« October 30, 2005 - November 5, 2005 | Main | November 13, 2005 - November 19, 2005 »

November 12, 2005

フランス暴動に思うこと

産経新聞の『緯度経度』という特集コーナーで、山口昌子パリ特派員がフランス暴動について数日に渡り記事を書いている。フランスの社会情勢を紹介しつつ、この度の仏暴動を解説していて非常に興味深い。
まずは今日の記事の一部を紹介。

『仏暴動、理念と現実の衝突』(産経新聞 11月12日)
(…省略…)
 ところが、暴動事件そのものは、単なる治安問題の様相を示している。参加者に未成年が多く、親の責任など個人的事情も問われている。暴動事件は全国に拡大はしたが、より幅広い国民の共感を得るどころか、同じ〝郊外〟の住民ら自身からも反発が出ていることは、この地域に多い失業者の77%が暴動事件を否定していることからも明らかだ。
 こうした住民は、自分の車や息子や娘が通う学校、自分が通う体育館を焼かれた被害者だ。若者達の中には犯罪者歴を持つも者も少なくなく、学校に通わず、マリファナや盗品の携帯電話の売買などで小遣いを稼いでいる例も報告されている。(…省略…)
 失業者もある意味での被害者だ。暴動に参加した未成年者の親達の多くが失業者で、手厚い社会保障制度に加えて少子化対策の援助もあり、あくせく働く労働者の最低賃金より収入が多い場合があるからだ。その結果、労働意欲を失い、子供への権威も失っているとの批判が出ており、社会保障制度の見直しや、失業保険期間の短縮などの議論がますます活発になるのは必至だからだ。(…省略…)

そう、この暴動の背景にあるものは『貧困』や『差別』などへの不満という単純なモノでは無く
フランスが推し進めてきた「仏独式の社会福祉重視の社会政策モデル」の失敗なのかもしれない、と山口特派員は言っているのだ。
つまり、手厚い社会保障制度が低所得者層の自立心を奪い、彼らの社会モラルを低下させ治安悪化を招き、結局は暴動を誘発し彼ら自身がその被害者となってしまったのではないか?ということ。

この仏の失業者の他力本願、他者依存・・・ニートとそっくりじゃん。
もしニート諸君が、仮に手厚い社会保障のもとでニートのまんま家庭を持ち子供を設けた場合、その子供たちは社会性の学習もままならず、普通に働いている家庭の子供たちから差別され、はじきだされ、社会に対して不平不満をくすぶらせ、数十年後には、嗚呼、仏暴動ならぬ日本暴動・・・。

とは言っても、他者との関りがちょー苦手なのがニートなのだから、そもそも他人と一緒に暮らす結婚なんて有り得ないか。いやいや、ニート・フリーター増加が未婚者を増やし少子化を一層加速させるという指摘もあり、猪口少子化・男女共同参画担当相は、少子化対策としてニートを含む低所得者層への支援もなにやら考えてるみたい。

『安心して子供を産み育てられる社会』・・・これは大事だけど、、、

でもね、『理想』ばっかり頭でっかちに追い求めて『現実』を直視しなかったフランスを良い教訓として、少子化対策以上にもっとニート対策を考えてもいいのかもしれない。

【2005.11.13 add】
『Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。』さん 「法は法。ママンはママン。サルコよりママン。」 へTB
園丁日記』さんの記事で知ったブログ。サルコジ内相の「社会のクズ」発言を日本では〝暴言〟として扱うメディアが大半だが、実はその発言はもっとユーモアの効いた問答のようなものとブログ主のma_cocotteさんは解説している。
更にフランス左派とサルコジ氏の論戦も面白い!実に面白かった、このブログ♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 11, 2005

『春の雪』

観て来ました。『春の雪』。

毎度の我が家のこと、駅前まで来たものの、どの映画を観るのかとバトル!

私=『 ALWAYS 三丁目の夕日』派!

=『私の頭の中の消しゴム』派!

、でジャンケンに負けた私は、しぶしぶTに従い『わた消し』を上映している映画館までやってきたのだった。

そしたら、夕方遅い時間だったせいか、その日の『わた消し』の上映は終了~。

『春の雪』の最終上映しか選択肢は無かったわけ。

「けけけっ。ざまぁかんかん、カッパの○っ!」と思ったが、口に出して喧嘩になるのもバカバカしいので、ここはシオらしく

「じゃあ、お互いの真ん中をとって春の雪でも観ましょう」(←我ながら意味不明)

と、ご提案。

予定外の映画観賞だったけど、この映画で良かった~。とにかく美しい。

まず映像がめちゃくちゃ美しい。映画が始まって一瞬で映画の世界にドップリと浸ってしまった。

ストーリーも、大人どもの薄汚ねぇ策略とか見栄とか、そんなのに翻弄される若い二人が悲しいほど幼くて・・・グスンっ(泣)

でもの感想は、妻夫木君演じる清(キヨ)様が、ちょーチョー自分勝手で〝ケダモノ〟なのが気に入らなく、結子さん演じる聡子が超ーかわいそう!だったそうな。

私は逆に清様の子供っぽい純粋さが、儚げでかわいそうだったなー。一方、聡子は強い女性だなぁ、と思ったけどな。

この映画、男と女で受け取り方が違うのが面白いね。

↓関係ないけど・・・今年の春先のだいふく

cat_0511_11

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

「temporaryに保存」って感じ♪

昨日の『TVタックル』で重村教授などが興味深いことを話していたので、とりあえず記録しとくの巻!

◆先ごろ、北朝鮮から返品されてきた『北川和美』について(重村教授のコメント概要)

彼女が北に亡命した時期(2003年8月)は、丁度、蓮池さんら一時帰国した拉致被害者を一旦北に返す返さないで盛んにヤリアッテた頃で、北は日本にいる5人を連れ戻すための交渉カードが必要だった。彼女と日本にいる5人を交換したかったのだ。それで北は誰かに彼女をソソノカさして北へ引きずり込んだ。
ところが・・・北川さんを日本へ返せ!と日本の世論が盛り上がると思いきや、日本では『どーぞ、どーぞ、そのままで』という感じになってたから、彼女は外交カードどころか単なる北のオニモツになってしまった。
、で、返すタイミングを北は図っていて、丁度、国際世論が厳しくなった折でもあるし日朝実務者協議のタイミングで返品してきたのだ。。。
と重村教授は解説していた。

ほほー、さすがシゲシゲ、納得いく解説です。

、で、私が気になるのは

誰が北川和美を北に行くようにそそのかしたのか?という点。

北川和美は元オウム信者。

北亡命の女性が謎の帰国…“操り人形”的発言くり返す 日朝協議に利用された!?  (・・・省略・・・)北川さんは10代後半から大阪で水商売で生計を立てていた。7年から約9年間、オウム真理教に入信するも教団の内部情報を公安調査庁にリークし、調査官と不倫関係になっていたことを明かしている。その後、北朝鮮の短波日本語放送にハマり、東京・神保町の北朝鮮グッズ専門店「レインボー通商」でCDなどを購入。14年には観光で訪朝し、アリラン祭を観覧するなど、北朝鮮マニアとなっていた。“亡命”前には手ブラ姿のセミヌードを写真週刊誌に披露していた。ZAKZAK 2005/11/04

『北朝鮮ーオウム』ルートで工作したんぢゃないの?という疑惑がモヤモヤと涌いてくるね。

オウムに北朝鮮が係っているというウワサは結構有名で、北朝鮮とオウムの繋がりを追っている勇気あるブロッガーも実際にいる(例:『ヒロさん日記』)

しかし、今のところ世間の常識になるほどの確たる証拠があるわけでなく、『極めて疑わしい・・・』と心の中で思うにとどまっている人は多いと思う。私もその一人。

でも、今回の北川和美のこんなチンケな事件でも、忘れずにストックしていけば後々何か明白になっていくかも・・・という期待を込めてエントリーに残しておくわけさ。

参考までにZAKZAKをもういっちょ。

北“亡命”女性に意外な身元引受人…さらに深まるナゾ 芸能プロ「ネコインターナショナル」小松社長、帰国費用肩代わり (ZAKZAK 2005/11/05)

更に・・・。

TV放映資料:北川和美の亡命生活 at 北朝鮮(2004年 テレ朝)
    →「追跡・・・北朝鮮亡命女性 その後

◆近頃の北に対する国際世論の硬化について(○×◇教授←名前忘れた・・・スマソ)

特にここ数日、アメリカが北の人権問題(日本の拉致問題を含む)に関して硬化しているのは、9日から始まる6者協議を見据えているから。たとえ北が核保有について何らかの成果をこの6者協議で得たとしても、人権問題が解決しない限りアメリカは金は出さないよ!というメッセージなのだ。。。というような事を○×◇教授は解説していた。

次の協議で米は人権問題を北との駆け引きに使うかもしれないね。

上手く行けば劇的な進展が見込めるかもしれないけど、前回のように米が不覚の譲歩をしてしまったら、今度は日本の交渉相手は米になっちまう・・・。ハイリスク・ハイリターンだね。6者協議は絶対注視!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

女系天皇容認は〝男女同権〟論ではない!

≪下図:Wikipediaを参考に作ってみました。クリックすると拡大します。≫ PDF版がよい方はこちらを→PDF版koshitsu01

政府の「皇室典範に関する有識者会議」が女系・女性天皇容認の方向へ進んでいる。

私も「もし皇太子御夫妻に愛子様しかお生まれにならなかったら、それが自然な流れじゃない?」と簡単に思っていた。

が、しかし!
多くのブログで取り上げている『女系天皇の問題』を知るにつれ、そんな簡単な問題ではないんだということが薄々分かってきた。

『ぼやきくっくり』さんのところに関連サイトリンク集がある。(くっくりさん、いつも使えるエントリー、感謝です!)

koshitsu02

まず、女性天皇容認と女系天皇容認は全く異なるということを認識せねばならない。

『Wikipedia 女系天皇』』より
万世一系と呼ばれる父系で受け継がれてきた皇統とは異なり、母方の女系先祖を辿っても決して天皇には行き当たらない点から考えれば、女系天皇という言葉そのものがかなり不正確であり、正確には双系、あるいは両系とでも呼ぶのが適切な表現であろう。
語句の類似性から女性天皇と混同されることが多いが、女性天皇とは単に女性の天皇を指す言葉であるのに対し、女系天皇とはその天皇自身の性別に関わらず、母方から皇室の血統を受け継ぐ天皇を指す言葉であり、本質的に異なる概念である。

つまり・・・
◆女性天皇とは◆
女性の天皇(←まぁ、こちらは単純ですよ)。
歴史上の女性天皇はいずれも独身か天皇・皇太子の配偶者(未亡人)であり、かつ天皇又は男系の皇子を父に持つ女性皇族であった(by 前出Wikipedia)。
つまり今までの2000年超の日本の歴史の中で女性天皇は存在していたが全て男系であり、女系天皇は一度も存在していないのだ。
愛子様が天皇となられても、それは女性天皇であって女系天皇ではない。

◆女系天皇とは◆
女性皇族の子孫が天皇になること。
つまり、愛子様が天皇となった後に、
そのお子様が天皇になった場合、そのお子様の性別にかかわらず女系天皇誕生という事になる。

、で、皇室の歴史で私が腰が抜けるほど驚いたことがある。

それは染色体(遺伝子)に関する事であるが、それを2千年超の歴史を持つ日本の男系天皇に重ね合わせると、皇室の物凄い歴史が、この鈍い私にも、よーーーーく分かったのだ。

哺乳類の雌雄がX染色体とY染色体の2種類の染色体によって決められる事は、高校程度の生物を勉強した人ならば良く知っている基本的な事実だ。
哺乳類は[X染色体,X染色体]の同一染色体ペアを持つことで雌となり(ホモ接合)、[X染色体,Y染色体]の2種類の染色体ペアをもつ事で雄となる(ヘテロ接合)。
染色体とは簡単に言って遺伝子の塊であり、染色体上に決まった配列で遺伝子が載っかっている。
X染色体、Y染色体上の遺伝子配列は、もちろん各個体(人で言えば各個人)によって異なる。

私が驚愕したのは、男系天皇を維持する事によって同一のY染色体を綿々と継承してきたということだ。

稚拙なこの図を見ていただければ分かるようにX染色体は愛子様の代までで最大128のバリエーションがある。一方、Y染色体はなんと皇太子様の代までで単一!一つのみ!
つまりほぼ神話の世界にある第1代神武天皇の同一のY染色体を今の皇太子様と秋篠宮様が引き継いでいらっしゃるという事実!

XY染色体が男女という一番分かりやすい区別の源であり、XY染色体の継承のされ方が男性のみヘテロ接合なのは生物学上、どうしようもない現実だ。
遺伝学の無い昔に男系天皇とすることで2千年の血統が守られてきたのは驚異に値する。そして、そもそも、その〝血統〟無しでは全ての人間が天皇となりうることになってしまい、皇室の形骸化に繋がる懸念を持たざるを得ない。

この凄い歴史を、この1年足らずの議論でホゴにしちゃっていいの?
私はチョッと前まで「女系天皇でもいいじゃん」と思っていた自分が恐ろしいよ。

2千年も続いた日本と天皇の歴史だよ?もうちょっと慎重に考えた方がいい。

【2005.11.8 add】
◆『うーぱーるーぱー』さん 「男系女性天皇と女系天皇のちがい」へTB
女系天皇の問題点を分かりやすくまとめてあって説得力あり。いわれてみれば聖徳太子も皇太子殿下や秋篠宮殿下と同じY1染色体を持っているのだった。これって男系のものすごい壮大な事実!

◆『ヲシテのクニ』さん 「今も昔も・・・お世継ぎをどうする?!」へTB
ブログ主びーちぇさん曰く
「世界で、日本という国が尊厳を保っていられるのは、文化と伝統の力です。
ただのお話、論ではなく、
それを存在する目に見える形として、全ての人々に顕しているのが、
万世一系の皇室なのですから。
まさにその通り!女系天皇容認派は〝血統〟の重みを分かってないと思う。

◆『外交のファンタジスタ』さん 「たかじん委員会10」へTB
天皇制と人権平等論は無関係!そう、その通り!

我が家のは「そんなにY染色体が大事なら人工授精しちゃえば~」だって・・・。だから天皇制はそういうことぢゃないのに・・・。根がマルキストなにはなかなか伝わらない(嘆)

◆『あさってのほうこうBlog』さん 「皇室を支える異質な原理」へTB
天皇制に人権論を持ちこむ事のおかしさを分かりやすく解説!納得・・。

【2005.11.22 add】
尊敬するブロッガーの一人『アジアの真実』さんがいよいよこの問題を取り上げた!嬉ぃ~!
◆『アジアの真実』さん 「「女系天皇」容認という問題の意味を考える ~2600年の歴史を鑑みて~」へ早速TB

【2005.11.28 add】
とにかく行動せな!っっつー訳で、アナタの声を関係各所に聞かせたって!『ニッポンのこれから』さんに陳述先のリンクあり。
◆『ニッポンのこれから』 「皇室典範改正をさらに良く考えてもらうよう陳情しましょう」へTB

【2005.12.6 add】
◆『憂国、喝!』さん 「皇室典範を考える集い」に行ってきた。 」へTB
集会も模様がUPされています。多くの著名人が「女系容認」に危惧を抱いていることが分かる。そしてこのように実際に足を運ぶなど具体的なアクションを起こすブログ主さんを尊敬します。

| | Comments (9) | TrackBack (14)

« October 30, 2005 - November 5, 2005 | Main | November 13, 2005 - November 19, 2005 »