« テレビの報道って最低 | Main | じゅんちゃんてば! »

January 28, 2006

【猫便】茶ミのねぐら

cat_0601_281

↑冬場の茶ミの寝床その1はキャットタワーのホコラの中。見て、このウットリとした表情!普段はだいふくのでっかい背中がはみ出しているが、気が向いたときにだいふくを追い出して入り込む茶ミなのだ。女はつよし。

kitsの毛皮帽子の中に湯たんぽが入ってヌクヌク~♪でございます。

茶ミ「ほんとは、キャットタワーはだいふくの寝床なんだけど猫パンチ数発くりだしたら、あいつ、『くぅぅ』って鳴いて出て行ったにゃ。図体はでかいくせに弱いにゃりね。」

cat_0601_282

茶ミの寝床その2。今年に入って新設したねぐら↑。ちゃぶ台にベッドカバーの布をかぶせ、下にムートンラグ(通称メリーさん)を敷いてある。茶ミの昼寝はたいていココで。夜はだいふくの寝床となる。

茶ミ「メリーさんをにんげんに敷いてもらったし、、、これでおひるねはOKにゃ」

cat_0601_283
茶ミ「メリーさんはフカフカして気持ちいいにゃ。おもわずモミモニしちゃうにゃ。」

そして茶ミの寝床その3はkitsの布団。

夜、kitsが布団に包まると、決まってkitsの頭の上から掛け布団を前足でカキカキする茶ミでございます。

そうやればkitsの布団が Open セサミ! あら不思議、うぃぃーーんと持ちあがって茶ミはkitsの腹のあたりに潜り込めるのでございます。

kitsが爆睡してて布団が持ち上がんなかったらどうするかって?

そしたらkitsの耳元で『フンっ、フンっ、フっ』と鼻息を掛けてみる茶ミなのでございます。それで、にんげんが起きなかったら、今度はkitsの髪の毛を舐めたりかじったりしてみるのでございます。それでもダメなら、ちっちゃく『ニャ』、続いて『にゃぉー、むぉ』と大声で鳴いてみる茶ミでございます。そこまでやれば大抵にんげんというものは目が覚める様子でございますよ。

茶ミ「夜はひえこむから、にんげんの布団の中がいちばん快適にゃ。にんげんのおとこは、ねぞうが悪いし、いびきもうるさいから嫌いにゃ。」

【2006.1.29 add】
◆ま・ここっとさんの「春風に乗って、あお~ん♪」へTB
どこのご家庭も猫sの寝床場所とり争いは熾烈なようでございます。ま・ここっと家のぷろすぺーるくんもオシリクサイ族だとか。うちの2匹、とくに茶ミがそうなんだよな・・・。

|

« テレビの報道って最低 | Main | じゅんちゃんてば! »

Comments

ああ、猫のモミモミ姿を見るのが好きなのです。
茶ミさんのモミモミ写真、伝わってくるものがあります。
ウチの猫は時々間違って私の太腿をモミモミします。
痛いですね、あれ。お気をつけくださいまし。

Posted by: ま・ここっと | January 29, 2006 at 06:33 AM

>ま・ここっとさま
コメントありがとうございます♪
猫にゃんのモミモミって、傍から見るとまるで手もみ職人の風情で笑っちゃいますよね。

>痛いですね、あれ。お気をつけくださいまし。
はい(笑)。マメに爪きりしておきます!

Posted by: kits | January 29, 2006 at 12:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74279/8378421

Listed below are links to weblogs that reference 【猫便】茶ミのねぐら:

« テレビの報道って最低 | Main | じゅんちゃんてば! »