« December 4, 2005 - December 10, 2005 | Main | December 18, 2005 - December 24, 2005 »

December 17, 2005

猫と注射

cat_0512_171

つぶやきstart。。。

猫sにとっては1年のメインイベント?のワクチン接種の季節がやってまいりました!

キャリーバッグと胴輪を棚から引っ張り出すと、さ~イタリアの牛追い祭りよろしく猫祭りのstartよ!

逃げる猫s。

追う人間。

カーテンの影に逃げ込む茶ミ。

カーテンをめくって引きずり出し「御用だ!」の〝お縄〟、否〝胴輪〟を装着。

忽然と消えただいふく…なーんてね、何処に隠れたのかこちとらお見通しヨ。

隣の洋間の姿身(鏡)の裏にホルスタイン模様を発見!

こちらもずるずると引きずり出し〝胴輪〟装着成功。

ヤレヤレ。

とにかく車の中も病院でも「グギャー、オワー」と文句を垂れる茶ミの鳴き声をBGMに、今年も無事注射終了~。

ヤレヤレ。

さて、おうち到着。キャリーバッグから猫sを解放したら、ありゃりゃ、ソソウ(小のほう)のあとがキャリーバッグに。

「誰よ?」と、猫sのお尻の辺りをかぐと、どうやら茶ミのようだ。

数々の引越しでもソソウはしなかったのに、これはめずらしい。

「よっぽど嫌だったのね~。仕方ない、明日はキャリーバッグの洗濯だ~」

、そして翌朝。

今度は猫トイレに的を外したとお思われるソソウ(小)のあとが。。。

猫トイレ周辺はビチョビチョ。

今度はだいふくらしい。

ヤレヤレ。

cat_0512_172

↑『け、冗談ぢゃないぜっ!』と毒づく茶ミ女史。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2005

(チョッとだけ)見直したぜ 前原代表!

前原代表 胡主席と会談断念 日中問題「永遠に解決せず」
(産経新聞 14日)

 【北京=船津寛】中国訪問中の民主党の前原誠司代表は十三日、要望していた胡錦濤国家主席との会談を断念した。中国側は「日程の都合」としているが、中国の軍拡路線を「現実的脅威」と発言した前原氏に不快感を示したとみられる。

 前原氏は同日夕の記者会見で、「自分たちに都合の悪いことを言う国会議員には会わないという姿勢なら、仮に靖国の問題が解決したとしても、日中間の問題は永遠に解決されない」と批判。さらに、「口だけ友好と言い、本質的問題を先送りしてきた今までの親中派と違い、言うべきことを言い、互いの共有の利益を模索する」と述べた。

 中国側は、前原氏が中国入り後も、中国の軍事力を「率直な脅威」と表現したことに過敏に反応した。小泉純一郎首相でさえ、中国の軍拡に懸念を示すことはあっても「脅威」という表現は避けているだけに、中国側は、「前原氏が予想以上の強硬姿勢で訪中した」と受け止めたようだ。

 十一日に前原氏が北京入りしてすぐ会談した中央対外連絡部の劉洪才副部長は、「北京も厳寒の冬に入った。中日関係も氷点に近い状態だ」と先制攻撃。このとき既に、胡主席に会わせない方針は決まっていたようだ。

 前原氏は産経新聞とのインタビューで、「中国が敵とは思っていないが、素直に脅威に感じるということを申し上げたまでだ。ニュアンスではなくて、(中国軍の)装備の具体的な数字も把握して、そういう認識を持っている」と強調した。

 しかし、党内では旧社会党出身者を中心に「党の方針とは全く違う」(横路孝弘衆院副議長)との反発も強く、十三日の役員会でも批判が相次いだ。前原氏は「すべてボトムアップで意見を積み重ね、それを代表として発言するのは代表のリーダーシップにならない」と反論するが、十六日からの党大会は波乱も予想される。

ちょっと!奥さん!聞きました?!
「自分たちに都合の悪いことを言う国会議員には会わないという姿勢なら、仮に靖国の問題が解決したとしても、日中間の問題は永遠に解決されない」

ですよ!前原さん、やるじゃん!

しかも、、、

16日 産経新聞 総合面より(ネットソース無し)
「(小泉首相の)靖国参拝の問題が解決しても、日中間の問題は解決しないことがつくづく分かった」。前原氏は中国での日程を終えた直後、同行した議員にこう漏らした。

>「靖国参拝の問題が解決しても、日中間の問題は解決しないことがつくづく分かった」

>「靖国参拝の問題が解決しても、日中間の問題は解決しないことがつくづく分かった」

>靖国参拝の問題が解決しても、日中間の問題は解決しないことがつくづく分かった

良くできました。花まる♪

しかし、きみ、前原さんの訪中記者会見をマスコミ各社報道する中で前原さんのナイスコメント「自分たちに都合の悪いことを言う国会議員には会わないという姿勢なら、仮に靖国の問題が解決したとしても、日中間の問題は永遠に解決されない」を載せているのは産経だけってどういうこと?ネットで検索できるのは産経だけよ。紙では出てるのかしらん?

相変わらず日本のマスゴミはオカシイよ。

筑●じぃとか、報●ステとか、マイペースで同じ場所を堂々めぐりしているけど、しかも、あーた、筑●じぃなんて、わざわざクアラルンプールまで慰安旅行しちゃってさー、現地レポと言いながら「中国様のご機嫌損ねちゃったのは靖国のせい、小泉のせい」の呪文の連続。

呪文だけならいいけど、アッチコッチの海外メディアに

「日中関係がこじれてASEANは困るよね?そうだよね?こうなったのは靖国のせいだよね?小泉のせいだよね?そうだよね?」とご注進。

もう「ASEANよ困ってくれ。小泉に靖国に行くなと言ってくれ。」という腹の中がみえみえのところが哀しい。。。

ご注進に上手く答えてくれたコメントだけ切り貼りして放送してたみたいだけど、せっかく現地まで行ったのに期待したほど中韓の反日も盛り上がらず、それに乗っかるASEANも無く、中国様のご機嫌も斜めったまんまで終っちゃって残念だったわね。

だから、何度も言ってるけど、十年一日のマスゴミネタ(靖国問題)に頼るのはもう止めなされ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2005

これからが正念場

主婦@年末につき、短めのエントリになってしまうのだす。。ご勘弁(泣)

さて、産経新聞の『女系天皇は問題あるっしょ』記事シリーズ、ネットソースは無いがくっくりさんのところでテキスト化されている!

ほんと、このお方は神、仏じゃ!

『ぼやきくっくり』さん
 ●12/8付『皇室典範~産経が女系天皇問題特集』
 ●12/9付『皇室典範~産経が女系天皇問題特集(その2)』
 ●12/10付『皇室典範~産経が女系天皇問題特集(その3)』
 ●12/12付『皇室典範~竹田恒泰さんインタビュー』

特に竹田恒泰氏のインタビューでは、GHQの施策により廃止された旧宮家は一般国民となった後も現皇族とともに諸活動をされていたことが良く分かる。

例の非常識〝有識者会議〟の提言に従えば、仮に愛子様が即位した場合、愛子様の夫(一般市民:仮に佐藤くん)が天皇と同様の敬称である〝陛下〟と呼ばれることとなり、その佐藤くんの子が即位した場合、佐藤くん天皇の祖となるのだ。

そして未来永劫、将来の天皇は佐藤くんの子孫ということになる。

現状の男系天皇であれば祖は天皇以外は考えなくとも良い。

が、しかし例の非常識〝有識者会議〟に従えば、愛子様以降、雑系(男系と女系の並存)ということになる。

そうなれば天皇の祖は無限に増える。愛子様が即位されれば、雑系であるから小和田家も祖ということになる。愛子様の夫となる佐藤くんも、佐藤くんの子である次の天皇の結婚相手の加藤さん、そして加藤さんの子である次の天皇の結婚相手の吉田くん、次の井上さん渡辺くん、、、無限に増えるわけだ。

…(無限)
吉田家   昭和天皇(陛下)香淳皇后(陛下)
佐藤家                    大和田家 
│      │                   加藤家
    今上天皇(陛下)美智子皇后(陛下)  井上家…(無限)
      │                    │ 
│    皇太子(即位:陛下) 雅子皇后(陛下)┘ │ 
│       └────┬───┘          │ 
        ≪皇室典範改正≫            │ 
佐藤くん(陛下)…婚姻…愛子さま(即位:陛下)      │ 
└─────────→┤                │ 
│               子(即位:陛下)…婚姻…加藤さん(陛下) 
│               ├←───────────┘
吉田くん(陛下)…婚姻…子(即位:陛下)            
└──────────┤                    

                子(即位:陛下)…婚姻…井上さん(陛下)
                ├←─────────────┘

渡辺くん(陛下)…婚姻…子(即位:陛下)
└──────────┤

               │
               子(皇太子)

男系は紫のルートだけを祖と考えればよかった。
が、雑系(男系女系並存)だと父方母方の両方ルートが祖となり、どこの家系図?ということになるのね。まぁ~   

こんな皇室の平民化、形骸化に繋がるような『有識者会議』の提言と、
たとえ何百年も血筋が離れようともGHQの施策実施までは皇族であり継承権もあった旧宮家の復活と、

どっちが皇室らしいよ?

*****
『莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN』さん 「靖国カードに終始する中韓両国と小泉政権とその後」
とりわけて、小泉首相が推し進める、革命的大転換である「皇室典範改正」は絶対に阻止しなければなりません。国会議員にもその意味が少しづづ、浸透しており、来年の自民党内閣部会では、皇室典範改正に対する国会議員からの反対の声が渦巻くためにも、各選挙区国会議員への陳情が肝要です。(一部引用)
*****

さぁ、皆様!出番ですよ!頑張りましょう。

【皇室を崩壊させる女系天皇反対!】
日本の最後の砦、皇室が崩されようとしてます!
[女系天皇問題まとめサイト]
 ▼抗議の声をお願いします!
[首相官邸] [内閣官房] [自由民主党] [安倍晋三]
[平沼赳夫] [世耕弘成] [神社本庁] [伊勢神宮]

【2005.12.13 modified】
図の表現を変更。図って難し・・・。罫線ずれるし。

【2005.12.19 add】
◆『川村けんとの「いい加減にします!」』さん 「皇室典範に関する有識者会議 報告書 五」へTB
男女の権利の視点から皇室典範を分析。新しい見方が斬新、かつ納得。。。

【2005.12.28 add】
◆『日本の心を育むネットワーク』さん 「旧皇族の直系が「女系天皇問題」を語る!」へTB
雑誌『正論』に載った竹田氏の貴重なインタビュー記事です。
竹田氏の「女系天皇に関しては二千年以上一度も先例がないわけです」「二千年続いたという厳然たる事実です」という言葉は非常に重い。そして竹田氏ご本人が皇族は個人を超越しているものなんだ、という言葉。皇族について真に理解している方でないと出てこない言葉かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« December 4, 2005 - December 10, 2005 | Main | December 18, 2005 - December 24, 2005 »