« November 20, 2005 - November 26, 2005 | Main | December 4, 2005 - December 10, 2005 »

December 01, 2005

ヤマト言葉は大事にしたいね

『ヒロさん日記』の「かんじに「こだわる」のはホドホドにしませんか?」 にインスパイアされて当エントリーを書く。。

『ヒロさん日記』のHiro-sanが言うように、漢字は文字そのものに意味を持っているので短い表記でニュアンスを最大に伝達できる便利さはある。

(例)
「パンチラを見た」(パンチラを目撃した)
「パンチラを観た」(パンチラを観賞した)
「パンチラを看た」(パンチラさん≪固有名詞≫を看護した)

注:2例目まではヒロさん日記より引用。3例目はkits創作。

Hiro-sanは、漢字とカナのバランスをさじ加減することで文章の個性が引き出せる日本語の特異性を言っているのだ(と思う)が、そういう自由度の高い日本語なのだから、わざわざ支那の差別意識あふるる『邪馬台国』とか『卑弥呼』を漢字表記しなくたっていいでない?ということにも触れている。

弥生時代の〝邪馬台国〟も〝卑弥呼〟も、もともとは中国の文献『魏志倭人伝』などによるもの。

、んで、随分前の『兼高かおる世界の旅』という番組で邪馬台国をテーマにしたことがあり、その放送内容が結構衝撃だったので憶えているんだけど、

その番組によると、、、

当時の支那では『邪馬台国』とは『邪馬台の国』という意味での記述であり、
当時の支那の発音で『邪馬台』は「ヤマトゥ」または「ヤマタゥ」と発音。

そして『卑弥呼』とは『卑弥のコ』、つまり『卑弥+(女性敬称)』という意味であり、
当時の支那の発音では『卑弥』は「ヒメ」に近い発音をするという。

言葉の異なる日本からの使者の話しを聞き取るのだから、

日本側の発音
 ↓
支那側のヒアリング
 ↓
支那側が発音に近い当て字で記述

という流れの中で

日本側が「ヤマトのヒメ」と発音したのを、

支那側が「ヤマタゥ国のヒメ女王」という意味に受取り、

結局、支那の歴史書には「邪馬台国の卑弥呼」という記述になった、

、、、とTV番組『世界の旅』は主張するのだ。

漢字の介在によりヤマト言葉の本来の意味が無くなってしまった典型が『邪馬台国』および『卑弥呼』なんじゃないのか?な。

びーちぇさんのブログ『ヲシテのクニ』では、ヤマト言葉本来の滋味あふるる意味合いが漢字に置き換わる事により無くなってしまった例が紹介されているが、今一度、ヤマト人のルーツを漢字抜きで探ってみるのも良い機会だ。

≪びーちぇさんのブログ『ヲシテのクニ』より≫

カミ・・・「祖」に近い意味合いであり自分の因って立つ処。「神」とは異なる。
タマシヰ・・・「
タマ(大自然、宇宙)」+「シヰ(この世、地球)」であり、親の「タマノヲ(遺伝子とか縁)」により「タマ」と「シヰ」が結ばれる。死ねば「タマ」は宇宙へ「シヰ」はこの世へ還元する。漢字の「魂」とは異なる。

参考までに、
ヤマトクニ・・・「
(強調)」「(真)」「(法)」。つまり法の精神によって実によくまとまったクニ

kitsの別館ブログ『Goodfinds』で「オランダせんべい」をご紹介中だ。

「オランダせんべい」の名前は2重の意味があり、

(1)「オランダ、つまりサラダ味(塩味)という舶来の味付けの斬新なせんべい」

という意味と、

(2)「おらんだ、東北弁で〝俺達〟のせんべい」

という意味がある。

もし東北弁が人々から忘れ去られたら、上記(2)の意味も消え去ってしまうのだろう。

まじ、へこむ。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

November 29, 2005

茶ミ近影

cat_0511_29

『今どきの猫は株に興味があるんだニャっ!』

っつーのはウソ

何でも人間の真似っこをしたい茶ミなのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2005

ますますオカシイ女系天皇

一昨日(26日)は下記デモが行われた。
■■緊急告知!■■11月26日皇室典範改惡沮止抗議国民デモ決行!

私はその日は横浜に用があって茨城からノコノコと都心へ出ることになっていた。
スタート時間の午後2時には間に合わないものの、アワヨクバ途中合流でちょこっと参加でも・・・と思ったのだが、なにせこういう行動には不慣れなもので要領も分からず、渋谷周辺でウロウロしたものの、結局デモ列に合流することが出来なかった。残念。

さて、産経新聞が女系天皇反対を明確に打ち出しており非常に心強い。

産経抄 (産経新聞11月27日)
 四十何年か前、新しい千円札を発行するにあたり、肖像に誰がふさわしいかを日銀がアンケートを行ったことがある。今の野口英世から二代前だ。結果は一位が採用されることになる伊藤博文で、二位は奈良時代の政治家、和気清麻呂だった。

 ▼調査は秘密裏で、対象も日銀、大蔵省の関係者、家族に限られている。それにしても、野口英世が五位だったことを考えれば清麻呂の「人気」には驚く。戦中から戦後にかけ十円札の肖像となり馴染みがあったのも事実だが、いかに高く評価されていたかがわかる。

 ▼いうまでもなく「道鏡天皇」を阻止した功績からである。女帝・称徳天皇の寵愛(ちょうあい)を受けた僧・道鏡が、宇佐八幡宮の託宣だとして皇位につこうとした。これに対し宇佐に派遣された清麻呂が逆の託宣を得て、自らは左遷されながらも、道鏡の野望を砕いたのである。

 ▼皇室が皇位継承について「男系男子」にこだわり続けてきたのも、この道鏡事件の再発を防ぐ意味もあったのだろう。継承の原則をなるべく簡潔なものとし資格者をしぼる。そのことで天皇を利用しようという外からのうごめきを封じる。そういう知恵だったのである。

 ▼皇室典範有識者会議が行った答申は、先人が命がけで守ってきた皇位の純粋性をいとも簡単に覆すものだ。こうも無条件に女性・女系天皇を認めては「第二の道鏡」とは言わないが、聖と俗との境がなくなる恐れがある。伝統ゆえの皇室に対する敬意も薄らぐというものだ。

 ▼答申の支持者は「伝統も現実に合わせたらいい」と言うかもしれない。だがそれは逆だ。伝統に現実を合わせる。つまり旧皇族の復帰など男系を守るための手立ての方を考えるべきなのである。国民の側で再議論を起こすしかない。

有名ブログ『アジアの真実』さんではこのテーマで2回エントリーに取り上げた際に、「女系天皇容認」に悲鳴ににも似た危機感を多くのブログ訪問者がコメント欄に吐露していることを受け止め、一個人としてではなく、一ブログ『アジアの真実』として、首相官邸等にメールを出された。

『アジアの真実』さんをいつもROMってる私であるが、一つのエントリーに対するコメント数はいつもは概ね100件弱。なのに、こと「女系天皇」に関する下記の2つのエントリーのコメント数は、

・「女系天皇」容認という問題の意味を考える ~2600年の歴史を鑑みて~
 →コメント数170件 TB数27件
・「女系天皇」容認という問題の意味を考える2 ~女系と女性をすり替えて世論をミスリードするマスコミ~
 →コメント数392件 TB数39件

という物凄いことになっている。
私のこのマイナーなブログでも過去1回このテーマでエントリーしたが、その記事に未だにTBを寄せてくださる方がいるくらいだ。

いかに興味または危機感を抱いている人が多いかということだ。

今回、世の流れとか言って「女系天皇」を認めれば(くどいようだが女性天皇と女系天皇は別物)、今まで綿々と守ってきた皇統が終焉を迎える。

そして愛子様が最後の男系天皇かつ皇統となり、愛子様の次の代は今までの皇統とは異質の国民の総意に基づいた(?)新たな元首が誕生というわけだ。
こうなれば日本は〝共和制〟〝大統領制〟の可能性容認へ大きく舵を切ったと見なさざるを得ない。

国民の総意で決まる国家元首を〝大統領〟と呼び、その〝大統領〟がいる国を〝共和国〟と呼ぶ。

2000余年、実子ということよりも血統を最重要視してきた皇統をやめ、国民に受け入れやすいとか何とかということで元首の成り方を変えることは、つまりは国民の総意で国家元首を決める〝大統領〟とほぼ近い意味合いを持つのでは無いだろうか。

たった数人の有識者、それも皇室の深い知識も持たない専門外『有識者』が10ヶ月やそこらの議論で国の形さえ変形させかねない方針を出したことへ警戒心を抱かざるを得ない。

【2005.12.6 add】
◆『川村けんとの「いい加減にします!」さん』 「「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ 後篇」へTB
宮家の存在意義、血統の継承の意味が非常に分かりやすくまとまっている。ネット上でこれだけ皇室への理解が進んでいるのに実社会が追いつかないのは何故?

| | Comments (8) | TrackBack (2)

« November 20, 2005 - November 26, 2005 | Main | December 4, 2005 - December 10, 2005 »