« May 22, 2005 - May 28, 2005 | Main | June 5, 2005 - June 11, 2005 »

June 04, 2005

憤らずにはいられない2

昨日の韓国漁船の馬鹿げた話の続き。

娘通信♪さんがズバッと言ってくれた。

つまり、日本とか韓国の立場を離れて 一個の人間として考えてみても、 犯罪者がゴネにゴネて、 それを片方の政府が擁護し、もう片方の政府が譲歩する。 なんだよ、悪いことをやっても違法操業をやっても 所詮ゴネて嘘をついた方が許されてしまうのか。 この構造自体が腹が立つじゃないか。

Continue reading "憤らずにはいられない2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2005

憤らずにはいられない

先の日本のEEZ内での韓国漁船の密漁について、

日本の海上保安官が漁船乗組員に暴行したことへの謝罪と漁船の損害賠償2000万ウオン(約213万円)の要求が合意文に盛り込まれたですって(怒)

あ ふ ぉ か!

これ、韓国の逝っちゃってる人の妄言とかじゃない、れっきとした海洋警察庁という韓国の行政機関の発表だす。
murmurさんのブログには韓国マスコミが海保に暴行を受ける韓国漁民をイラストで報じる画像がある。そして白々しくベッドに横たわる韓国漁民。ざとらしぃ~。診断書みせろよ。

海保はきっぱり否定しています。「でたらめ」と言ってます。当然です。
領海侵犯に海保2名の拉致。どう考えても一方的に責められるべきは韓国の漁師でしょ。

しかも韓国で表彰まで行ったとな
これって喧嘩売ってる?まじで。
呆れました~あきれ果てました~韓国という国に。

Continue reading "憤らずにはいられない"

| | Comments (4) | TrackBack (3)

June 01, 2005

げっ・・・ yahoo知恵袋に貼り付いてる!?

何で関係ないyahoo!からの訪問が多いのか?
変だなぁ・・・と調べてみたら!

げっ・・・yahoo!知恵袋という質問コーナーの回答に貼り付けられてる!ひえ~誰かぁ、たしけてぇ。

しかも質問もさることながら最初の回答がこれまたビックリですわ。

-------<引用>-----------
靖国に存在するのは軍国主義の遺物であって英霊なんか存在しないと思いますがいかかですか。
-------―-----------------

それに対する最初の回答が、
-------<引用>-----------
霊、というのは意識の中にしか存在
しないものです。それの一部を「英霊」
と、優れたものとするのは、戦死を
立派なこととしたい権力者の思惑です。
国、というか天皇の為に戦死した兵士
だけがこの栄誉を受けることができる
という価値観は、。国家神道という
カルトの教義ですが、指摘されるように
軍国主義のものです。
-------―-----------------

だとさ~。
これ、質問者と初回回答者って同一人物なんぢゃ?あまりにもツーカーだよねぇ。

Continue reading "げっ・・・ yahoo知恵袋に貼り付いてる!?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 31, 2005

よっしゃ!8月15日は靖国だ!

8月15日に絶対、靖国に参拝してやる!

ここ数日、靖国神社や戦犯について考え続けていたら、何だかムショウに腹が立ってきた(怒)。
ったく!(怒)(怒)(怒)

なーにが国際問題じゃ! なーにが国内もんだいじゃー!

日本国民の一人として靖国参拝してやろーじゃないの。

あー言ってスッキリしたー。

Continue reading "よっしゃ!8月15日は靖国だ!"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 30, 2005

A級戦犯の事実を知らずして批判するなかれ

「中国に気遣いをして、(靖国にまつられる)A級戦犯がいかにも悪い存在だという処理をされているのは残念だ」と26日に発言した自民党の森岡正宏厚生労働政務官。
それに対して民主党の鉢呂吉雄国会対策委員長が森岡氏に辞職要求だと。

っ ざ け ん な !

森岡氏の発言は極めて正論。それを「断じて許されない」と批判するとは、この人ほんとに議員なの?勉強不足もはなはだしい。税金かえせ!

ではA級戦犯とは何か?

極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判の条文で使用された単なる分類にすぎない。罪の軽重を指しているわけではない。

A級戦犯・・・平和に対する罪。太平洋戦争において軍事作戦や国家政策の指導的役割を果たした人物を裁くための事後法という批判がある。

B級戦犯・・・通例の戦争犯罪。捕虜の不法な取り扱いに関して指揮・監督にあたった将校・部隊長

C級戦犯・・・人道に対する罪。直接捕虜の取り扱いにあたった者、主として下士官、兵、軍属。 B、C級戦犯については、

横浜、上海、シンガポール、ラバウル、マニラ、マヌス等々南方各地の50数カ所の牢獄に抑留され、簡単な軍事裁判にかけられて約1,000名が戦犯の名のもとに処刑された。国内で戦後逮捕された者は家族に「ちょっと出掛けて来る」と言い残して、まさか自分が戦犯で裁かれようとは夢にも思わなかった者が多い。Wikipediaより引用

(参考)戦後の日本 極東国際軍事裁判

懲罰のため殴ったなど、ただそれだけで銃殺刑に処せられた兵もあり、多くは裁判とは名前のみで、ほとんどが弁護人もなく、三、四回法廷に呼び出されただけで死刑を宣告されるといった、ずさんな裁判でした。

ちなみにB級C級戦犯の方々はA級戦犯の合祀(昭和53年)に先駆けて昭和34年から靖国神社に合祀されている。

知れば知るほどやり切れなくなるのだが、A級戦犯に話を戻そう。

A級戦犯を裁いた東京裁判の是非については別の機会に述べる事として、そのA級戦犯で訴追されたのは以下の28名。

【死刑判決により絞首刑】
東條英機
板垣征四郎
木村兵太郎
土肥原賢二
松井石根
武藤章
広田弘毅

*昭和23年12月23日に処刑された7人の遺体はまもなく横浜の久保山火葬場で荼毘に付された。遺骨は遺族に引き渡されることなく、米軍により砕かれて東京湾に捨てられてしまった。

【終身刑により服役中に獄中で死亡】
梅津美治郎
小磯国昭
平沼騏一郎
白鳥敏夫

【禁固20年により服役中に獄中で死亡】
東郷茂徳

【その他、判決前に病のため病院にて死亡】
永野修身
松岡洋右

ーーーーーーーー (以上が靖国に合祀されたA級戦犯) ーーーーーーーーーーー

【終身刑 後に釈放】 カッコ内は死亡年度
橋本欣五郎(1957年死亡)
荒木貞夫(66年)
畑俊六(62年)
大島浩(75年)
佐藤賢了(75年)
嶋田繁太郎(76年)
鈴木貞一(89年)
星野直樹(78年 ちなみに釈放後は東急系の重役)
賀屋興宣<釈放後は池田内閣の法相>
木戸幸一
南次郎
岡敬純

【禁固7年】カッコ内は死亡年度
重光葵(57年 ちなみに刑期満了後は鳩山内閣外相)

【免訴】カッコ内は死亡年度
大川周明(57年 精神障害により48年に免訴)

以上がA級戦犯の全28名の方々だ。

A級戦犯のその後の扱い。

東京裁判の直後は国内法上の受刑者と同等に扱われており、遺族年金や恩給の対象とされていなかった。
    ↓
昭和27年 戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」、戦犯としての拘留逮捕者について「被拘禁者」として扱い、当該拘禁中に死亡した場合はその遺族に扶助料を支給する事になった。
    ↓
戦犯赦免釈放を求める国民運動は加熱し署名数4,000万。
    ↓
昭和28年 「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が全会一致で可決。
    ↓
サンフランシスコ講和条約第11条の手続きにもとづき関係11ヶ国の同意を得る。
    ↓
昭和31年 A級戦犯の赦免・釈放。連合国の裁判によって命を失った者は「法務死」として戦死、戦病死に準じて扱われこととなり、靖国神社に合祀されている14名もこれに含まれる

上記でも明白なように、戦犯裁判による刑死者等は国内はもとより対外的にも実質上名誉回復されているのだ。

A級戦犯を分祀なんて話も出ているが、だったら昭和28年国会の与党野党かかわらず全会一致の決議はなんだったわけ?

今さら撤回するつもり?

もちろん東京裁判自体が連合国の私刑であったわけだが、その裁判の是非は横においといて、その判決による処刑は事実行われたのだし、禁錮刑も粛々と遂行された。そして国際条約に基づいた正規の手続きを経て戦犯とされた方々の名誉が回復されたのだ。

もはや『戦犯』とは呼べないはずだ。

その方々が祀られている靖国神社に首相が参拝して何が悪いの?その首相を支持した議員が、どうして辞職しなきゃなんないわけ?

誰か説明してくれ

中共の犬 民主党鉢呂吉雄を辞職に追い込もうぜ' , Irregular ExpressionさんへTB
  『鉢呂吉雄を辞職に追い込もうぜ' 』←激しく同意!

民主党の妄言と東京裁判・・「戦犯」とは何か?  娘通信♪さんへTB
 相変わらず切れ味鋭い考察。あやかりて~

【2005.5.31 add】

靖国補論(2) 戦犯の名誉について 日々不穏なりさんへTB
 TBありがとうございます。この方、非常に冷静緻密な語り口。尊敬します。

「過去の歴史を反省していない」韓国大使は言うけれど 溶解する日本さんへTB
 戦犯が『公務死』『戦死』と変更された具体的な国会答弁を示してくれてます。勉強なるわ~

Continue reading "A級戦犯の事実を知らずして批判するなかれ"

| | Comments (5) | TrackBack (6)

« May 22, 2005 - May 28, 2005 | Main | June 5, 2005 - June 11, 2005 »