« July 16, 2006 - July 22, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »

July 29, 2006

【猫便】ある日の災難

今週半ばのある蒸し暑い夜、我が家に初ゴキブリが出没しました。

茶ミがテレビ台付近に妙に固執しており、

変だな・・・妙だな・・・

と思っていた矢先、4cmほどの黒い物体がテレビ台のガラス扉を斜めに走り去るのが見えました。

と同時に我が家は超厳戒態勢に突入しました。

Tが丸めた新聞紙を手に奮闘し、10分後、不法侵入者の撃退に成功しました。

いや~とりあえずホッとした~。

去年はゴキのゴの字も無かったのに今年はこれで2匹目です。つい先週もベランダで昼の日中にでかいゴキを発見し、Tが不在だったので仕方なく私がゴキジェットで悶絶させたのでした。

急にゴキが発生するような環境の変化が我が家周辺で起きてるのでしょうか?

例えばチマタで話題のゴミ屋敷がご近所に出現、とか。

やぁねぇ・・・。とにかくゴキだけは勘弁してほしいです。

・・・そして一昨日の夜。

我が家のキャットタワーが2人+2匹で家族団欒中の一家を襲いました。

突然、

メリメリメリっ!

と音を立てて上半分が真っ二つに折れ、2人+1匹のいる居間の真ん中に倒れてきました。

Cat_0607_291

↑この写真は去年、買ったばかりの元気な頃のキャットタワーです。

つい数ヶ月前、天井まで届くように組み立て直したのがあだになったのでしょうか。おそらく天井に突っ張って強度を増す部品がシッカリ設置されておらず、どこかに無理な負荷がかかっていたのでしょう。見事に真っ二つに折れちまいました。

幸い、タワーの真下に居た2人+1匹は直撃を免れ無事でしたが、問題は倒れる直前までキャットタワーの穴倉で居眠りこいていた茶ミです。

Cat_0607_292

そうそう、↑こんな感じですっかり寛いでいた茶ミだったので、折れたタワーとともに居間の真ん中に落っこちてきたのでした。

ま、猫だし、俊敏に着陸しケガは無かったのですが、精神的ショックで瞳孔は開き、心臓はドックンドックンいってるのが傍から見ていてもわかりました。

結局、当日の夜は居間に近づけなかった茶ミなのでした。

災難だったわね、ごめんね、茶ミ。

Cat_0607_293

一方、直ぐに立ち直ったのが、タワーが倒れた瞬間に居間で腹をおっぴろげてニンゲンになでなでしてもらっていただいふくです。

倒れた直後は一目散に逃走して姿をくらましたものの、タワーの残骸が片付け終わるのを見計らって居間に戻ってきて、再びニンゲンに腹をなでなでしてもらうだいふくなのでした。

、にしても、タワーの残骸、、、やっぱり粗大ゴミで出すしかないよな・・・。もったいないやらめんどくさいやら。。。やれやれ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 25, 2006

冨田メモ 覚書

2ちゃんねらーの活躍により例の冨田メモの3ページ目が解読されたらしい。

               63.4.28 〔■〕 
☆Pressの会見             
[1]  昨年は             
  (1) 高松薨去間もないときで    
    心も重かった          
  (2)メモで返答したのでつく     
   していたと思う          
  (3) 4:29に吐瀉したが その前で
   やはり体調が充分でなかった   
  それで長官に今年はの記者     
  印象があったのであろう      
  =(2)については記者も申して    
  おりました            
                   
[2]  戦争の感想を問われ       
  嫌な気持を表現したが       
  それは後で云いたい        
   そして戦後国民が努力して    
  平和の確立につとめてくれた    
  ことを云いたかった        
 "嫌だ"と云ったのは 奥野国土庁長  
  の靖国発言中国への言及にひっかけて
  云った積りである

明らかとなったこの3ページ目の文脈はプレス会見について昭和天皇ご自身が解説している風にも読める。解説したのが天皇ご自身であったのかネットで話題の徳川侍従長であったのかは今のところ不明。

さて、この『プレス会見』とは一体どの会見か?

愛・蔵太さんが相変わらずの冷静な分析で、一番可能性の高そうな1988年4月25日の会見を紹介している。・・・いつもながら見事です。

この4月25日の会見をもとに前回の21日の拙エントリーの年表を補強してみる。(赤字表記)

1972年12月22日 奥野誠亮 116代文部大臣就任 ~1974年11月10日
1978年     A級戦犯合祀
1985年8月15日 中曽根首相・閣僚ら 公式参拝
1986年4月29日 天皇陛下御在位六〇年記念式典(文部省主宰)
1986年7月22日 藤尾正行 132代文部大臣就任・同年罷免
1986年8月15日 みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会(会長・奥野誠亮)が集団で参拝

1987年11月6日 奥野誠亮 16代国土庁長官就任 ~88年5月13日
1988年4月22日 奥野誠亮 靖国神社参拝
          その際、閣僚の靖国神社参拝を問題視する傾向を批判
          中国の反応も批判
1988年4月25日 天皇誕生日 記者会見

1988年4月28日 冨田メモ
1988年4月29日 天皇誕生日

冨田メモの主語が誰か?「いまのところ不明」というのが一番正確。

≪参考サイト≫
◆『愛・蔵太の少し調べて書く日記』- 昭和天皇は1988年4月25日、生涯最後の誕生日記者会見で何を話し、その日は何をしたのか。それと「昭和天皇発言メモ」の検証
◆Wikipedia

≪関連記事≫
7月21日『気の毒・・・昭和天皇も松岡・白鳥両氏も』 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 24, 2006

【猫便】不思議な寝相

Cat_0607_241

だいふくの寝相は不思議です。

これなんか↑

腹筋?

、と聞きたくなります。

Cat_0607_242

これでホントに眠れてんのかしらん?

ニンゲンにお腹を撫でさせる高度な作戦なのぢゃ・・・?

Cat_0607_243

どうして、こんな場所(キャットタワーの中段)で頭をつっかえながら寝る必要があるのかしらん?

どう見ても"笑い"を取りたいとしか思えません。

Cat_0607_244

我が家のムードメーカーとしてのだいふくの地位は、当分、揺ぎ無いもののようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 16, 2006 - July 22, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »