« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »

February 19, 2005

想いで話をひとつ ~ライブドア~

15年ほど前の話。当時、私は新卒の新入社員。
就職先は情報通信系の企業(当時は”IT企業”なんて言葉は無かった)だったのだが、私はというとコンピュータのコの字も知らないド素人だった。同じ部署に配属された新入社員は私を含めて5人だったが、中でも私が一番の無知だった。

新入社員は強制的に”新技術ワーキンググループ”に入らされて、強制的にテーマが与えられた。
私に与えられたテーマは”ISDN(総合デジタル通信網)”。
他の人は「UNIX」「リレーショナルデータベース」とか、そんな感じだったと思う。
当時はこれが新技術だったのよね。。。

メンバーは自分のテーマについて、仕事の合間に調べて自分の考察を加えて、定期的に開かれるミーティングで発表することになっていた。

「デジタルって何?」ってゆうくらい基礎知識の無い私だったが、とにかく自分の発表日まで会社の書庫の本や資料を読み漁った。

で、発表当日。。。

「ISDNとはデジタルの公衆回線通信網です!」
「日本ではNTTが既存のアナログ公衆回線網を使ってINS64というサービスを提供してます!」
「でもホントは光ファイバーによる大容量通信が目的です!」

「んで、メリットはパケット通信しながら通話やFAXが可能です!!!」

…あっちゃー。なんて幼稚な考察。我ながら恥ずかしい(赤面)

こんな稚拙な私の考察に他のメンバーからのつっこみは無かった。

繰り返すけどココ大事→こんな稚拙な私の考察に他のメンバーからのつっこみは無かった。

つまり15年前の当時は、ISDNによって、大容量の通信網によって、生活がどんな風に変わるか、なんて誰も想像できなかったのだ。

2005年現在、通信は通話だけでなく、Eメール、情報の電子化による情報の共有、銀行やショッピング決済、公共機関への届け出、防犯セキュリティー、チケット予約やmusic配信などのエンタメ系サービス…多様なツールに変貌した。これに携帯電話に代表される無線通信が加わり、さらに加速度的に進化している。
もはやISDNに代表される大容量の高速通信網を抜きにしては、今の生活は成り立たないのだ。

15年前には想像できない変貌ぶりだ。

ここ数年、脚光をあびているISDNであるが、実は10年くらい前までは、他の技術に埋もれて半分”化石化”したような状態だった。ISDNはほとんど忘れ去られていた。

ところがインターネットの普及により大容量の通信網が必要不可欠となり、NTTの独占状態だった通信業界も、あれよあれよというまに多様な企業が、ISDNに限らず多様な通信サービスを提供する現状となった。

この15年に「通信法」は何度か改正されて規制緩和されている。
規制緩和が先なのか巷のインターネットの爆発的な普及が先なのかは定かではないが、両方の相乗効果があったことは確かだと思う。

この度、ライブドアの動きに関連して政治家が批判めいたコメントをしている。

(下記ブログにそれに対する記事があります。とても参考になります)
---------------------------------------
 ●『花崗岩のつぶやき』 妖怪達の蠢く地上波デジタル
 …(私の勝手な要約)地上波デジタルは政治家にとってオイシい話。
---------------------------------------
---------------------------------------
 ●『EspressoDiary』 メディア株の下落。
 …(私の勝手な要約)政治による放送の保護がメディア株への失望に繋がっているのでは。
---------------------------------------

上記2つのブログを読みつつ、過去の想い出話がよみがえってきた。

そして以下の感想も持った、、、

インターネット上のソフトが充実し爆発的に普及しなければISDNの普及もありえなかった。機が熟すまで、つまりユーザーからの大きな需要の波が来るまで待たざるを得なかった。「地上波デジタル」など、行政主体で放送業界をリードしても、ユーザーは付いていかないのでは?

”放送”の発展のために行政が行うべきことは、規制強化より規制緩和ではないか?

【2005.2.21 edit】
 テニオハなどなど変更

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 18, 2005

TVコメントに見るお笑いのセンス~ライブドア~

cat_0502_18茶ミ「昨日は笑いましたニャ」

昨日の夜、TVのニュース報道を各局回し見る。

使われたコメントは各局ほぼ同じで、ほとんどが「公共の電波を金で私物化するのはいかがなものか」というライブドア批判だった。

大笑いしたのは森元首相のコメント

自民党の森前首相は17日、森派の総会で、ライブドアが短期間でニッポン放送の筆頭株主になったことに「若干疑問を感じる。カネさえあれば何でもいいんだ。力ずくでやれるんだという考え方は日本の教育の成果かと(疑問に)思う」と、株式大量取得を批判。今回の株取引が証券取引法に抵触しないか調査する意向を示した。 (毎日新聞) - 2月17日23時22分更新

「カネさえあれば…」って、あーた…(デビ夫人風に)
「日本の教育の成果…」って、あーたねぇえ…(デビ夫人風に)

それはそれは、ウチは大笑いでしたわ。
この人って、事柄の表面だけ捉えて、とにかくステレオタイプのコメントしかしないよね。


でもさ『公共の電波』っつーけどさ、きょうびの”電波”にどれだけの公共性があるの?

私個人は大事なニュースはインターネットで調べて裏をとるようにしてる。一方的にたれながされる”電波”については信用してない。

ブロードバンドが普及した現在、”電波”放送の重要性は加速度的に低下していると私は思っている(非常時の放送は別よ)。
---------------------------------------
『花崗岩のつぶやき』さんが放送業界の危機感を記事にしています。
 ●『花崗岩のつぶやき』 放送業界の危うさ
 …私が勝手に要約しますと、、、
  アメリカにおける地上波デジタル放送の失敗から見える日本の地上波の将来。
  日本の放送業界は(ライブドアに限らず)IT企業との提携を視野にいれた経営ビジョンを立てざるを得ないだろう。
---------------------------------------
こういった認識のコメントがTVで見られないってどういう事?
『”電波”様を懲らしめるヤツぁー許せん!』ってなコメントばっかじゃ、「あーやっぱりね、、”電波”にゃ公共性無いわ…」ってな感想を余計にいだくんだけどな。。。


---------------------------------------
『EspressoDiary』さんはライブドアの動きを通じて今の日本の経営者の”腰の弱さ”を論じています。
 ●『EspressoDiary』 街で噂のライブドア。
 …私の勝手な要約、間違ってたらご指摘くださいませ(^^;)
---------------------------------------

ニッポン放送とフジTVには、是非是非、ネットと共存する新たなメディアのスタイルを見せて欲しい。それはライブドア以外のIT企業でも構わないから。
”電波”を特別扱いして売り買いから保護するのは、どうもピンとこないんだよね。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

February 17, 2005

フジよ…おまえもな ~藪中氏の念書~

14日のフジTVのニュースで、横田めぐみさんの遺骨を受け取る際の藪中氏の念書を独占入手と報道。

ニュースの詳細は『電脳補完禄』さんの記事を参照。

15日の私の記事でも表明したとおり殿下さんのブログに全く同感。
そんな念書があったって、藪中氏を責める気には到底なれないのだ。
--------------------------------------------------------
再登場!殿下さんのブログ
 →殿下さま沸騰の日々『てめーらなめんなよっ!』  「その前にテメエの嘘がばれたんだよ。 」
--------------------------------------------------------

『アレやコレや』さんは、スクープの出所である「日朝関係筋」に対して疑惑の目を向けている。

あのフジのスクープは不可解な情報も含まれている。
藪中氏が北朝鮮に泣きついた、みたいなマユツバ事。
ニュースソースは一体どんな人間なのか?と疑わざるを得ない。

さらに、あのニュースで使用された横田滋さんの発言VTRには印象操作の疑いあり、と『アレやコレや』さんは言う。
私は横田滋さんの映像は残念ながら覚えていないが、過去のVTRを印象操作を目的に編集して使い放題だとしたら、既存メディアへの不信感は増すばかりだ。

このたびのフジのスクープに、「でかした!」っていう感想はネット上では一つもお目にかかっていない。
逆にフジへの不信感、不快感が増しただけじゃないのか?

結局、朝日もフジも『マスゴミ』っつうカテゴリにくくられちゃうのかな。

だからホリエモンを応援したくなるんだよっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

News23続報 安倍ちゃん登場! ~朝日新聞虚偽報道問題~

cat_0502_15←茶ミの独り言「ジイには困ったもんニャリ」


もーね。。今日もいろんなニュース(藪中アジア州局長のとか)があってね、言いたい事はたくさんあるんだけど、やっぱ昨日のNews23でしょ!
--------------------------------------
藪中氏に関するニュースについては殿下さんのブログ

 →殿下さま沸騰の日々『てめーらなめんなよっ!』  「その前にテメエの嘘がばれたんだよ。 」

に1万票を投票したいくらい同感なので、興味のおありの方は是非行ってみてください。
--------------------------------------

さて、うちのブログでちょこっと書いた『News23』のヘンテコ座談会の続報でございます。

なぁんと、あれから1週間後の昨日の『News23』に安倍晋三氏が反論のために登場したのだ!

テキスト起こしはIrregular Expressionさんで既にしていただいているようです。

 →Irregular Expression 2月14日NEWS23安倍晋三緊急生出演全文
   …ほんと、お疲れ様です。ありがたくリンクさせていただきます…

先週のあの酷い座談会にすかさず同じ番組で反論した安倍氏は、すごい人だと思う。
安倍氏は

安倍

 「大変なマスコミの影響力がある中でね、たった一人で闘うって言うのはね、これ大変な事なんですよ。だからそれであるにも関わらず私はテレビに出て喋ってます。しかし向こう(朝日新聞)側は質問に全然答えないじゃないですか。」

と言っている。頭が下がる思い。

今回の問題は「朝日新聞の記事捏造疑惑」と「公共放送における偏向した番組制作」なのに、筑紫ジイは「ジャーナリズムへの政治圧力」へ論点をすり替えようと必死だ。

安倍氏の発言の揚げ足をとって、

筑紫

「安倍さんは今そう仰ってるのは、あと何日間で(朝日新聞の)社長は辞めるべきだとそういう風に聞こえかねないと、これが『圧力』とかいう議論をするとき厄介なことですよね…」

と発言。とうとう自分で墓穴を掘る始末。

もちろん安倍氏は「それは全然関係ないでしょ!」と一蹴。当たり前の話です。

安倍氏は「社長は辞めるべき」なんて一言も言ってない。私は安倍氏が朝日新聞の社長を辞めさせたいようには全く感じなかったので、この筑紫ジイの降って沸いたような妄言にビックリしてしまった。

何でもかんでも『圧力』にこじつけて、真実を捻じ曲げてしまうマスゴミの実態を目の当たりにした感じ。

あのNHKの偏向番組を製作した「VAWW-NETジャパン」と朝鮮総連との繋がりについて疑惑が存在するが、
--------------------------------------
再登場!アジアの真実さんの記事
 →この国に蔓延する異常な状態 ~暴かれた黒幕・朝鮮総連
--------------------------------------

そんなに筑紫ジイが『ジャーナリズムと政治圧力』について言いたいンなら、そもそもあのNHKの番組と朝鮮総連の関係は”政治圧力”にはならないわけ?そこはノータッチなん?

「政治家と言論機関がどういう関係を持つべきか」と聞く筑紫ジイはそこんとこどう思ってんの?
そして”政治団体と言論機関はどういう関係を持つべき”なのかも言って欲しいね。

NHK幹部が安倍氏を訪れた時期はNHKが「予算の審議を控えておりました」と筑紫ジイは言うが、NHKの予算審議は自民党だけアドバンテージがあるようには思えない。
--------------------------------------
民主党 中村哲治氏のHPより
 →国会からの手紙 第97号:NHK予算の審議 2001/03/22
 
 …検索サイトで検索すれば自民党以外の議員さんの質疑応答禄がいくらでも出てきます。
--------------------------------------

そもそもNHK幹部の安倍氏訪問は全く違う目的だったと安倍氏は言っている。それを”パワーハラスメント”にすり替えるのはいかがなものか?
--------------------------------------
【2005.2.17 add】
  ●『酔夢ing voice』 西村幸祐さんのブログにも論説あり!

 ●『言語学研究室日誌』 キャスターの役割~筑紫哲也・久米宏・古舘伊知郎
  …現状のTVニュースのありかたに閉塞感ですね。そうなるとやっぱりホリエモンに期待しちゃうな。。。

 ●『ぼやきくっくり』 2月16日(水)NHKに続き自民も本気で怒った!?
  …朝日新聞の歴代捏造記事も網羅されてて参考になります。ぼやきくっくりさんの記事の最後に8日の衆議院予算委員会の面白いヤジが載ってます。
--------------------------------------

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 13, 2005

ライブドアは何の技術もないのか?

今日の午前中、TBS『サンデーモーニング』を見ていたら
(だってサッカー解説で中西さんが出てるんだもーん♪)、
ライブドアのニッポン放送株取得のニュースが取り上げられた。。。

そこで番組のコメンテーターの一人から下記の発言!

「製造業を大事にしなくちゃいけません。だって、こんなの(ライブドアのこと)、
なぁーんの技術も何にも持っていないIT成金が金に物言わせてるだけでしょ…」

はっ?今なんとおっしゃりまして?
私の頭の中は一瞬思考停止になってしまった。

『技術が無い』なんてよく言えるなぁ。。。

確かにネットビジネスは”コミュニケーション”がメイン商品だから、車とか家とか食品とか目に見える商品を作る製造業と違って、仕事の内容が想像しづらいかもしれない。
でも、”通信技術”、”アプリケーション開発技術”、”運用技術”…
つまり技術が必要なんですけど。。。

他のコメンテータも関口氏も、今のライブドアの事態を嘆くがごとき発言。
新興ナリキンが札束でケンカ相手の頬をペチペチ叩くが如くのマネーゲームに困ったもんだ、みたいな。

(中西さんはちがったよーん。っつーか若い世代の会社への帰属意識の低下を関口氏に質問されてのコメントだったので…)

先の『技術なし』ビックリ発言にカチンときてたこともあったのだが、今回の件はホントにマネーゲームなの?成金JOBなの?
という疑問が湧き、午後一杯をかけてネットで処々の意見を検索してみたのだ。
お蔭で掃除とか洗濯とか、何にも出来んかった。。(;_;)

ライブドア社長・堀江氏のネライについての意見はさまざま。。。

「もちろんフジテレビ!」
「いや、産経新聞だ!」
「別人のマネーゲームにほりえもんが乗っけられただけ」
とか…

ほんとのところ、よくわかんなかったな。。。

私はこのニュースの第一報を数日前に聴いたとき以下のように想像した。

ライブドアのサイトメニューの一つに『テレビ』のメニューが追加されるんじゃないかな~

今のパソコンの新機種ではテレビを写すことも可能だけど、あくまで地上波を受信しないとテレビはパソコンに映らないでしょ?

そうではなくて、WEBサイト上のメニューをクリックするとコンテンツ(=番組)がライブドアからダウンロードされるということを想像したのだ。

それっていいなぁ、、と単純に思いまひた。

だって、好きな番組を放映時間に関係なく見れるわけで、かなり便利だよな~
録画の手間も必要ないしさ~
ブログ上に『マイ番組』リストとか作れちゃったりして。。。
あと、女優さんの衣装の情報とか、すぐに検索できたらいいなぁ~すぐにネット購入できたら最高なんだけどぉ。。。

以上が私の一番最初の感想。

あっちこっち検索した結果、なんか、自分のファーストインプレッションにまた舞い戻った感じ。
私のこのインプレッションは著作権とか現実問題をかなり無視してると思うので実現はしないかもしれないけど、
堀江社長はオモロイことをやってくれるんじゃないかな、というのが今現在の感想。

あっちこっちフラフラしてて、一番ピンっときたのが
Espresso Diary 「メディア再編劇の始まり。」

『EspresspDiary』さんの記事を要約すると。。。

ライブドアの今回の動きは、マスメディア革命の予感とともに金融革命、さらには政治にまで影響を及ぼすような大きな変化の波を期待させる。

というもので、
私の幼稚なインプレッションとは比較にならないくらい「大人」の論評なのだが、
ものすごぉーく同感できる記事だった。

それにしても、ライブドアを
「技術も何も持っていないのにバブルのようにボロ儲け」した企業
みたいに捉えるのはズレていると思いますよ、サンデーモーニングの皆様。

【2005.2.14 edit】

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »