July 09, 2006

極東のワイドショーの過剰な期待

今日は雑感。

つい今朝ほどW杯ドイツ対ポルトガル戦が終わり残すは決勝戦イタリア対フランス戦を残すのみ。寂しいのぉ・・・。
一方で、寝不足のために頭がガンガンするのも明日で終わりか・・・と思うと少しホッとしたりもして。

今朝のポルトガルの負けっぷりも気の毒だったなぁ。いくら強豪同士だとしても、あんな負け方をするのだね・・・。

さて、ひきこもり妊婦の私は昼間のワイドショーヲチが日課となっているのだが、ここ数日間、どの番組も北朝鮮の話、中田引退の話、王監督の話ばっかでいささか食傷気味なのである。

食傷気味になると根性が少しばかりイヂワルになる傾向があるらしく、その矛先は神妙な面持ちで『?』なコメントを発するワイドショーのコメンテーターに向きがちになるのだった。

日本チームが敗退してからめっきり減ったW杯情報だが、たま~に真昼間の主婦向けワイドショーの最中に取り上げられることがあるのだ。中でもフランスはジダンとともに取り上げられることが多い。「お?」と注目する私。しかし、いただけないのがその時のコメンテーター達。もともとサッカーに興味の薄い方々なのに、なんとかコメントしなきゃいけない苦しさからか

「フランスは最近も差別が原因で問題が起きているけれど、その差別の対象である移民出身のジダンが頑張っているのはいいですね」
「みんなでジダンを応援すれば、その差別問題を克服するキッカケになると思いますね」

てなことを、のたまうのであった。

これ、私のイヂワル根性に速攻で点火。フランス暴動のこともジダンのことも実はよく知らないし興味も無いくせに(少し調べたら速攻で分かることなのに)したり顔で大人風なコメントすな!単純な差別問題にすり替えんな!・・・等等、その後は該当のコメンテーターとそれに同意した草野さんとか小倉さんとか大和田さんにブーイングの私であった。

確かにヨーロッパのサッカーの試合で人種差別的な野次や嫌がらせは存在し、それが問題となっていることは事実。でもそれと先のフランス暴動は全くの別問題だし、フランス暴動とジダンも関係ねぇっぺ?(茨城弁)というのが私の感想だ。

極東の真昼間のテレビで何をのたまおうが全世界的には『屁』ほどの影響でしょうが、しかしイヂワル根性の妊婦約1名はムキになって反論してしまうのだった。いと哀れ。

なんかねぇ、、、視聴者が無知だと思ってか、浅い知識でコメントしてんのが許せんのだよ。
別にわたしゃフランスの研究者でもなければフランスに居た事も無い。が、この極東の小さな島国に居ても情報は得られるんだもの。正しくないことには反論せずにはおれんでしょ。

*****
『Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。』
ここらでもう一度、Mr. Made in Marseilleの登場だ!

(…略…)
ところがジズゥ(ジダンの愛称:kits注)の先祖であるKabyleカビル族の人々はイスラム教を信仰すれど、アラブ人との混血を選びませんでした。それが原因で現在に至るまで「自称アラブ」となったアラブ系マグレブ人からカビル系マグレブ人は「アラブの血を引いていないこと」を理由に差別されています。

(…途中略…)

私のかつてのマグレブアラブ系クラスメート♀たちは「ジズゥはイケないヒトよ」と言います。
なぜジズゥがイケないヒトなのか、その理由は次の通りです。
*イスラム教徒なのにイスラム教徒女性ではなくスペイン人の踊り子
 Veronique (ヴェロニク)と結婚した。  
*つまりイスラム教徒ならアラブ女性と結婚してアラブの血を引く子をなす
 べきである。
*ジズゥは子供二人にマグレブの名前ではなく欧州系の名前を与えた。
  ジズゥのお子たちの名はEnzo (エンゾ)とLuca (ルカ)です。

んまあ、黙って読んでりゃ、ココ半月ほどどこぞで悪の権現とみなされる「一見普通のフランス人」と世界中から憐憫の情を集めている「(フランスで最も差別される)北アフリカ出身イスラム教徒の方々」のどちらが血統大好き主義者なんだかわからなくなってきますね。とにかく上述3点はマグレブアラブのイスラム教徒としてはこの上なく「イケないジズゥ」なんだそうです。

(…途中略…)

このような背景があるせいでしょうか。今回の暴動に限らずマグレブ系の問題が共和国内で勃発してもジズゥは引っ張り出されません。「フランスで最も差別されているかわいそうな人々」と呼ばれている方々に差別やら区別されているのがジズゥなんであります。
でも暴れん坊さんたちも、ジズゥをあーでもこーでも言うヒトも、ジズゥご本人も、みんな、

現在は「フランス共和国民」です。

*****

確かにジダンは差別・区別されてる人種の出のようではあるけれど、その差別をしているのは「一見普通のフランス人」よりもジダンと同じ「(フランスで最も差別される)北アフリカ出身イスラム教徒の方々」なのだという事実↑。「フランスの差別問題をジダンが救う!白いおひと(生え抜きの仏人)も浅黒いおひと(移民)もジダンを応援すれば皆仲良し!」なんていうロジックは極東の島国にのみ通じるロジックなのでは御座らぬか。

更にもうひとつ。

私の感想を言えば、あのフランス暴動は移民への差別が原因というよりは下記のような摩擦が原因な気がしている。

「フランス共和国民」の定義というか認識はこんな感じではなかろうか…「フランス共和国民」であれば移民であろうがどんな信仰宗教の人間であろうが「フランス共和国民」としての義務と責任を平等に負う、と同時に「フランス共和国民」としての権利を平等に得られる

ところが、「フランス共和国民」として負うべきこの「義務」と「責任」を、自己の信仰宗教や出身国の慣習を理由に平気で放棄し、一方で「権利」ばっか得ようとする〝一部の人間〟が居り、その人たちと、あくまで「フランス共和国民」としての「義務」と「権利」を果たしてもらおうとする普通の「フランス共和国民」との摩擦が暴動の主たる原因ではないのだろうか。そして、そういう〝一部の人間〟に移民の方々が多いということなんぢゃなかろうか、と私は理解している。

ジダンを応援したからって、こんな問題を解決できんのか?え?
あたまん中、お花畑にしてんじゃねーよ…

・・・kitsのブーイングは続くのであった。

(関連記事)「フランス暴動に思うこと」November 12, 2005

| | Comments (4) | TrackBack (1)

September 22, 2005

スパイ大作戦 in 日本

KGB、東京湾で破壊工作 元職員の著書で判明 60年代計画 日米関係悪化狙い 2005年 9月21日 (水) 15:51

 【ロンドン=蔭山実】東京で一九六〇年代に活動していた旧ソ連国家保安委員会(KGB)の工作員らが日米関係を悪化させるため、東京の米国関連施設の爆破や、東京湾に放射性物質をばらまいて米国の原子力潜水艦の責任にする破壊工作などを計画していたことが元KGB職員の故ミトロヒン氏の文書を集めた著書で判明した。
 著書は「ミトロヒン文書第二巻 KGBと世界」のタイトルで、十九日に英国で出版された。ミトロヒン氏は九二年にKGBに関する大量の機密文書を所持して英国に亡命し、昨年亡くなった。今回出版された著書は世界各地でのKGBの活動を記した同氏の文書が収録されている。

 日本では、六五年にKGBの東京駐在官事務所が当時のベトナム反戦デモに合わせ、起爆装置を米国製たばこの箱に隠した爆弾を、日本にいる協力者に米国文化センターの書棚に仕掛けさせ、翌朝に爆破させる計画を立案。KGBの犯行を隠すため、米国攻撃を訴える右翼団体のビラも偽造しようとしたという

 六九年には、東京湾に放射性物質をまき、横須賀基地の米原潜のせいにする工作が検討されていた。ただ、米国製の放射性物質の入手が難しいことなどからKGB本部が計画を却下したという。破壊工作以外にもKGBは外務省に協力者をつくり、冷戦下でKGBが日本に情報網を築いていた状況がうかがえる。

ほぉ~。いろいろやってくれるもんですな。

故ミトロヒン氏の文書とは「ミトロヒン文書第二巻」のことで、英国で19日、出版された

産経新聞の朝刊によると、

(産経新聞より引用)
KGBは日本の外務省内で協力者づくりに成功し、60年代から少なくとも79年までは二人の外務省職員が多くの機密文書をKGB側に提供。また70年代後半には外務省の電信官から重要情報の提供を受け、政界やマスコミにも協力者がいたとしている。

「外務省の電信官」「政界やマスコミ」の協力者って?!

ちょーー知りたいんだけど!

旧ソ連のスパイ大作戦にはこんな話もある。

「一知半解」さん ”スパイ”に関するミニコラム

MVD(旧ソ連内務省)が、スパイに仕立てようと狙った日本人の優先順位は、皇室関係者、政治家、財界人となっていた。この順位に基づき、MVDのラストポフ中佐は1000人を超えるスパイ網を作り上げたとされている。

まさか『皇室関係者』って?!とビックリしてしまうが、旧ソ連はヨハネ・パウロ2世も標的にしていた様子があり(下記参照)、その辺の遠慮や躊躇は全く無い模様。

『ラテンなニュース』さん 教皇庁でのスパイ活動告発より引用

(4月)28日付けのコリエーレデッラセーラ紙(伊)によると、疑惑の対象となっているのは、ポーランド人のコンラッド・ヘイモ神父。ポーランド人のローマ巡礼や法王との謁見の裏方を務めていたという。(・・・途中略・・・)そのうえで同記事は、1981年のアリ・アジャによる法王暗殺未遂事件の際、旧東側からの指令があった事実に触れるとともに、ミトロヒン事件にからんで、ワルシャワのKGB工作員がモスクワに送った通信文のなかに以下のようなメッセージのあることを紹介。

『「指令は完遂された。我々の仲間は、バチカン内における作戦上重要な地位を占めており、法王およびローマ教皇庁(Congregazione romana)に直接コンタクトを取ることが可能だ。そのほか、ヨハネ・パウロ2世の個人的な覚えも良く、いつでも謁見できる専門工作員もいる。」』

そのほか同記事は、1990年7月5日付けの「チェーシスメモ」に、KGBが法王の信用失墜を狙っており、聖母マリア像内部にまで小型マイクが仕組まれたほか、秘書官の住まいまで監視されていたとあったことを伝えるほか、当時、スパイ事件の調査に携わっていた判事が、ドイツで投函された脅迫状を受け取ったことなども紹介している。

先代教皇のヨハネ・パウロ2世は、当時共産圏のポーランド出身であり、ワレサ率いる連帯による民主化を積極的に支援することで、旧東側体制の崩壊に一役買ったとされる。それを思えば、KGBが工作を仕掛けていたとしても驚くにはあたらない。だが、スパイ活動に教皇庁内の聖職者まで関わっていたとすれば、かなりショッキングなことであろう。

バチカンのみならず日本の皇室関係者すら標的にしていたらしい旧ソ連のスパイ大作戦であるが、そんなに対外工作を頑張った旧ソ連は、もはや無く、何やら諸行無常を感じなくもない。

が、それよか、こんなKGBの暴露文が公表されてスルーはまずいんでない?どーせ、中共やら北やらの同類がゴマンと潜伏してるんだろうから、この際、一斉に掃除っっ、、、って事にはならんのでしょうか。

先日、まっちーが対外情報の収集機関新設を発表したけど、それに加えて国内での好き勝手を防止する手立ても急務な気がする。。。

せめて、このミトロヒン氏の告発内容をもとに調査をして欲しいよ。

さて、このミトロヒン文書、インドでも波紋を呼んでいる模様。

冷戦時、KGBがインド閣僚に贈賄=ロシア人作家の著書が波紋より引用

この中で、同氏は米国に亡命したKGBの大物スパイ、オレグ・カルーギン氏の証言として、「インドは第3世界へのKGBの浸透のモデルだった」と指摘。特に1984年に暗殺されたインディラ・ガンジー元首相の内閣に対し活発な工作を行い、インド総選挙の際にガンジー内閣の閣僚4人を含む政治家21人に選挙資金を援助したり、ガンジー支持の新聞社に資金を提供したりしたという。援助を受けた閣僚の1人はメノン元国防相で、同国防相はその後、ソ連からのミグ戦闘機購入にゴーサインを出した。

日本の政界にも外国のスパイがヒッソリといるんだろうけど、そんな非情な日本人を思い浮かべるより、どうもね、お人よしが騙されたような人のほうが連想しやすいんだけど。最近、無派閥になったKとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

長崎議員へのメール(返事はまだ)

cat_0509_16 ←『お返事、お待ちしてるニャリ』

あれだけの大勝利の自民党に一票を入れた自分としては、何だか妙な『責任』を感じなくも無いのである。

自分の選挙区を勘違いしていたこともあり、投票前の立候補者のリサーチが不足したまま「えい!や!」で投票してしまった私は、

「投票した長崎氏は当選しちゃったけど、実際、どういう考えをした御仁なの?」

と、冒頭の『責任』感もあって今更ながら非常に気になり出したのである。

で、メール出してみた。

+++++++(メール全文)+++++++++++

長崎幸太郎 衆議院議員殿

始めまして。<・・・挨拶と自己紹介の部分は省略・・・>

さてこの度、長崎議員にメールしたのは、長崎さんがどのような考えを政治に関してお持ちなのか今一度教えていただきたい事柄があるからなのです。

私の今の住居は茨城県。長崎議員のホームページも拝見しましたが私の知りたい事が載っておらず、長崎議員の演説も拝聴できず、といった私の状況をご理解いただき、お手数ですがご回答いただけたら幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【質問1】
人権擁護法案は廃案にすべきとお考えですか?あるいは成立させるべきでしょうか?
----------------------------------------
自民党内でも根強い反対意見があるにも関らず、古賀誠議員が強力に進めている法案です。静岡7区の城内前議員も、郵政のような強引な手法で執行部にこの人権擁護法案を通させる訳にはいかないという危機感で郵政に反対票を入れたそうです。
陰湿な差別も新たに生み出しかねないこの法案について長崎議員はどのようにお考えですか?
----------------------------------------

【質問2】
外交について、このまま日米の連携強化を推進していくべきでしょうか?あるいは中韓との友好を優先すべきでしょうか?
----------------------------------------
自民党内でも、民主党内でも党内で割れている議論ではないでしょうか。外交については選挙の争点としてマスコミに取り上げられるこのは少なかったのですが、実は自民党支持層、特に若年有権者層は非常に強い関心を寄せている事柄です。
私自身はこの度の首都圏での圧倒的な自民勝利は、民主党の媚中韓外交方針に反発するこの若年層を自民が取り込んだからだと思います。ネットに長けたこの層はマニフェストに載らない真の民主党の素顔・・・相変わらず従軍慰安婦擁護の法案の国会提出を図る、沖縄の主権移譲を主張、などなど・・・を知っているのです。
選挙報道ではマスコミが全く触れないので、当選議員の方々の外交の考え方が不明なままです。是非お考えをお聞かせください。
----------------------------------------

【質問3】
首相の靖国参拝についてどのようにお考えですか?参拝は自粛すべき?それとも参拝すべき?
また、長崎議員ご自身は靖国に参拝したことはございますか?
---------------------------------------
保守であるならばこの問題は避けては通れません。今の日教組がハバを効かせる学校の勉強では決して学び得ない事柄ですが、保守自民党員であるならばマスコミ誘導のステレオタイプな意見で無い事を期待します。
長崎議員ご自身のお考えをお聞かせください。
----------------------------------------

【質問4】
拉致事件について、どのように解決すべきとお考えですか?
マスコミなどのアンケートに既に回答済みでそちらを参照して欲しいということでしたら、そのマスコミ団体などを教えていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

以上、最も気になる4項目について質問させていただきました。
お忙しいとは存じますがどうぞよろしくお願い申し上げます。
なお、ご回答いただいたメールは当方のブログにて公開させていただきたく、こちらも重ねてお願い申し上げます。

長崎議員の御健闘を茨城よりお祈りしております。

2005年9月15日
kits

+++++++++++++++++++++++++

返事、来るかな。。。?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

選挙の後にやること

cat_0509_12

←『これからもチャンと見ていくニャリ!』

選挙結果を見て驚いた~ こんな自民圧勝で、なんだか怖いくらい。

小泉首相の『自民党革命、既にやっちゃってます』パフォーマンスが効いたのだと思う。しかし利益誘導、陳情政治、地盤相続、、、結局は駆逐できないで生き残ったヤツが結構いる。

私の出身地の「秋田2区」、今回投票した「山梨2区」・・・結局、強いんだよね。新党にも加わらず無所属。なんかスッキリしないのに、結局当選。このまま無所属でいてくれればいいんだけど。

他にも郵政決議を棄権した古賀誠氏や小渕優子氏も自民党として当選してしまった。なんだか身の振り方がお上手な御様子で(皮肉)。

私達がどうして自民党に入れたのか?
どうか自民党の方々にはしっかりと分析し、受け止めてもらいた。今更、派閥の論理、永田町のシキタリでゴチャゴチャ始まった日にゃ、2倍返しで批判させてもらう。

さて、私はこのたび、引越し前の住所の「山梨2区」に投票した。その「山梨2区」では、造反オオモノ議員の対抗馬として、自民新人、長崎幸太郎氏がいわゆる刺客として立候補し、小選挙区ではオオモノに敵わなかったものの、比例で救われる様子だ。

ここで私達有権者は、投票した先の立候補者が晴れて当選した場合、その後の彼らの政治活動について厳しくチェックする必要があるのではないか?

投票した→当選した→はい、おめでとう! でお終いにしてはダメなのではないか?

特に今回の選挙では、与党の新人議員が多数発生した。彼らはまだ政治の実績がない。だから、どんな国家感を持っていて、どのような政治傾向があるのか、よっぽどの私的付き合いがないかぎり全く白紙だ。

彼らに投票した一人として、当選させてしまった一人として、有権者と議員との間に政治感覚のズレが大きくならないように、有権者側からアピールしていく事も必要だと思う。例えばメールなどで議員に質問してもいいと思う。

マスコミでは、今回の自民圧勝について、「小泉劇場に有権者がのせられた」とか「演出のインパクトが大きいほうが勝ったんだ」とか「分かりやすいほうが勝ったんだ」とか、まるで

「有権者はバカ丸出し」

みたいな論評が見受けられるが、

有権者はそんな小手先に惑わされるほどバカじゃない。

今後の政治を注意深く見守っているのだ。

【2005.9.16 add】
『Toshibon's Blog』さん 「衆院選雑感」へTB
何と同郷のtoshibonさんからTBを頂いた。秋田2区の有権者にだって利益誘導型の政治家に限界を感じている人がいるんだ~。少し秋田2区を見直した。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 06, 2005

私の選挙区、遠いなぁ

うっかりしとった!(焦) つい数ヶ月前に県をまたいで引っ越した私の場合、選挙権は前の住所の山梨県富士吉田市にあるのだった。したがって富士吉田市から不在者投票の用紙を送ってもらって茨城県で山梨県2区に不在者投票することになるのだった。

あ~どうしよう、マルっきりノーマークだよ山梨2区。

こっちの新聞には山梨の選挙区情報なんて載ってるわけないし。。。

「今回はシッカリ吟味して投票せにゃイカン!」とマジで思っている私な訳で、立候補者の考えおよび公約を知るには、結局ネットのお世話にならざるを得ないんだけど、公職選挙法に引っかかるせいか、各候補者のサイトには、たいした内容が載ってないのよ。

現地にいない私は本人達の演説すら聴けんのよ。だからネットが頼りなのに、ほんと、むかつくぜ!公職選挙法!

こうなったら私が率先して法に違反したるっ!って言っても、別に選挙運動のつもりは無いから違反しようが無いんだけどさ~

私自身は改革路線に賛成だから、それはデフォルトとして、他に判断基準として重要視するものに『拉致問題に積極的か』『人権擁護法案に反対しているか』『外交政策が自虐史に基づいていないか』がある。

山梨2区は、改革について各人の意見は一目瞭然なんだけど、その他の重要事項についてはネットの情報だけでは不安。

特に自民新人の長崎氏は元財務省官僚らしいが政治の実績は当然無く、氏のホームページも内容が薄く、しかも重点政策として地元活性化に主を置いている模様。

これじゃイカンよ、長崎くん。国会議員になるには国の事を一番に考えてくれなきゃ。利益誘導型じゃ、国会はご当地エゴイズムのぶつかり合いにしかならないでしょ?逆に言えば、これが今の日本の選挙民の現実なのか。。。一気に力が抜けちゃうよ。

しかし、他候補の主張も目を覆いたくなる悲惨なものばかり。。。長崎氏の演説を聴きたいなぁ。イライライライライライライライライライラっ!

ま、親中親韓のムシにはぜぇーーーっつたい入れヘンで!っつーことでネット情報で何名かはふるいわけ可能なのは助かった。。。

でも、、、やっぱり気になるなぁ、、長崎氏。外交のこと、どう考えてるんだろ?

あと、国民審査も大事。今回対象となる6名の最高裁判事をちゃんと予習しておかねば。私見では、今回の6名は取り立てて問題も無く、逆に正論者っぽい気がする。

・・しかし、未だに富士吉田市から不在者票が届かん。投票に間に合うのかな?私。これもまた不安。

【ぜひ参考にして!】
国会議員情報局
電脳補完禄 拉致議連・日朝友好議連に所属している議員名簿

「最高裁判所裁判官 国民審査」に、キチンと参加したいあなたへ
◆国民審査のオカズ◆
国民審査のための最高裁判判事紹介

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2005

じゃあ電電公社はどうなのよ?

cat_0508_251

←茶ミ「TVコメンテーターの脅し文句にビックリにゃ!」

テレビでもお偉い評論家、そして田中康夫氏までもが「郵政民営化したら外資の食い物にされる」と煽っている。つまり郵貯および郵便保険に集まる340兆円を外資が狙ってるんだってさ。

つまり民営化された暁には

 外資が株式を買いあさり→最終的に外資に買収される

という事態が起こりそうなんだってさ。本当にそうなの?

じゃあ1985年に民営化されたNTTはどうなのよ?

NTTの発行株式の内訳

 政府保有・・・約41%

 外資保有・・・約18%(法人・個人計)

 国内保有・・・約41%(法人・個人計)

民営化後20年経った今、NTTは外資の脅威にさらされているか?結論はNOでしょ。株式会社化されたって結局は政府のコントロール下にあるのは明白。

やっぱり電電公社は公社のままでよかったと思う人、居るのかな?

電電公社が民営化されてから関連する電気通信事業法は何度も改正され、その都度、事業は民間に解放されていった。1985年の民営化当初は電話線を引ける業者はNTTと第二電電の2社くらいなものだったのに、今や多くの企業が参入している(伝送路設備を有する電気通信事業者)。これは民営化プラス法整備によってもたらされたものだ。

つまり民営化しただけで「民業圧迫」または「経営不振」という風に全てがシロクロはっきりするというモノではない。電電公社みたいなドデカイ企業が民間化する過程で順次の法整備が為されたように政府のコントロールが介在するのだ、という事。逆に言えば仮に郵政民営化が為されたとしても、それは単に最初の一歩を踏み出したに過ぎず、その後も何十年と郵政事業について国会での議論は続いていくはずなのだ。私しゃその後の方が大事なような気がしている。

チマタの郵政議論はあまりにも極論すぎる。。。

もう一つの極論、過疎地の郵便サービスは無くなるとか・・・これ、ちょっと脅迫じゃない?NTTが民営化されたからって過疎地で電話が無くなったの?違うよね。あいかわらず電話は通じるじゃん。確かに都心に比べて過疎地での新サービスの提供は遅れるけど順次都心と同レベルのサービスが提供されている。都心のサービス競合が過疎地でのサービス向上に結びついてる。

ブロードバンドやIP電話の普及などは皆さんご承知の通り民間企業が牽引役となった。NTTでは将来は全ての固定電話をIP化する目標らしい。これも民間との競合の成果では?

結論・・・外資に食い荒らされる、とか、郵便局がなくなって不便になる、とか、、、私にはタチの悪い脅迫にしか思えん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 09, 2005

でも、ほんとうにぶっ壊れて欲しいのは~○○でつからぁーーー!

もちろん古くさーーい自民党は今度の選挙でぶっ壊れるのだ。
でも、本当にぶっ壊れるべきなのは今までだらだらと低下しつづける投票率と、それに比例して政治への影響力を増す組織票、という今の選挙の不健康な状態だろう。

この度の国会のゴタゴタで身にしてみて感じたことは、特定組織に頭の上がらない議員さんの多いこと。

今年の2月の世論調査(注:PDFファイルです)で郵政民営化賛成が49%で反対の30.2%を大きく上回っている。
にも関らず国会ではカナリの抵抗にあうのを目の当たりにすると、世論調査で偏り無く満遍なく抽出された調査対象者より、選挙で投票した者の意見が国政に反映されるのだ、という当たり前の事実に気付かされる。

(あ、ちなみに国民の68.3%は郵政民営化に関心あり、となっている。マスコミや外野(党)が言う「国民が無関心の郵政民営化」なんてセリフは嘘っぱち!)

こりゃ恐ろしいことよ。
国民の総意は国政に反映されてないんだから。
国政に反映されるのは、組織で票をまとめられる特定の団体の利益だなんてとんでもなくバカバカしくない?

国の政治に一言いいたいなら、まず投票!
自分の一票で何が変わるの?と思うかもしれないが、投票数の分母が大きくなればなるほど組織票の影響力は小さくなるのだから、無意味なことは決してない。

前回の衆議院選挙の投票率は、小選挙区で59.86%、比例区で59.81%と、戦後2番目の低投票率。
有権者の5人のうち2人は棄権したってこと。
棄権した2人は他に用事があったり、あるいはすっかり忘れていたり、あるいは選挙なんてどうでもよいと考えたのかもしれない。
その結果、ある団体の利益という目標をもった人を含むこの投票した3人のための政治が行われることになるのだ。

自民党がゴッタゴタに揉めたが、棄権した有権者にもその責任はある。
国民の総意としての政治をしてほしかったら、やはり投票するしかない。

この度、小泉首相は国政の舵取りを国民へ預けた。
特定団体や業界の利益を中心にまわる国政なんて、もう、うんざりさ!と感じたら投票するべし!

関係ないけどこんなソフトがあるなんて知らなんだ・・・
選挙支援システム「大票田」 By HITACHI
直ぐにでも当選できそうな錯覚を起こすほどの素敵なネーミング♪
誰がどういう風にこのソフトを使用しているのか興味あるな~

| | Comments (0) | TrackBack (4)

June 28, 2005

大丈夫かよ?韓国さん

いや~ご無沙汰してしまいましたなぁ。
やっと転居先および引越しの段取りが決まり、ようやっと今日は数時間の自由時間が確保できましたわい。
今、巡回ブログの記事をざっとまとめ読みさせていただいたところです。

ネット出来なかったこの数日、ニュースはテレビに頼るのみだったが、案の定、大事なニュースはネットで知るしかないという今の日本の歪んだ報道現状を再確認した次第。
特に拉致被害者家族の座り込みについては、どの局もさらっと触れる程度。
座り込み終了の翌日に万景峰号が新潟へ入港し、それへの抗議のためにご家族が休むまもなく新潟港へ向かったことは、今日の今の時点ではテレビ報道は皆無。どーなってんのよ?
民主の岡田代表が座り込みご家族へ顔見せパフォーマンスしたらしいが、そんなの画入りで報道する価値ないって!それなら過去のヤツの拉致被害に関する暴言も一緒に報道しろよ!

引越しのため、塾の仕事も先週で辞めたので久々に『TVタックル』を観た。
観て驚いた!朴一なる在日3世の教授の発言に!
日本は軍備増強してるだの、日本は軍国化するかマルゴシになるかどちらかにしろだの(彼は日本にマルゴシになって欲しいらしい)、北への経済制裁は言語道断だの、あげくの果てにハマコー氏が「何故、南北朝鮮は統一できないか?」の問いに「分断したのは誰だ?」と返す始末。論点すり替えんなよ!ついでに言えば朝鮮半島を分断したのは旧ソ連とアメリカだ。文句言うならそっちへどうぞ。

朴氏は主張する相手を間違えている。軍備増強を非難すべきは北朝鮮と中国であり、日本が軍備増強するか否かは朝鮮半島情勢が大きく影響する話であって韓国の身の振り方次第でもあるのだ。日本に文句垂れる前に自国の足元をよーーーーーーっくご覧になるべきだ。のむひょん酋長は親北路線まっしぐらで、朝鮮半島には実質、核保有の全体主義国家がひとつ出来つつあるが、朝鮮半島がそういう路線である以上、日本は自衛のために軍拡方面に進む事こそあれ、マルゴシ方面に進むことなんぞ未来永劫有り得ない。

そもそも人権侵害国家を潰すどころか援助する韓国。一体韓国はどこへ向かっている?この21世紀に時代を逆行するように全体主義国家へ突き進んでいるようにしか思えない。それを韓国国民は是とするのか?

さて、毎度ではあるが天皇のサイパン追悼に文句を言った韓国人。これにサイパン現地では反発が起こっているようだ。
東京新聞 6月27日より引用

 「サイパン韓国人会」は今月、事務所の前に「日本の天皇は戦争中に犠牲になった韓国人に謝罪しなければならない」と書いた横断幕を張り出した。日本政府に対しては「サイパンの韓国人慰霊碑も訪問してほしい」と申し入れた。
 だが横断幕のことが地元紙に紹介されると、波紋が広がった。同紙には「韓国人会は反対運動を控えるべきだ」との投稿が寄せられ、同会は二十四日になって横断幕を外すことに。キム・スンベ会長(44)は「尊敬する司教から外すように言われたので従った。地元の意向は尊重しなければならない」と語り、周囲の反発の強さを示唆した。

『あんた何様?日記』さんの引用記事より
サイパン居住者ジョン・ブランコ氏は、韓国人の予定の抗議が
次の火曜日に催されるならば、チャモロとカロライナの先住民に島で
韓国の企業をボイコットするように呼びかけている。

こういう報道を見ると、どうも韓国の国際バランス感覚に不安を感じてしまう。冷静な現状判断が、こと国際関係において出来ないんじゃないか?
前述の朴氏のような意見もあっていい、サイパンの韓国人の抗議活動もあっていい(未遂だが)。しかし、これらの意見に対して反対意見が聞こえてこない今の韓国に大きな不安を感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

ドタキャンされました。

呉副首相の会談キャンセルが波紋を呼んでいる。
そこで、この度のドタキャン劇を、ネット上のソースを元に時系列で並べてみる。

Continue reading "ドタキャンされました。"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 21, 2005

エンタの民主党!

cat_0505_21<--笑ってる?茶ミ

午前中は魚屋で肉体労働のkitsで~す♪あ~疲れた・・・
4日ぶりにようやくパソコン立ち上げたkitsで~~す♪あ~寛ぎぃ・・・

(元の)職業柄、パソコンは何時間やってても苦じゃないのだが、肉体労働後にパソの画面を見るのってキビシイのよね。文字を追う場合が特にキビシくて、文字がちらつくので、長文を読むのが苦痛ーっ。でもネットはストレス解消ーっ。嗚呼、じれんま~。

さてブログ小休止の間、郵政民営化がらみで国会がオモロイ事に(嘲笑)

Continue reading "エンタの民主党!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)