« 朝日新聞が中国宣伝機関紙と認定されました | Main | 【猫便】外はまっしろ »

January 19, 2006

心が痛い・・・

今日はホントは皇室典範改正に関する報道でネットソースの無いやつをUPするつもりだったが、寛仁親王殿下のご発言を知り、これは是非ともUPせねばならないという気になった。

*****
女性・女系天皇「三笠宮家も憂慮」 寛仁さま、雑誌でご発言

 政府が女性・女系天皇を認める皇室典範改正案の通常国会提出を目指していることについて、歴史・伝統に根差さない皇室典範改正を批判している寛仁親王殿下が24日発刊の団体機関誌で、「三笠宮一族は、同じ考え方であるといえる」と、父で昭和天皇の弟宮である三笠宮崇仁親王殿下と母の百合子妃殿下も同じ意見であることを明らかにされていることが18日、分かった。

 保守系の民間団体「日本会議」(会長・三好達元最高裁長官)の機関誌「日本の息吹」2月号で、小堀桂一郎東大名誉教授のインタビューに答えられた。題は「皇室典範問題は歴史の一大事である-女系天皇導入を憂慮する私の真意」。

 この中で寛仁さまは、三笠宮さまが昨年10月、宮内庁の風岡典之次長を呼んで、皇室典範改正に向けた拙速な動きに抗議されたことを紹介。

 寛仁さまはまた、皇室典範改正について「郵政民営化や財政改革などといった政治問題をはるかに超えた重要な問題だ」と指摘。自身のご発言に対し、宮内庁の羽毛田信吾長官らが憂慮を表明していることに関しては「私がこういうインタビューに応じたり、かなり積極的に発言しているのは国家の未曾有の大事件と思うので、あえて火中のクリを拾いに行っているようなきらいがあります」と述べ、相当の覚悟を持って臨んでいることを強調されている。

 寛仁さまは昨年、自身が会長を務める福祉団体の会報に、私見として女系天皇に異論を唱えるエッセーを寄稿。月刊文芸春秋2月号でも政府の「皇室典範に関する有識者会議」の拙速な議論を批判されている。


 ≪皇室典範改正 寛仁さまご発言要旨≫
 もしも、この平成の御代で歴史を変える覚悟を日本国民が持つならば、慎重の上にも慎重なる審議の上行っていただきたい。失礼な言い方ですが、郵政民営化や財政改革などといった政治問題をはるかに超えた重要な問題だと思っています。

 典範問題は単純な政治問題ではなく、日本国の歴史が変わるか否かという大事と理解しています。遠慮なく皆さんの前でも発言するべしと現在は思っていますが、ひとたび法案が国会にかかってしまえば、皇族は政治的発言を封じられてしまっているわけですから、私は何も話せません。

 これは絶対にあり得ないと私は思いますが、色々な人に聞くと、「これは陛下のご意思である」と言っている人がいるそうですね。陛下のお立場でああせよ、こうせよとおっしゃるわけがない。(女系だとか長子優先だとか)具体的におっしゃるわけがないということは声を大にして言っておきたい

 本当は、私が発言するより皇族の長老である父に口火を切ってもらいたかったわけです。母の話では、父は宮内庁次長を呼んで、あまりに拙速な動きについてクレームをつけているということでした。これは去年の10月ぐらいの話です。それから「お袋は女帝・女系になったら大変なことになること、わかっているの」と聞いたら、「もちろん大変なこと」だと言っていました。その後、父が年末に来たときに、「いいことを言ってくれたね」と、一言いって、さらに『8人の女帝』(高木きよ子著)という単行本を「読んでおいてほしい」と持ってきて、それから月刊「文芸春秋」1月号に工藤美代子さんがお書きになった論文を、「私の意見はこれと同じである」と、娘の分までコピーして持ってきてくれました。三笠宮一族は、同じ考え方であるといえると思います。

 本来、われわれ皇族は黙っていないといけないということだと思いますが、にもかかわらず私がこういうインタビューに応じたり、かなり積極的に発言しているのは国家の未曾有の大事件と思うので、あえて火中のクリを拾いに行っているようなきらいがあります。

 やはり民主主義なるものは「民」が「主」と書くわけだから国民一人一人がしっかりした、確固たる意見をもって、それが大多数を形成して議会政治として実を結ぶということが原点だろうと思います。ところが、あまりにも今、皇室、あるいは皇室典範に関する情報というものが、皆さんお分かりになっていなくて、女帝と女系の違いも分かっていないような方々が多い。

 皆さんが考えに考え抜かれたうえで結論がAになろうがBになろうが、われわれにはそれに反対する理由はありませんが、もし情報がゼロの中で○か×かとやられたらたまりません。この記事はできるだけ広く読まれて欲しいし、真剣に(日本会議の)メンバーの皆さん方が考えてくださって、また周りの方々に広めて運動体にしていただいて、本当の世論を形成していただきたい。

【2006/01/19 東京朝刊から】

(01/19 13:08)
*****

心が痛む。
皇位継承問題は本来は天皇家のお家の問題。
よって国民が口出しすべきではないなどと言う人もいるが、しかしだ、皇室典範改正が国会に法案提出されるかもしれない今、そんな理屈はもはや通りはしない。既に政治問題と化している。

しかも、それは日本という国の国柄すら変貌させかねない女系天皇の容認という未だかつて無い〝革命〟に近い改革なのだ。
女系天皇を認めるということは、神話の時代から続く二千年超の皇位継承のルールを反故にし、全く新しいルールにのっとった新たな王家を創造しようというのと同意だ。女系天皇を認めた時点で歴史に裏打ちされた皇室は終焉し、女系天皇として即位したお方は即位した時点で新王朝の第1代の王となるに等しい。

何度も何度も説明していて既知の方はウンザリだと思うが、今一度、女性天皇と女系天皇の違いを説明しておく。

・女性天皇=文字通り女性の天皇。愛子さまが即位されれば男系(父方に天皇の系統を持つ)の女性天皇となる。日本史上8人の女性天皇が存在するが、全て男系の女性天皇であり、即位後に結婚したり出産した前例はない。

・女系天皇=母方に天皇の系統を持つ天皇で日本史上存在しない。もし女系天皇が容認され、愛子さまが即位し、その後、愛子天皇のお子が即位すれば、そのお子が男子であろうと女子であろうと史上初の女系天皇となる。

女性天皇と女系天皇の違いも知らぬまま、皇室についてよくも知らないままの国民が大多数を占める今の状況で、国柄を変える議論が粛々と進んでいる事に、寛仁親王殿下をはじめ皇族の方々は猛烈な危機感を感じているのだ。

文春インタビューで一般の家庭と皇室との違いがあやふやになることへ寛仁殿下が危機感を述べたことに対して、フジTV『とくダネ!』でー

 -室井佑月「むかつく・・・」

このコメント、今の皇室に対する一般人の素直な感情ではないかと思う。
皇室を単なる特権階級として見なし、あるいは有名芸能人一家と同一視し、自分達の権利や義務と同レベルで見る。
(かくいう私も、少し前までそうだった)

いっとくが、皇室は100%『公』なのだ。『私』は無い。一般国民にあたえられた権利や自由も無い。職業選択の自由や男女平等、、、そんな自由と権利は一切認められていないのが皇室だ。それが日本という国の元首としての天皇のあり方でもあるのだ。

だから私達は日本という歴史を含めた国柄に天皇を重ね見ることに抵抗は無いし、皇族を敬い大切に思う。

そんな知識も無く、一般家庭と皇室との区別を言えば「むかつく」と言う。そんな状態の世論で国の有様を変えられてしまうことに危機感を感じないのか。。。

*****
SAPIO『憲法改正を発議する6』櫻井よしこ著 より抜粋

 (日本大学 百地章氏『憲法の常識 常識の憲法』より引用して)また、国際的にも、諸外国では当初より天皇を元首とみなしている。それゆえ、諸外国を訪問の折、二十一発の礼砲をもって元首として迎えられるのは、我が国では天皇であって首相ではない」

…途中略…

 諸外国の代表も、天皇に謁見するときには非常に緊張するという。アメリカのレーガン大統領さえも当時、天皇陛下に会うときにはコチコチに緊張していた。それは陛下ご自身のご人徳はもちろんのこと、天皇という権威、とりわけ万世一系の血筋がそうさせていると思われる
 天皇が元首ではなく、仮に小泉首相が元首だとしたら、私たち日本国民はこの元首を我が国の「象徴」として尊敬できるだろうか。女性スキャンダルで揶揄された宇野宗佑元首相や橋本龍太郎元首相を「元首」として仰ぐことができるか。
 国家には、国家を代表する「権威」が必要である。だからこそ君主のいない共和制の国では、大統領に権威を与えるための工夫をこらしている。アメリカの大統領就任式で、バイブルに手を置いて神に誓うのも、大統領に元首としての権威を与えるためのセレモニーである。
 日本文明の象徴として、日本国を代表する「権威」として、天皇以上の存在はない。遥か古代から日本人はそのことを知っていた。
*****

国家元首を一般国民のレベルで語る愚かしさを私たちは噛締める必要がある。

*****
Wikipediaより

元首の呼称に基づく外交儀礼(プロトコル、国際礼譲)にいてにおいては、国際的な慣行により次のような扱いがなされる。

皇帝・女帝・天皇(Emperor、Empress)ローマ教皇(Pope) > 国王・女王(King、Queen) > 大統領(President) > 首相(Premier)
*****

我々国民と天皇の区別が無くなれば、日本の天皇が、たとえ上記外交儀礼にのっとって処遇されたとしても、なんて上っ面だけの、尊敬の欠片も無い形式儀礼となろうか。その引き金となるモノが女系天皇容認なのだ。女系天皇を容認すれば、今の男系と違い皇統の辿り方が不規則となり、祖先も曖昧になってくる。数十年も経たずに皇族と国民との区別は曖昧になるだろう。

嗚呼、恐ろしい。。。

【2006.1.19 add】
エントリーUPした直後、びーちぇさんのTBに気付く。。。びーちぇさんも殿下のご発言に心を動かされている様子だ。心強し。

【2006.1.20 add】
◆『アジアの真実』さん 「皇室典範改正にはっきりと懸念を示された寛仁親王殿下 ~十分な情報の下で開かれた議論を~」へTB
法案が国会提出される前になんとしても多くの有権者の方に、皇室のこと、女系天皇の女性天皇の違い、男系天皇が重要なわけを知って欲しい。そういう意味でも「アジアの真実」さんのような大手ブロッガーが取り上げてくださる事が非常にありがたい、涙が出るくらい。。。

|

« 朝日新聞が中国宣伝機関紙と認定されました | Main | 【猫便】外はまっしろ »

Comments

>kitsさま

ども☆
やはりアンテナは同じところにあるようで、私も心強いです。

本当に今上陛下はじめ、皇族の方々のお心が身にしみます。
私心なく公・・・古代ヤマトコトバで言えば「ヲヲヤケ」にのみ生きていらっしゃり、国と民安かれと、祈り続けていらっしゃる方々のことを、皆が心から理解し、お助けせねばなりませんよね。
そのことが、すなわち私たち自身を助け、国を根底から良い方に変えていく原動力になると私は信じているのですが・・・

真名さんのサイトは読まれましたか?
本当に素晴らしいことが書いてあります。
生涯独身で祈り続けられた「後櫻町天皇」さま。聖女とはこの方のことです。
御製のお歌には泣けてくる想いがします。

 おろかなる心ながらに國民の なほやすかれとおもふあけくれ

 豊年と民やうれしきいく千町 ほなみをわたる小田のあきかぜ

 まもれなほ伊勢の内外の宮ばしら 天つ日つぎの末ながき世を
http://blog.livedoor.jp/manasan1/archives/50332253.html

Posted by: びーちぇ | January 19, 2006 at 05:26 PM

>びーちぇさま
コメントありがとうございます。
真名さんのサイト、拝見しました。江戸の時代の女帝の苦心苦悩が痛いほどわかりました。びーちぇさんの「ヲシテのクニ」でも紹介されていらっしゃいますが、日本というクニの元首(天皇)は古来からそういうお役目であったんですもんね。今の感覚で皇室を考える愚かさを更に強く感じました。

Posted by: kits | January 20, 2006 at 03:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/8231957

Listed below are links to weblogs that reference 心が痛い・・・:

» 「皇位継承Q&A」第5号 [時事評論@和の空間]
 なんだかバタバタとしている間に今年の通常国会も始まってしまいますので、とりあえずこちらにも私のメルマガ「皇位継承Q&A」を載せようと思います。これを読んで首相官邸や内閣 [Read More]

Tracked on January 19, 2006 at 05:30 PM

» 憲法改正議論、マッカーサー憲法のコアを追求せよ [すーさん’s アイ]
 昨年を思い起こせば、民主党が「日本をあきらめない」という「おまえ何様のつもりか」と国民が思うようなかけ声を上げた時から大敗北は決まっていたと思います。 さて、 憲法改正議論に絞れば、戦後憲法、いわゆるマッカーサー憲法のコアが何かをさらに深く追求する必...... [Read More]

Tracked on January 20, 2006 at 12:25 PM

» 皇室典範改正を自民党攻撃の案件に出来ない民主党 [悪の教典楽天市場店]
 今日は旧暦十二月二十二日。師走、蕗ふきの花咲く。 今次の皇統断絶問題に関して民主党が揺れている。所詮寄せ集めの政党なのでどんな政策を話し合ってもゴタゴタするのは仕方ないのだろう。 この問題に関して民主党には全く期待していない。皇室典範改正に関する検討...... [Read More]

Tracked on January 26, 2006 at 10:11 AM

« 朝日新聞が中国宣伝機関紙と認定されました | Main | 【猫便】外はまっしろ »