« October 9, 2005 - October 15, 2005 | Main | October 23, 2005 - October 29, 2005 »

October 21, 2005

祖父のこと その2

mansyu_01

8日からの連休に秋田へ帰省したので、暇を見つけて、祖父の満州時代を知る地元の自治会長さんにお会いした。
自治会長さん(以降、会長さん)と私自身は面識がなかったので、親に電話であらかじめ事情を説明してもらってからご自宅へ伺った。

初対面のうえ、そんな昔話を聞きたいなんて「随分変わった人だなぁ」という思いが、口には出さないものの会長さんご夫妻の顔に書いてあるようで、何だか申し訳なかったが、快くお話くださったご夫妻にあらためて感謝です。

以下、会長さんのお話を元に祖父がどうやって満州へ渡ったのか、祖父の行く方を推測してみた。

昭和2年生まれの会長さんは満蒙林業開拓団として昭和12年頃に満州へ渡り、天橋嶺[テンキョウレイ]の開拓村に一家で居を構えた。しばらく後に、顔見知りの同郷の人間(祖父のこと)が近くの図門(正式にはニンベンに門)[トモン]に居ると聞いたという。満鉄(満州鉄道株式会社)の鉄道員になった会長さんは図門に配属されたこともあり、懐かしくなって祖父に会いに出向いた。それが昭和15年~18年頃。

つましい満州風の自宅に会長さんを招いた祖父は、どうやら新婚の様子だった。新妻と幼い子と同居しており、若かりし会長さんは羨ましく思ったという。

秋田県の開拓村でもなく、しかも家族と同居していることから、祖父は地域の開拓団に応募したのでも徴用でもなく、単独でひと旗上げに満州に渡ったのだろう、というのが会長さんの推測だ。

ウチの親の話を補足すると、祖母は昭和14年秋に日本で父を出産した頃、既に祖父は満州に渡っており、どうも祖父には祖母以外の女性がいたようなのだ。もしかしたら会長さんが出会った満州の新妻は祖母とは別人の私の見知らぬ母子だったのかもしれない。ただ、その頃の祖父と祖母は確かに新婚だったし、祖母が父を出産後に満州に渡り祖父と同居してたという可能性も捨てきれぬ。。。
まぁ、父は満州に行った事など無いと言っているので、、うーーん、、、愛人さんの可能性は高い。

祖父は満州に渡る前、秋田で木製建具の製造を行っていた。その図門でも同様の仕事をしていたようだ。

当時の満州は物価が高く日本人の給与も本土の3倍の物価であったようだ。3倍の給料物価の満州で稼ぎ、すぐ側の朝鮮半島(当時は朝鮮半島も本土扱い)でお金を使えば、そりゃ裕福な暮らしが可能であったろう。

会長さんが昭和19年に秋田へ一時帰った時には、既に祖父は満州を引き払い、秋田に帰って生活を始めていたようだ。その時、どんな判断で祖父が帰国を決めたのか今となっては確かめるすべは無が、戦況の悪化を肌で感じ商売の先行きに不安を感じて帰国したのではないか、と会長さんは言った。

まとめると。。。

祖父の満州へ渡った理由は、当初私が勘違いしていた徴兵でもなければ、ウチの家族が言っていた徴用でもなく、

自分の意志でひと旗上げに満州へ渡った

というのが真相のようだ。そして、敗戦前に日本へ戻った。

私が意外に思ったのは、戦時中も自由に満州と日本を行き来し、徴用も徴兵も免れた祖父のような人間もいたということ。私たちは、当時は制約された窮屈な生き方しか出来なかったと思い込んでいるが、ある程度は自由度が有ったのではないだろうか?それとも祖父がたまたま運が良かったのだろうか・・・。

次にソ連兵と祖父とのイザコザについて会長さんに聞いてみた。

その話は次回。

【2005.10.21 modified】訂正・追記しました。追記箇所はアンダーライン部分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2005

それは刺身のツマなんだってばっっっ!

ったく(怒)

あの大阪高裁の暴論、否、傍論(刺身のツマ)を〝違憲判決が出た〟と勘違いしてテレビでコメントする人が多すぎ。

何度も言いますが、あれは裁判官が私見として発言した内容。

大阪高裁の傍論を言うんなら「判決に関係ない意見なんぞ法廷で言うべきでない」と、大阪高裁に真っ向ご意見した高松高裁の傍論、そして「首相の参拝は私的」とした東京高裁の傍論だって同じ扱いにしなきゃ、

『偏向してますよー』

と言われても仕方ないね。

そして、これも前に言ったけど、首相の靖国参拝を訴え出た原告は、全国あちこちに、まるで放火するかのように訴訟を起こしているのだ。つまり政治運動の一環として靖国訴訟プロジェクトをしているんであって、今まで出た11件の判決の中で2件だけ違憲判断が傍論(刺身のツマ)で出たのを、他の9件を無視して違憲だ、違憲だ、と触れ回るのはいかがなものかと。。。

それゆえ、純ちゃんが平服で一般参拝者と同じように参拝したのは納得いかないね。べつに『私的参拝』を殊更強調する必要は無かったのに。。。

ついでに言わせてもらおう。

きちんと〝二礼二拍手一例〟しなよ!じゅんちゃん!

公的だろうが私的だろうが、参拝するならそこの宗教施設のシキタリをきちんと尊重すべきだろ。イスラムのモスクに行ったんなら、自分の宗教に関らず、そこの場所に敬意を払ってイスラムの方法で参拝するのが礼儀ってもんでしょうが。キリスト教の教会に行ったんなら、自分が仏教徒だろうが何だろうが、キリスト様とかマリア様の前に頭を垂れて他のキリスト者と同じように祈りを奉げるでしょ?

それが何故か靖国神社相手なら、そこの礼儀もへったくれもなぁーんにも無くなっちゃうの、私ゃ納得できないね。

・・・おっと話が逸れた。

一部の裁判官が靖国神社に限って政教分離を厳格視する等、自分達のご都合で靖国を特別扱いするから変な事になっちゃうのだよ。

こりじゃあ、純ちゃんも、無宗教の葬式にしか出向けませんなぁ~
こないだのローマ法王の葬儀にどうして首相が行かないのかっていう批判論は宗教分離に引っかかんないわけぇ?

首相の参拝は『公的』、そして『合憲』。これでいいじゃん。

逆に、『政教分離に反し違憲なので宗教施設には行きません』なんて、世界中の物笑いだわ。こんなバカ正直に政教分離原理主義に日本がなるとは、憲法作った当のアメリカ様だっ想像すら出来ぬ事だったでしょうよ。

どこの国だって国政の場から宗教色は排除できないのは常識。海外の政党の名前に宗教名が入ってるけど、それを問題視した国はあったっけ?外国の戦没者の公的な慰霊の場所は無宗教施設かい?違うでしょ。

↑に伴って、「無宗教の戦没者慰霊施設を」なんて物知り顔で言う、そこのコメンテーター!いくらそんなの国費投じて作ったって、一般人は結局は靖国に行くし、「靖国に行く」と公言する小泉さんのような首相は、必ず靖国にも参拝するのだよ。つまり、税金の無駄になること、これ間違いない。

「A級戦犯がアジア諸国の反発を招くからまずい、うんぬん・・・」なんて囃し手も、もはや古ぼけてきたしね。あ、『アジア諸国』と言わずに

『特定アジア』、または『中国と朝鮮半島』

と言おうよ。

台湾の李登輝さんや、パラオ、インドネシア、インドの首脳は首相の靖国参拝を当然だ、とはっきり言ってるのだから、『アジア諸国』と言って中韓とひとくくりにするのは逆に失礼というもの。

それに、いわゆるA級戦犯は当然、そこの無宗教の施設にも入るんだよねぇ。まさか「戦犯は入れません」なんて、それこそ今の法律では不当な弾圧ということに人権侵害になりまっせ。

戦後、国会で戦犯の汚名を返上する決議をし、いわゆる戦犯の方々を「公務死」と扱う法律を作り、それに従って行政手続きを行い、日本には戦犯と呼ばれる人たちは存在しないことになったんだから。だから靖国にも合祀されたんだから。

とにかく深く知識も得ずにテレビ的に「参拝反対。新しい慰霊施設を。」とか言っとけば画面の収まりがいいと思ってる人が多すぎる。

それにマスコミも過剰に反対者の意見を取り上げ、煽りすぎる。

この前の衆院戦と同じで、これじゃあ、ますます小泉人気が沸騰しまっせ。靖国支持者増えまっせ。

これでまた30年来のマスコミ様の美味しいネタがこの世から消えますが、、、いいんですかい?ニヤニヤ

【2005.10.17 add】
首相の靖国参拝賛同国は、他にオランダ、マレーシア、タイなども。
そしてソロモン諸島首相も今年、「靖国を拝見したい」と発言している。
『あんた何様?日記』さん

【2005.10.25 modified】
訂正(アンダーライン部)。某ブログ(mumurさんのとこ)のコメントにて「死者に人権無し」との指摘を受けたので・・・てへへ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 9, 2005 - October 15, 2005 | Main | October 23, 2005 - October 29, 2005 »