« 祝!五輪出場 | Main | 拉致問題での誘導に注意! »

January 09, 2006

寛仁親王殿下のご発言に注目!

今日は皇族の方の重要なご発言を紹介せねばなるまい。

*****
寛仁親王殿下「短期間で結論、拙速」 女系天皇容認改めて批判
【2006/01/09 東京朝刊から】

 「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を容認したことに関連し、寛仁親王殿下が10日発売の月刊「文芸春秋」2月号で、現在の男系維持のために旧皇族の復帰など「さまざまな選択肢があることを認識し、今すぐ決める必要はない」と発言し、同会議の結論を拙速と批判されていることが8日、分かった。同会議の議論では皇族からの意見を求めておらず、今回のご発言は、次期国会での典範改正審議に微妙な影響を与える可能性もある。

 「天皇さまその血の重み-なぜ私は女系天皇に反対なのか」の見出しで、ジャーナリストの櫻井よしこさんと対談されている。

 この中で寛仁さまは皇室の伝統を「神話の時代から延々と男系、父方の血統で続いてきた」と位置付け「この血の重みには誰も逆らえなかった」と強調。国民にも「血統に対する暗黙の了解、尊崇の念」があると主張された。

 史上8人いた女性天皇と女系天皇の違いを指摘した上で、民間人が女性天皇の夫になることが続くと「一般の家と変わらなくなる」との危機感を表明。女系天皇の容認は「日本という国の終わりの始まりではないか」とし、男系維持のため、戦後に皇籍離脱した旧皇族の子孫が、断絶した秩父宮家や高松宮家の祭祀(さいし)を継ぐ形で養子として皇室に入るという方法も示されている。

 寛仁さまは昨年、自身が会長を務める福祉団体の会報で、私見として女系天皇に異論を唱えるエッセーを寄せられていた。


 【寛仁さま ご発言要旨】

 天皇さまというご存在は、神代の神武天皇から125代、万世一系で続いてきた日本最古のファミリーであり、神道の祭官長とでも言うべき伝統、さらに和歌などの文化的なものなど、さまざまなものが天皇さまを通じて継承されてきました。世界に類を見ない日本固有の伝統、それがまさに天皇の存在です。

 その最大の意味は国にとっての振り子の原点のようなものだと私は考えています。国の形が右へ左へ、さまざまに揺れ動く、しかし、いつもその原点に天子様がいてくださるから国が崩壊せずにここまで続いたのではないか。

 (有識者)会議の構成に私が口を挟むわけにはいきませんが、わずか17回、三十数時間の会議でこれほどの歴史と伝統を大改革してしまうことが果たして認められるのでしょうか、あまりに拙速に過ぎませんかと強く申し上げたい。

 たとえばかつて10代八方の女帝がいらした。これが女帝論議に火をつけていますが、そのほとんどは皇女、つまりお父様が天皇でいらした男系の女子です。また、もともと皇后でいらして天皇が亡くなられたために即位された方も多い。御家系で適齢期の方が即位されるまでのピンチヒッターとしての即位で、独身で即位された方は終生、結婚なさいませんでした。

 今認められようとしている女系天皇は、全く意味が違う。2665年間連綿と男系による血のつながりで続いてきた天皇家の系図を吹き飛ばしてしまうという事実を国民にきちんと認識してもらいたい。

 畏れ多いたとえですが、愛子さまが男性と結婚されて、お子様が生まれれば、その方が次の天皇さまになられる。こうしたことを繰り返せば、100年も経たないうちに天皇家の家系というものは一般の家と変わらなくなってしまいます。

 そのとき国民の多くが天皇というものを尊崇の念でみてくれるのでしょうか。日本の歴史に根ざしているこの天皇制度が崩れたら、日本は四分五裂してしまうかもしれない。この女系天皇容認という方向は、日本という国の終わりの始まりではないかと私は深く心配するのです。

 今の典範のままではいずれ先細りで皇位継承者がいなくなる可能性はありますから、陛下がご自分の御世で確かな方法を考えて欲しいというくらいのことをおっしゃった可能性はあるかもしれません。しかし、具体的に女系を容認せよ、とか長子優先とか、そうおっしゃる可能性は間違ってもない。陛下はそういうことをおっしゃる立場ではないし、非常に真面目な性格からしてもそのような不規則発言をなさることはあり得ないでしょう。

 私が国民にお願いしたいのは愛子さまが即位されるにしても、少なくとも30年から40年先であり、その間にこれまで皇統を維持するために先人がどんな方策を取ってきたかという事実をよく考え、さまざまな選択肢があると認識し、物事を決めて欲しいということです。
*****

殿下のご発言の中で陛下の思いにも触れている。非常に重要なご発言だと思う。皇族の方々が皇位継承について持っていらっしゃる〝常識(=男系維持)〟が、例の有識者会議のメンバーは〝常識〟どころか〝どうということもない〟という事にして無視した。

昨日の産経に男系男子継承の具体的な提案があったので、長いけど読んでみてほしい。

*****
『双方向プラザ』
(産経新聞1月8日朝刊 ネットソース無し)
「男系男子の皇位継承策は? 旧宮家3男児から天皇を」

■■読者から■■
 政府の「皇室典範に関する有識者会議」が昨年まとめた「女性天皇・女系(父方をたどっても天皇につながらない)天皇容認」「男女を問わず第一子優先の皇位継承」の報告書をもとに国会への法案提出が進んでいますが、〝中継ぎ〟以外の女性天皇は前例がありませんし、そのお子さまが即位されれば初の女系天皇ですから正統性をめぐって紛争になるのは必至です。皇太子さまの長女、敬宮愛子さまの将来を議論するのは心苦しい限りですが、具体的なシミュレーションが必要です。男系(父方に天皇の血筋を引く)男子による皇位継承を維持するためには、どなたに天皇にご即位いただけばいいのでしょうか。
=東京都港区、主婦(三二)

■■中川筑波大教授が提言「愛子さまには皇后に」■■

■ 皇室典範改正をめぐって保守派知識人は、所功京都産業大教授や高森明勅拓殖大客員教授らが「女系やむなし」を表明していますが、主流は「皇室典範問題研究会」(代表・小堀桂一郎灯台名誉教授)など男系維持派です。愛子さまが天皇に即位されても、過去の十代八人の女性天皇と同じく男系女子なので、女性天皇反対よりも女系阻止に重点を置いているとみられます。
 愛子さまの次の天皇も男系で維持するため、昭和二十二年にGHQ(連合国軍総司令部)の圧力で臣籍降下(皇籍離脱)した十一宮家のうち男系男子で存続している旧賀陽宮(かやのみや)家、旧久邇宮(くにのみや)家、旧朝香宮(あさかのみや)家、旧東久邇宮(ひがしくにのみや)家、旧竹田宮家を復活させたり、その中から特定の人を皇室に養子に迎えるなどして、愛子さまの配偶者になってもらおうという案が出ています。
 この「愛子天皇・旧宮家〝皇配陛下〟」案に対して、「旧宮家天皇・愛子皇后」でないと皇室の伝統や配偶者の問題から男系が維持できないとして女性天皇反対を強く訴えているのが、英米保守主義の政治哲学や憲法思想が専門で昨年『皇統断絶』(ビジネス社)を出版した中川八洋筑波大教授です。「現状での女性天皇即位は必然的に皇統断絶につながる」という中川氏の論に沿って男系男子維持の方法をみてみましょう。

■女帝は独身の伝統
 これまでの女性天皇はいずれも男子のお世継ぎが幼少だったことや特定の政治状況に対処するための例外的な〝中継ぎ〟でした。現在の状況のように男子の皇位継承者がいないために女性が即位したわけではありません。男子がいないからといって女性が即位しても、そこで皇統が途絶えるだけで、問題の解決にはならないからです。
 また、いずれの女性天皇も皇后、皇太子妃だった未亡人か、生涯独身でした。即位後に子供を産んだ例は全くありません。「女性天皇は未亡人か独身。決して出産しない」が皇室の不文律なのです=表

■10代8人の女性天皇■
  婚姻関係 即位の経緯
33代 推古天皇 未亡人 弟の崩御後の中継ぎ
35代 皇極天皇 未亡人 夫の崩御後の中継ぎ
37代 斉明天皇
(皇極天皇が再即位)
未亡人 弟の崩御後の中継ぎ
41代 持統天皇 未亡人 夫の崩御後の中継ぎ
43代 元明天皇 未亡人 子の崩御後の中継ぎ
44代 元正天皇 独身 母の退位後の中継ぎ
46代 孝謙天皇 独身 父の退位後の中継ぎ
48代 称徳天皇
(孝謙天皇が再即位)
独身 政治混乱で中継ぎ
109代 明正天皇 独身 父の退位後の中継ぎ
117代 後桜町天皇 独身 弟の崩御後の中継ぎ

 愛子さまが結婚しようとなされても、過去に例のない「天皇のお婿さま」がみつかるかどうかという現実的な大問題があります。中川氏は「将来天皇になられる女性と結婚しようと思う男性は野心がある者だけ。『きっとすてきなお相手が見つかるはず』という『愛子天皇』論は無責任な楽観論です。生涯独身を強いることになってしまいます」と話します。
 愛子さまのお子さまのご即位で初の女系天皇が誕生して皇位の正統性に疑問が生じるのではなく、愛子さまご即位の時点で皇統断絶の恐れが強まるというわけです。
 また、愛子さまが皇太子になられれば、孝謙天皇(称徳天皇として再度即位)以来の二例目の女性皇太子です。称徳天皇といえば、怪僧・道鏡に篭絡され、皇位を狙われた悲運の天皇として知られています。
 「孝謙・称徳天皇の生涯を振り返れば、『ぜひ皇太子に』と申し上げることができるでようか」

cat_0601_091

■神武天皇の血継承
 皇位を継承する男系男子に〝嫁ぐ〟という形でしか愛子さまのご結婚は難しいという主張ですが、では誰に皇位継承者になっていただけばいいのでしょうか?
 「恐れ多いことですが、重大な問題なので具体的に想定させていただきます」として中川氏は、愛子さまと年齢が近い旧宮家の三人の男児が候補だと提言しています。
 旧賀陽宮家の在デンマーク大使館一等書記官、賀陽正憲氏(四六)の長男、二男(いずれも小学生)と旧東久邇宮家の住宅建材商社勤務、東久邇照彦氏(二六)の長男(二つ)です。いずれも神武天皇以来の男系の血を継承しています。=系図
 皇太子さま(または秋篠宮さま)の次の天皇に即位すると仮定した場合、男系でたどると、三人とも三十九親等離れた皇位継承になります。しかし、女系を含めた通常の数え方だと、旧賀陽宮家の二人は香淳皇后を介して九親等、旧東久邇宮家の一人は昭和天皇の長女、東久邇成子さんを介して六親等です。
 旧宮家はいずれも約六百年前に今の天皇陛下の血筋と分かれた伏見宮(ふしみのみや)家の系統ですが、中川氏は伏見宮系は決して傍系ではないと指摘します。
 「伏見宮系は〝祖系〟(源流)。光格天皇以降、今の天皇陛下に続く閑院宮(かんいんのみや)系はそこから分かれた〝支系〟といえます。伏見宮家はいざというときに皇位を継ぐため創設された宮家。こういうときこそ出番なのです」

■今から皇籍復帰を
 約六十年前に皇籍を離れた一家が復帰するのは非現実的だという声もありますが、中川氏は「二千年の歴史の中で六十年は一瞬。それに、皇位継承の危機が訪れるのは数十年後。今、皇籍復帰していただければ、その間に皇族らしくなるし、天皇となる方への教育もできます」と話します。
 旧竹田宮家の竹田恒泰氏も昨年出版した著書で、皇籍復帰について「皇室の尊厳と存在意義を守り抜くために、旧皇族の男系男子は責任を感じなくてはならない」と述べています。
 三人の男児には、今から皇族としての生活になじんでもらい、そのうちのどなたかに天皇に即位していただき、愛子さまには皇后になっていただくー。中川氏は「それが皇統を継続する唯一の方法」と断言します。
 このように男系男子を維持する方法の提言があるほか、皇太子さまや秋篠宮さまに男児が誕生されるのを国民が待望していることも事実です。政府や国会には二千年の伝統を踏まえた責任ある判断が求められます。
(渡辺浩)
*****

約2600年前の神話の時代から連綿と続いた男系天皇を今までどおり継続する方法は、実はあるのだ。こんなに重い伝統を今の世でひっくり返す必要がどこにある?

|

« 祝!五輪出場 | Main | 拉致問題での誘導に注意! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/8076294

Listed below are links to weblogs that reference 寛仁親王殿下のご発言に注目!:

» 日本建国 初代アマカミ「クニトコタチ」 その1 [びーちぇの「ヲシテのクニ」]
初代アマカミ「クニトコタチ」さんは、どんなお方だったのでしょう。 ヲシテ文書か [Read More]

Tracked on January 11, 2006 at 09:39 PM

» 寛仁親王殿下 女系天皇に反対意見 [王様の耳はロバの耳]
寛仁さま見解に懸念表明 「心配」と宮内庁次長 (共同通信) - goo ニュース 昨日朝 新聞を開いたら文芸春秋の2月号に“なぜ私は女系天皇に反対なのか”との記事があるのを知り清水の舞台から飛び降りる勇気を奮って買った なにしろ近頃は出すものは舌を出すのも嫌だという位省エネ節約生活をしているから¥730は贅沢な買い物となった {/hiyoko_cloud/} さて本題だが記事は三笠宮寛仁親王殿下とジャーナリスト桜井よしこさ�... [Read More]

Tracked on January 11, 2006 at 10:03 PM

» 『語られなかった皇族たちの真実』 [悪の教典楽天市場店]
 本日は旧暦十二月十日。師走、芹栄う。 今読んでいるのが「語られなかった皇族たちの真実」、著者は旧皇族竹田宮家四代目に当たる竹田恒泰つねやす氏。竹田家初代当主竹田宮恒久つねひさ王の妻は明治天皇第六皇女昌子まさこ内親王なので、竹田恒泰氏は明治天皇の玄孫で...... [Read More]

Tracked on January 15, 2006 at 05:42 PM

« 祝!五輪出場 | Main | 拉致問題での誘導に注意! »