April 15, 2009

【猫便】超ごぶさた

あれからずいぶんな月日が流れてしまいました。。。

皆様お元気でしょうか。。。だいふくです。

我が家はあいかわらず2歳になるちびっ子怪獣に支配され、われら猫sは肩身のせまーーーい日常をおくってます。

このちび怪獣、前は居間だけを不法占拠してたものの、ベビーフェンスで包囲されてたからそれ以外のキッチンや納戸部屋や風呂トイレ等等はわれらの天下だったのに、

去年の夏辺りからじわじわと侵略を重ね、今じゃ納戸以外はちび怪獣の陣地になっちゃって、キッチンでお飯食べるんだって怪獣のすきを見ながらのスリルあふれるお食事タイムとなってしまって、、、

ほんと、油断したとたん毎日怪獣にどたどた廊下を追っかけまわされちゃうし。。。

猫ゲリラ化した日々をおくっています。

そのうち我ら温和な猫sだってパレスチナ化しちゃうぞ!

猫だってそのうち反撃するのだ!

って、ついこの前は闇夜ににんげんの隙をついて居間の引き戸を開け、そこで寝ているkitsと怪獣の枕元に正座し一言『にゃー にゃおーーーん』って鳴いてやったよ。

不意をつかれたkitsがあわてて飛び起きて、あせって『ぎゃーー、こらぁーー!だいふくーーっ!』って叫んでたさ。あーー愉快だった♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2007

【猫便】ぼくらの暑い夏

お久しぶりです。だいふくです。
ずいぶん長くご無沙汰してたけど皆さんはお元気でしたか?
我が家は冬にやってきた小さなにんげんに振り回されて大変です。このチビは大人のにんげんを独り占めしてぼくらの存在感無しです。
チビは僕らがダメらしく…なんでもあれるぎーとかいうものらしく、春先からぼくらはエアコンのある居間から締め出され、超暑い夏を体験中です。kitsとTは冷風機買ってくれたけどペット用ひんやりプレートの方がボクも茶ミも好みです。
チビはボクらの他に食べ物もあれるぎーがありアトピーもあるのでkitsは毎日キリキリしててとりつくしまも無く、ぼくらのつまんない度は増すばかりです。
またkitsと枕並べて眠る日はくるのかなぁ〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2006

【猫便】ボクんちの事件簿 続き

続きです。だいふくです。

Cat_0610_142

kitsはゆくえふめいの間、『にゅういん』というものをしていたらしいです。なんでもお腹の赤ん坊が出そうになったので、それをひっこめるようにずーーっと寝ていたらしいです。ずっと寝ていたくせにウチに帰ってもしばらくは寝てるんだそうです。変なの。

kitsがそんなんで、Tもめったにウチに居ないので、にんげん二人ととぼくたち二匹の世話をしにその『母さん』ははるばる『あきた』というオウチからやってきたのでした。

kitsが帰った翌々日、玄関から、宅急便のおにいさんでもなくダスキンのおばさんでもない、騒々しい声がバタバタとした動作とともに聞こえてきました。
いつものボクなら下駄箱の上に載ってお客さんをお出迎えするんだけど、そんな騒々しい雰囲気のにんげんは会った事が無いので、怖くなって部屋のドアの陰にかくれました。茶ミはカーテンの後ろに隠れました。

Cat_0610_143

『母さん』はとにかく声がでかいです。だから『母さん』がやってきてから半日以上たつまでボクは怖くて姿を現すことができませんでした。でもボクは好奇心には勝てないせいかくなのです。つい『母さん』の足のにおいを嗅ぎにフラフラと物陰から出てしまいました。
『母さん』は「まぁ!だいふく?だいちゃ~ん」と大声を出しました。ボクはびっくりして再び物陰に隠れました。『母さん』は物陰のボクに執拗に視線を向けます。ボクは身動きが取れなくなりました。でも『母さん』に悪意はないような気がしたのでしばらくたってから『母さん』からちょっとはなれたところでお腹を出してみました。『母さん』はkitsに促されてボクのお腹をなでました。ちょっと気持ちよかったです。『母さん』は無害なようです。でも声が大きいのと落ち着き無い動作がボクは苦手です。

茶ミは結局、翌日の早朝までカーテンから出てきませんでした。早朝にコソコソと出てきて水をタップリ飲んでいました。よっぽど喉が渇いていたんだと思います。でも、その水を吐いてしまいました。『母さん』が来てから茶ミはご飯も食べていません。だから水しか吐けません。ちょっと茶ミがかわいそうになりました。

Cat_0610_141

『母さん』はウチの中のものをアッチへ動かしコッチへ詰めなおし、凄い勢いでボクたちの大嫌いなソウジキをかけまくりゴミ袋を何個も作りだしました。kits以上に捨て魔のようです。溜め込み魔のTはたまらないだろうなぁ、とボクは思いました。
『母さん』という未知との遭遇だけでもボクたちはいっぱいいっぱいなのに、『母さん』はどんどんウチの中をもようがえしていきます。『母さん』の周囲はいつも騒音が充満していました。ボクたちはまいってしまいました。特に繊細な茶ミはまいってました。『母さん』がいる間じゅう、茶ミは毎朝吐き続けました。

騒音がなければボクは『母さん』はいがいと平気です。でもしつこくボクたちを触ろうとしたり見つめたりするのはやっぱり苦手でした。茶ミは見つめられるのがボク以上に嫌なので『母さん』がきてからはめったに姿を見せない幻の猫と化しました。kitsは、母さんは犬しか飼ったこと無いから犬と同じつもりで猫に接して猫に嫌われるんだ。それはよくないから猫に合わせてちょうだい。と『母さん』に何度か言いました。『犬』ってなに?ボクにはよくわかりません。

四日後『母さん』は居なくなりました。ウチの中がものすごく静かです。『母さん』が居なくなった途端、茶ミは元気になりました。食欲ももどり吐くこともありません。

あの『母さん』の居た日々はボクにとってはしょうげきの日々でした。なにせあんなにんげんは初めてだったものですから。あれから1ヶ月たちました。ウチでは前のようなへいおんな日々がゆっくり過ぎています。『母さん』はすっかり幻になりました。

これがボクんちに起きた事件の顛末です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2006

【猫便】ボクんちの事件簿

お久しぶりです。kits家の長男、だいふくです。

8月から長い間、我が家ではkitsがゆくえふめいになりました。
Tは帰りが遅いので毎日茶ミとヒマしてました。

kitsが居る時は、Tを構ってあげるのは朝、Tが着替えるためにクローゼットを開ける時と、Tが帰ってきた時の出迎えと、Tがお風呂に入ってる時に『湯加減はどうでしゅか?』とお風呂場の扉越しに聞いてあげるだけとボクは決めてたんだけど、kitsが居ない今、朝夕のご飯も水替えもトイレ掃除もぜんぶTにお任せするしかないので、茶ミと相談して、かったるいけどTのご機嫌も取る事にしました。

Tは嬉しそうに携帯でぼくたちの写真をまめまめしく撮りました。どこかで誰かにその写真を見せるつもりらしいです。

そうしているうちに、涼しい秋風が吹く頃、ようやくkitsが戻ってきました。

ボクは嬉しかったのでkitsの足にまとわりつきました。茶ミも嬉しそうに、そして少し怒った風に『んにゃーーー!ンにゃーーーーー!』とkitsの顔を見上げながら大声で鳴いていました。

その日の夜はkitsの布団の中でボクも茶ミもkitsにくっついて眠りました。

この写真はkitsの布団でくつろぐボクと茶ミです。

Cat_0610_061

Cat_0610_062

ボクはやっと以前のせいかつに戻ったとホッとしました。
でも、そんなボクのあんども翌々日にはあっさり覆ってしまったのでした。

なぜなら、今までの3年間のしょうがいで出会ったことも無い、ものすごく騒々しい変なにんげんが我が家に突然やってきたからです。

その変なにんげんのことをkitsは『母さん』と呼んでました。

その『母さん』の話はまた次回することにします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 29, 2006

【猫便】ある日の災難

今週半ばのある蒸し暑い夜、我が家に初ゴキブリが出没しました。

茶ミがテレビ台付近に妙に固執しており、

変だな・・・妙だな・・・

と思っていた矢先、4cmほどの黒い物体がテレビ台のガラス扉を斜めに走り去るのが見えました。

と同時に我が家は超厳戒態勢に突入しました。

Tが丸めた新聞紙を手に奮闘し、10分後、不法侵入者の撃退に成功しました。

いや~とりあえずホッとした~。

去年はゴキのゴの字も無かったのに今年はこれで2匹目です。つい先週もベランダで昼の日中にでかいゴキを発見し、Tが不在だったので仕方なく私がゴキジェットで悶絶させたのでした。

急にゴキが発生するような環境の変化が我が家周辺で起きてるのでしょうか?

例えばチマタで話題のゴミ屋敷がご近所に出現、とか。

やぁねぇ・・・。とにかくゴキだけは勘弁してほしいです。

・・・そして一昨日の夜。

我が家のキャットタワーが2人+2匹で家族団欒中の一家を襲いました。

突然、

メリメリメリっ!

と音を立てて上半分が真っ二つに折れ、2人+1匹のいる居間の真ん中に倒れてきました。

Cat_0607_291

↑この写真は去年、買ったばかりの元気な頃のキャットタワーです。

つい数ヶ月前、天井まで届くように組み立て直したのがあだになったのでしょうか。おそらく天井に突っ張って強度を増す部品がシッカリ設置されておらず、どこかに無理な負荷がかかっていたのでしょう。見事に真っ二つに折れちまいました。

幸い、タワーの真下に居た2人+1匹は直撃を免れ無事でしたが、問題は倒れる直前までキャットタワーの穴倉で居眠りこいていた茶ミです。

Cat_0607_292

そうそう、↑こんな感じですっかり寛いでいた茶ミだったので、折れたタワーとともに居間の真ん中に落っこちてきたのでした。

ま、猫だし、俊敏に着陸しケガは無かったのですが、精神的ショックで瞳孔は開き、心臓はドックンドックンいってるのが傍から見ていてもわかりました。

結局、当日の夜は居間に近づけなかった茶ミなのでした。

災難だったわね、ごめんね、茶ミ。

Cat_0607_293

一方、直ぐに立ち直ったのが、タワーが倒れた瞬間に居間で腹をおっぴろげてニンゲンになでなでしてもらっていただいふくです。

倒れた直後は一目散に逃走して姿をくらましたものの、タワーの残骸が片付け終わるのを見計らって居間に戻ってきて、再びニンゲンに腹をなでなでしてもらうだいふくなのでした。

、にしても、タワーの残骸、、、やっぱり粗大ゴミで出すしかないよな・・・。もったいないやらめんどくさいやら。。。やれやれ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 24, 2006

【猫便】不思議な寝相

Cat_0607_241

だいふくの寝相は不思議です。

これなんか↑

腹筋?

、と聞きたくなります。

Cat_0607_242

これでホントに眠れてんのかしらん?

ニンゲンにお腹を撫でさせる高度な作戦なのぢゃ・・・?

Cat_0607_243

どうして、こんな場所(キャットタワーの中段)で頭をつっかえながら寝る必要があるのかしらん?

どう見ても"笑い"を取りたいとしか思えません。

Cat_0607_244

我が家のムードメーカーとしてのだいふくの地位は、当分、揺ぎ無いもののようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

【猫便】シンメトリーなふたり

本人、いや本猫が意識しているのか無意識なのか、時にシンメトリーな行動をとる2匹なのであった。

Cat_0607_171

兄弟だもんね。。。あたりまえか。

Cat_0607_172

窓辺の羽虫に夢中になって、羽虫につられて首をかしげる方向も同じ。。。

親バカ丸出しのにんげんは、猫sに並んで一緒に首振りしたい衝動にかられるのであった。

Cat_0607_173

ほんと、あんたたち見てると飽きないよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 04, 2006

【猫便】ブーイング

最近、kitsに対してやたらとブーイングをかます茶ミなのである。

「何?何なの?何がご不満?」

というニンゲンの問いかけに

「説明しなきゃわかんニャいわけ?鈍感ニンゲン!」と言わんばかりに『にゃぁーん、にゃぉーん』とブーイングで返す茶ミなのであった。

Cat_0607_041

にんげんに愛想を振り撒きつつ「メシよこせ」だの「腹撫でろ」だの要求するだいふくとは正反対に、茶ミは自己の欲求を”ガン飛ばし”で表現するのであった。

茶ミにはすまないが、ガン飛ばされただけじゃぁ、茶ミが何を欲求してんのか見当がつかないよ(泣)

Cat_0607_042

そーゆー気の強い茶ミねーさんも、ときに油断して、↑このようなアラレモナイ姿を写真にとられたりして、そんなトコが一層たまらなく可愛くなってしまうのである。

だからといって、

「茶ミってば!かぁーいいぃ~♪」

などと頬ずりなどしようものなら、すかさず猫キック&顔面ミミズ腫れの憂き目に見舞われちまうのさ。

Cat_0607_043

「ふんっ!わかんなきゃいいわよ!」

おや、あきらめた・・・と思いきや、くつろぎ中のニンゲンの身体の上を猛スピードで報復ダッシュすんのは止めてよね。しかも爪立てて。あれ、地味に恐怖なんだからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2006

【猫便】だいふくの模様

Cat_0606_251

だいふくの模様は不思議。

白地に黒毛が分布するホルスタイン柄。

特に顔面が変。見れば見るほど「ぷっ」と吹きだしそうになる。もうちょっとカッコよく分布できなかったのかしらん?と、たまに思う。

頭頂部の黒柄は、人間の真ん中分けの髪型のよう。
んでもって、鼻の上の大きな黒柄は、仮装用の丸眼鏡とデカ鼻のオモチャのよう。

Cat_0606_252_1

従って、ついつい↑こんな落書きもしたくなるってもんよ。

Cat_0606_253

そんな、力が「ふ~ぅっ」と抜けちゃうような模様のだいふくは、相変わらず我が家のムードメーカーなのである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 17, 2006

【猫便】2匹近況

猫便もだいぶご無沙汰してしまいました・・・。
久々なので2匹の近況でも。
相変わらず2匹は元気です。

Cat_0606_171

↑茶ミにちょっかい出すだいふく。窓辺の猫は毛がホワンと光ってかわいいなぁ。。。

Cat_0606_172

↑腹を見せて挑発するだいふく。
だいふく『来るならこいっ!』
茶ミ『何よ、やる気?』

Cat_0606_173

↑たまーに、2匹が行方不明になる。そんな時は,こんな風に一つのネグラで一緒に寝ていたり・・・。大抵は安眠中のだいふくのネグラに茶ミが無理やり押し入るパターン。だいふく、ちょっと迷惑。

Cat_0606_174

↑一緒に寝てる間くらいは仲良くすればいいのに・・・。
仕掛けるだいふく、軽くいなす茶ミ。

Cat_0606_175

↑ま、最終的にはこんな感じ。今日も平和なkits一家でございます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)