になるのだそうな。歴史の反省と靖国参拝が結びつかない私とは議論は平行線を辿るのだ。

更に政教分離について、、、
明治以降、特に先の大戦では、戦没者にとって靖国は没後の自分の拠りどころであった。また祭られている戦没者も個人の宗教に拘らず"国に殉じた人"として祭られているのだ。靖国神社を神道のいち宗教施設として政教分離論で論ずるのは私には理解できない。

Continue reading "靖国神社とは?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 24, 2005 - April 30, 2005 | Main | May 8, 2005 - May 14, 2005 »