« June 5, 2005 - June 11, 2005 | Main | June 19, 2005 - June 25, 2005 »

June 17, 2005

ニュースなんか買えばいいじゃん!

靖国参拝:遺族会「近隣諸国への配慮」求める異例の見解(抜粋)

 小泉首相は01年4月の自民党総裁選出馬の際、遺族会幹部に電話し「総裁になったら、必ず8月15日に靖国神社を参拝します」と伝えた。これまで首相の靖国参拝を心情面から「二人三脚」で支えてきた遺族会の変化だけに、首相はより重い判断を迫られることになった。【中村篤志】 毎日新聞 2005年6月11日 21時31分

このニュースは11日、12日のテレビ報道でも取り上げられ、いよいよ遺族会までもが『靖国』包囲網へ加わったのか!!と衝撃を受けた。しかし何かへんだよねぇ。。。

と思ったら、遺族会が正式に否定しました。↓
遺族会、靖国参拝の継続求める 中韓との親善に努力も

 日本遺族会(会長・古賀誠元自民党幹事長)は17日午後、都内で地方の支部長会議を開き、小泉純一郎首相の靖国神社参拝継続を求める考えに変わりはないとの方針を確認した。

 会議は、首相の靖国参拝をめぐり、近隣諸国への配慮を要請した11日の古賀氏ら幹部会の見解が、会員らの誤解を招いているとして招集された。席上、古賀氏が会長辞任を示唆する場面もあったが、参拝に当たって「近隣諸国との友好親善に努力する」という同氏の考え方は了承された。参拝継続の基本姿勢を堅持しつつ、古賀氏の立場も尊重した意見集約といえ、靖国問題解決の難しさを浮き彫りにした形だ。

 関係者によると、古賀氏は会議で「『近隣諸国に配慮』は私の信念だ。受け入れられないというのであれば、身の処し方を考える」と表明。この発言を受け議論した結果、「首相の靖国神社参拝定着を求める遺族会の方針は変わらず、そのために近隣諸国との友好親善に努力する」ことで合意した。このほか(1)靖国神社に代わる新たな追悼施設は認められない(2)A級戦犯の分祀(ぶんし)は靖国神社自身の問題―との認識でも一致した。

 古賀氏は「大平正芳、鈴木善幸両首相が参拝したときは(近隣諸国からの反発という)問題はなかった。首脳同士の信頼関係があったからではないか」と述べ、小泉首相が中韓両国首脳の理解を得るよう努力するべきだとの考えを強調した。

 11日の幹部会は、古賀氏ら正副会長らが出席。「首相の靖国神社参拝はありがたいが、近隣諸国への配慮、気配りが必要」との見解をまとめたが、遺族会会員から「方針転換し、参拝中止を求めるものではないか」と懸念の声が相次いだ。(共同)(06/17 20:48)

実は、11日の遺族会の見解は変!と思ったので居てもたってもいられず13日のお昼に遺族会へ電話してしまった。
やはり「遺族会事務局には何の連絡も無い」「遺族会の総意かどうかこちら(事務局)でも不明」「古賀氏本人に確認しなければ分からない」というお話だった。事務局でも、あの11日の件の扱いに困惑しているようだった。
そして14日にはSankeiの取材に対して遺族会が11日の件を否定していたのだった。

■【主張】靖国参拝問題 何だったのか遺族会見解

(省略)・・・これに対し、古賀氏側は「発言は個人的な考え」と釈明し、遺族会も十四日になって「会の正式見解ではない」とした。だが、すでに遺族会見解として独り歩きしている。

 十三日付英紙「フィナンシャル・タイムズ」(アジア版)は一面で「遺族会は小泉首相参拝に反対」を載せ、中国紙も「最も強固な首相の靖国神社参拝支持層が動揺し始めている」(環球時報)としている。国内の分断を喜んでいるのはどこの国であろうか。

 小泉首相は十三日、遺族会の見解に対し、「どのように戦没者を追悼するかは日本人自身が考えることだ。人から言われたから参拝しているのではない」と述べた。妥当な発言である。

 インドネシアのユドヨノ大統領は今月初めに来日した際、「国のために戦った兵士に参拝するのは当然のことだ」と語っている。これが世界の常識だろう。「近隣諸国への配慮」とはなにかを含め、古賀氏はさらに説明責任を果たしてほしい。

冒頭に紹介した毎日の記事はとんだ偏向報道だったわけだ。
毎日だけでなく、少なからぬメディアでこの偏向報道に沿うような報道がなされた。

あれ?今年のフジ・ライブドアの報道で、堀江氏が「(ニュースは)買えばいいんです」と発言したのに対し、「ジャーナリズムを分かってない」とか「ジャーナリズムの教育・訓練を受けていない素人の妄言」とか、批判したのは何だった?それとも、この遺族会の迷走報道はジャーナリズムとして当然の姿なの?

素人でさえあの11日の遺族会の見解には甚だしい違和感を感じていたのに、当のジャーナリスト様たちは一斉に右習えで報道しちゃったのかねぇ?それとも談合?あれれ?これじゃあ、買ったニュースをそのまま報道するという堀江氏の考えと大差ないじゃん。

地方議員さんの中にはいち早くマスコミの偏向に気付いていたようだ。
草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
マスコミのミスリードには怒りをー日本遺族会の首相の靖国神社参拝の見解をめぐって 6月13日

17日の遺族会の『否定』会見を受けて、11日の遺族会の見解を否定する報道が今日になってなされているが、前述の【正論】でも言っているように、実態の無い遺族会の『参拝反対』見解は独り歩きをし始めた。これを、特に海外での報道を取り消すのは相当に大変だ。あれは違うんです~!なんて報道してくれないだろう。

11日の件に携わったジャーナリスト(?)達は責任をとる必要がある。
今回のミスリードのメカニズムを取材し、報道すべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2005

ゴキブリの主張をマジメに取り上げるなってば

台湾の先住民、合祀取り消し求める靖国訪問断念

---------<引用始め>-------------
 小泉純一郎首相が靖国神社を参拝したのは違憲で精神的苦痛を受けたとして、国などに損害賠償を求めている台湾先住民ら約60人が14日、戦死した台湾先住民の合祀取り消しを求めるため、靖国神社を訪れようとしたが、右翼が神社の周囲を占拠したとして、訪問を断念した。
 原告側の支援者によると、台湾先住民らはバスで靖国神社に向かったが、警察側の要請を受けて、神社の約300メートル手前で引き返した。靖国神社側は、神社を訪れることを拒否していないとしている。

 この後、先住民らは弁護士会館前で記者会見し「先祖の霊はわたしたちの方法で祭る。日本人がするのは間違い」と話し、合祀を取り消すよう求めた。原告で台湾立法委員(国会議員)の高金素梅さんは活動が中止に追い込まれたことに憤り「人権を重視しない日本の国連安全保障理事会の理事国入りは賛成しない」と訴えた。

 警視庁は、台湾先住民が靖国神社を訪れた場合、右翼との衝突は避けられないと判断し、神社側と協議した上で、訪れないよう要請したとしている。〔共同〕 (14:01)
---------<引用終り>-------------

上記記事を読むとあたかも台湾全土で『反靖国』ムードと勘違いされる向きも多いことだろう。
マスゴミもあたかもそんな論調だもんね。

しかしだ、下記でも分かるように彼女は原住民の代表でもなければ台湾の代表でもない。単なる中国の手先でしかないのだ。

件名:「台湾の声」【声明文】高金素梅に対し、行動を厳重に慎むよう要求する

---------<引用始め>-------------
高金素梅は日本の親中左翼勢力と連携し、台湾のイメージを損なうために靖国神社問題を利用している。

彼女はすべての原住民など代表しておらず、まして台湾人をも代表していない。彼女を支えているのは台湾国内の一部の親中勢力だけだ。その一連の行動を見ても分るようにきわめて親中反台的だ。

本来、このような政治勢力のコマごときをいちいち相手にする気もないが、それが日本の戦没者慰霊施設を踏み荒らそうとするのであれば、これほどの日本への非礼はなく、台湾にとっては大きな恥である。

本日まもなく日本に到着する高金素梅に対し、行動を厳重に慎むよう要求する。

            2005年6月13日

            台湾団結聯盟日本支部 代表 林 建良
---------<引用終り>-------------

この高金素梅という人は前々から抗日活動で有名な人。

(参考)国民新聞 台湾の高金素梅ガオジン スーメイ 靖国訴訟で歴史事実に反する事を宣う

首相の靖国参拝で精神的苦痛を受けたとして訴え出たが大阪地裁で敗訴し上告。
17日には大阪高裁で結審がある。
サッカー、対メキシコ戦の翌日だよ。違う意味で楽しみだこと。

彼女が自称している台湾原住民とは高砂族のことで、

先の大戦において、多数志願兵として我が軍の一翼を担われ、特に南方戦線において、食料をジャングルの中で調達してくださる等、日本人だけだったら全滅していた部隊が、彼らの活躍でどれほど助かったか知れません。

というような勇敢で優しき民族。

以前、『アジアの真実』さんで高砂族の方が靖国に参拝した際のコメントを取り上げている。

---------<引用始め>-------------
「靖国神社に昇殿参拝して」~ある高砂族の方の話(2002年)
 きのう靖国神社に昇殿参拝して、今気持ちは非常に暖かい。私もおかげさまで長生きし、一人前になりました。
 もしも明治天皇がいなければ、台湾は日本の植民地にはなりません。(しかし)学校教育 もありません。当時、清国が台湾にいたとき、学校はひとつもありません。 日本が台湾を五十年間植民地にしたが、その五十年間の正義(はあった)。多少なり 差別もあろうが、世界第一と数える(世界でもまれにみる発展をした)五十年、立派な 五十年。厳しい法律だが、法律守れば人民は豊かになれる。盗賊の心配もありません。 立派な政治だと思います。
 古い昔を思い出して、大陸と交わった(中国大陸から来た以前の国民党政権など)今の 台湾より、懐かしく日本時代を思って、(今でも日本と台湾は)いっしょになりたいと思って います。
 私は公学校六年を終えて社会に出ました。今NHK(衛星放送)で俳諧を研究しています。 80歳をこえて唯一、日本の靖国神社に参拝した夜に、東京で作りました。
 繋ぎ断ち 日暮里(ひぼり)の島は 曇りけり
---------<引用終り>-------------

高砂義勇軍 詳しくは-->こちら

この高砂族の方の主張する日本統治下の台湾と高金素梅の言い分とは全く印象が違う、違いすぎる。
彼女の主張は下記の通り。余談だが半島の国の言い分にそっくり。反日を掲げると主張の内容は同じになるのね。

(1)日本は残虐な統治を行ったと主張する。
(2)志願兵であるのにもかかわらず強制(的)だったと主張する。
(3)日本によって洗脳されたと主張する。

では上記の高砂族の方は、戦後60年近く経った今でも洗脳が抜けていないことになりますが。
高金素梅さん、しらじらしい嘘はバレるんだよ!

マスコミは単に『反靖国』包囲網に加担するのをやめて、『反靖国』パフォーマンスの背景をもっと報道すべきだ。
どこかのブログで『靖国問題』は媚中のゴキブリホイホイと言っていたが、「ホイホイ」に引っかかった害虫の言い分をそのまま垂れ流す害を真剣に考えて欲しい。

【2005.6.15 add】
酔夢ing Voice』さんに、この度の高金素梅らの訪日の支援団体について衝撃の事実が載っていた。

支援団体は、カトリック正義と平和協議会で、教会は日本基督教団信濃町教会である。記憶力のいい読者の方はピーンと来たはずで、カトリック正義と平和協議会とは、朝日新聞の「安倍・中川NHK政治介入疑惑報道」の元凶である「女性国際戦犯法廷」を主催したバウネットの発起人なのである。つまり、キリスト教系極左団体であり、朝鮮総連と深い関わりがあることも指摘されている。

結局、裏で動いている反日売国奴は皆同じ。
しかも彼女の保護を日本側に要請したのは台湾政府ではなく中国政府!やっぱり中共の工作員じゃん。

上記でもご紹介した『アジアの真実』さんがニューエントリをUPされました。

大阪地裁は請求棄却)このとき、高砂族123名を原告としていましたが、この123名には台湾に現住所が確認できない者なども多く、実際は高砂族の意思ではなかったことも明らかになっています。つまり、高金素梅が反日活動を行う為に、高砂族の名を悪用したに過ぎなかったのです。 この事件には高砂族が怒り、「高金素梅は高砂族の恥」として、数々の抗議を行っています。

自分の売名のために高砂族を大いに利用する魂胆が丸見え。こっちまで恥ずかしくなるよ。

【2005.6.19 add】
ethnicさんのブログ『何でも書き書きエッセイ』で、大阪高裁の模様がレポートされている。靖国パフォーマンスは各マスコミで報道されたのに対し、こちらの裁判の模様はどのマスコミもノータッチってどういうこと!?彼女の靖国パフォーマンスの背景に迫らず、台湾からもブーイングが起きる彼女の言い分のみを垂れ流すマスゴミにジャーナリズムは無い。
ethnicさんのコメント欄では、台湾の一般市民の声も紹介されている。

またethnicさんのもうひとつのブログ『I Love ASIA』には、台湾にある高砂義勇兵の慰霊碑を救った日台の友好美談も紹介されている。これこそが真実の日台関係。

| | Comments (4) | TrackBack (5)

« June 5, 2005 - June 11, 2005 | Main | June 19, 2005 - June 25, 2005 »