February 27, 2006

もうガセは結構!

最近は〝ガセ〟が流行っているようだが、1月に第一報が流れた例のニュースは、やはり〝ガセ〟だったようだ。

その〝ガセ〟第一報とは↓これ
*****
南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演
(ネットソースリンク切れ)

【上海=加藤隆則】旧日本軍による1937年の南京事件を題材にしたハリウッド映画の制作が決まり、来年12月の事件70年に合わせ、世界で同時公開されることが明らかになった。

18日付の上海紙「文匯報」が報じた。

同紙や制作協力する江蘇省文化産業グループによると、映画のタイトルは「南京・クリスマス・1937」で、当時、南京にいた米国人宣教師の目を通して、旧日本軍が行った中国人への殺害行為を描くストーリー。クリント・イーストウッドが監督を務め、同氏と「マディソン郡の橋」で共演したメリル・ストリープの出演が予定されている。

中国では旧日本軍が南京を包囲した12月13日を「南京大虐殺記念日」としており、70年にあたる来年は、各種行事が行われる予定。

(2006年1月18日23時23分 読売新聞)
*****

よりによって天下の

よ み う り 新 聞 さまの報道だ!

そのため、ネットでは

「いくらなんでも、ガセでしょ?」

「いや、読売の報道だ。信憑性がある!」

などという声が飛び交っておりました。

それに決着をつけてくれたのが産経の古森特派員↓。

*****
中国「イーストウッド監督で南京事件映画」
代理人「全くのウソ」(産経新聞 2月26日13版)

【ワシントン=古森義久】日本軍の南京攻略を題材とする映画が米国のハリウッドで著名な俳優のクリント・イーストウッド氏の監督で制作されるという情報が中国の新聞などで流されていたが、イーストウッド氏のエージェント(代理人)は二十四日、「全く事実に反する」と述べ、同監督の関与を完全に否定した。

一九三七年の「南京事件を主題とするハリウッド映画」という話は一月十八日付の上海の新聞「文匯報」などによって伝えられた。同紙は、この映画が江蘇省文化産業グループなどの制作強力を受けてイーストウッド氏が監督、同氏と映画「マディソン郡の橋」で共演した人気女優メリル・ストリープさんが出演し、ハリウッド映画として作られ、ニ〇〇七年十二月の南京事件七十周年を記念して全世界で同時公開される予定となったとの記事を掲載していた。
 「南京・クリスマス・1937」と題され、南京に当時いた米国人宣教師の目を通して日本軍の中国人大量殺害を描く内容になる見通しだったという。
 しかし、イーストウッド氏の代理人を務めるウィリアム・モリス・エージェンシー社(カリフォルニア州ビバリーヒルズ)のレオナード・ハーシャン氏は二十四日、産経新聞の電話インタビューに応じ、「南京事件に関する映画にイーストウッドが出演するとか監督をするという話はまったく事実に反する」と述べた。さらに同氏は「イーストウッドがこの話にはまったくかかわっていないことを日本や中国の人たちに幅広く伝えてほしい」と強調するとともに、「私自身は数ヶ月前にこの話を中国の新聞で読んだという中国人から聞いたが、だれかが広め始めたデマだといえる」と説明した。
 さらに関係者によると、イーストウッド氏は現在、太平洋戦争の硫黄島の戦闘を題材とした映画を日米両国の視点から制作しようとしているため、ここ一、二年のスケジュールは詰まっており、女優のストリープさんも多くの企画を抱えて南京事件の映画に出演する余裕はないはずだという。
 ハーシャン氏ら当事者のこうした否定表明から判断すると、「クリント・イーストウッド氏が南京虐殺の映画を監督する」という話はそもそも根拠がなく、中国側の政治プロパガンダ、あるいは政治謀略的なディスインフォメーション(故意の虚報)として広められた可能性も高くなってきた

*****

やっぱりガセでしたか。。。

でも電話で聞けば一発で〝ガセ〟と分かったんじゃないのさ。。。

読売新聞には大いに問題がある。

日本軍の大量虐殺などという有りもしない当時の中国の戦争プロパガンダを鵜呑みにした映画をハリウッドで制作となったら大問題でしょーが。

読売はなんで一報を流す前に当のイーストウッド側に確認しなかったのでせう?

私がマスコミに最も希望するのは、そういった疑わしい報道の裏を取って欲しい、ということなのだ。

現地報道をそのまま流すのは、別にマスコミ人間でなくったって中国語を読めるネットユーザーなら可能なことだろう。そうではなく、現地報道の裏を探るような取材はマスコミの

特権

であり、

義務

であり、

そこにマスコミの存在価値がある

のではなかろうか?

今回の読売新聞の無責任、無思考、無判断、

まったくもって

ぶ ざ ま な 報 道

を、今後も日本の〝マスゴミ〟が続けるならば、やがては中国のプロパガンダの思うが侭に歴史が改ざんされていくだろう。

その前にいわゆる〝マスゴミ〟の信頼は地に落ちるのだろうけど。

ったく〝ガセ〟にイライラさせられるここ数日。情けなさもピークに達する。

いいかげんにしてよね!(怒)

再審「南京大虐殺」(明成社)再審「南京大虐殺」 著:日本会議国際広報委員会

【2006.2.28 add】
◆『草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 』さん 「イーストウッド監督の「南京大虐殺」映画はウソ」へTB
なんと、上記の著書「再審『南京大虐殺』」を某国会議員がイーストウッド氏に寄贈したそうだ!その議員さん、やるな~ぁ。
先の戦争の裏で暗躍していた共産系の対日工作については、いつか白日の下になるのだろうか?そうあって欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2005

石原氏『日本よ』への補足

今日の産経「日本よ(by 石原慎太郎)」は日本の新しい危機構造の到来として中国の軍事的脅威を語っていた。(ネットソースUP未)

その文の中で、

 いずれにせよ世界の歴史の中で自らの国民を一番数多く平気で殺してきたのは中国人で、毛沢東は文革で二千万余の人を殺し、チベット併合のためにも二百万のチベット人を殺してはばからなかった。かつては蒋介石も南京で足手まといの市民を万単位で殺戮し、今ではそれも、毛の文革の犠牲者もともに戦争中日本人がやったことに仕立てられてしまっている。

と、石原さんは中国の非情な国民性の一面を述べている。

文革やチベットでの中国共産党の人民虐殺は結構周知の事実として市民権を得ているが、未だに自虐史観がハバをきかせている今の日本の現状では、

『中国人同士で南京大虐殺?はぁ?』

というのが残念ながら〝ふつーの感覚〟かもしれない。

しかしだね、日本軍による南京人民の虐殺写真とされるものは〝捏造写真〟であることが次々と暴かれているし、当時の新聞記事で日本軍の残虐行為を報道したものは伝聞によって書かれた物であって、記者本人が日本軍の蛮行を見たわけでも死体を見たわけでもないことが当の記者自らの後年の証言により明らかになっている。

そういう訳で、南京大虐殺とは、10年前の湾岸戦争における「原油にまみれた可愛そうな海鳥」の写真と同じ戦争プロパガンダである、という認識が定着しつつある。

でも、それだけでは石原氏の言っていることは理解できないかもしれない。

石原氏が示している南京における中国人による中国人の虐殺についてはこちらのサイトが詳しい。

『南京大虐殺はウソだ!』 1937年(昭和12年)南京の状況

蒋介石率いる国民党の幹部は日本軍の南京進行を前に、12月7日には南京を脱出している。その結果、南京は無政府状態に陥った。更に酷いのは後日南京入りするはずの日本軍に先んじて、あろうことか国民党自身が南京へ放火・略奪を決行したのだ。

上記サイトにてニューヨークタイムズのダーディン記者が紹介されている。

日本軍が句容をこえて(12月7日)、進撃しはじめたことが中国軍による焼き払いの狂宴の合図となったが、これは明らかに城壁周辺で抵抗するために土壇場の準備を行っているものであった。中国の「ウエストポイント」である湯山には、砲兵学校と歩兵学校、それに蒋将軍の夏期臨時司令部が置かれているが、そこから南京へ向けて15マイルにわたる農村地区では、ほとんどすべての建物に火がつけられた。村ぐるみ焼き払われたのである。中山陵園内の兵舎・邸宅や、近代化学戦学校、農業研究実験室、警察学校、その他多数の施設が灰塵に帰した。火の手は南門周辺地区と下関(シャーカン)にも向けられたが、これらの地区はそれ自体小さな市をなしているのである。
 中国軍による焼き払いによる物質的損害を計算すれば、優に2000万ドルから3000万ドルにのぼった。これは、南京攻略に先立って何ヶ月間も行われた日本軍の空襲による損害よりも大きいが、おそらく実際の包囲期間中における日本軍の爆撃によって、また占領後の日本軍部隊によって生じた損害に等しいであろう。

もう一つダーディンの記事を・・・

 南京陥落寸前、中国軍が便衣に着替えて、難民区に潜入するさまをダーディン記者は次のように報道している。
 「日曜日(12月12日)の正午(中略)、侵略軍(日本軍)が西門(水西門)付近から城壁をよじのぼると(筆者〈注〉第6師団三明部隊の一番乗り)、中国軍の崩壊が始まった。第八八師の新兵がまず逃走し、たちまち他の者がそれに続いた。夕方までには大軍が下関(シャーカン)の方へあふれ出たが、下関門(把江門)はまだ中国軍の手中にあった(筆者〈注〉このとき把江門でパニック状態が起き、人なだれとなって多くの中国人が死傷している)。
 将校たちは(この)状況に対処することもしなかった。一部隊は銃を捨て、軍服を脱ぎ、便衣を身につけた。記者が12日の夕方、市内を車で回ったところ、一部隊全員が軍服を脱ぐのを目撃したが、それは滑稽と言ってもよいほどの光景であった。多くの兵士は下関(シャーカン)へ向かって進む途中で軍服を脱いだ。小路に入り込んで便衣に着替えてくる者もあった。中には素っ裸となって一般市民の衣服をはぎとっている兵士もいた・・・・」

中国での戦争の仕方に〝便衣兵(ゲリラ)〟というのがあって、一般人の服装で非合法活動をするのが当たり前のようだったので、兵士が争って一般人の衣服に着替えたのも納得。

ま、要するに南京の炎上、略奪、暴行は中国国民党によるヤツアタリ、というかヤケッパチ!

つまり石原氏は、中国が上記の一連の事々を日本の仕業として世界中に触れ回っていると言っているのだ。

〝謝罪〟オーラにすっぽりと包まれていては他国の狡賢さに気付かず、重篤な国防危機を回避できないかもね。

【2005.11.11 add】
『何でも書き書きエッセイ』さん 「映像のウソ」へTB
写真は真実を伝えるものとは限らない・・・。特定アジアおよび反日売国奴に手垢が付くほど利用されまくった戦時中の写真のウソを丁寧に解説しているサイトの紹介あり!
プロパガンダ写真研究所

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 07, 2005

関東大震災防備禄

昨日の浅川巧のエントリで関東大震災近辺の日記を引用した。

注文した本が配達されるまで1週間くらいかかるということなので、予め関東大震災の朝鮮人虐殺事件について予習しておこう。

【当時の報道】←浅川巧も『ほんと?』と疑ってかかった朝鮮人の暴動報道
『朝日新聞を購読しましょう』さんサイトより

大阪朝日新聞、大正12年9月3日号外
目黑と工廠の火藥爆發
     震源地は太平洋にも
【早川東朝社員甲府特電】
▼朝鮮人の暴徒が起つて横濱、神奈川を經て八王子に向つて盛んに火を放ちつつあるのを見た
▼震源地は伊豆大島三原山の噴火と観測されてゐるが他に太平洋の中央にも震源があるらしい
▼砲兵工廠は火藥の爆發のために全燒し目黑火藥庫も爆發した

大阪朝日新聞、大正12年9月4日
各地でも警戒されたし
   警保局から各所へ無電
神戸に於ける某無線電信で三日傍受したところによると、内務省警保
局では朝鮮總督府、呉、佐世保兩鎭守府並に舞鶴要港部司令官宛にて
目下東京市内に於ける大混亂状態に附け込み不逞鮮人の一派は随所
に蜂起せんとするの模樣あり、中には爆彈を持って市内を密行し、又
石油鑵を持ち運び混雜に紛れて大建築物に放火せんとするの模樣あ
り、東京市内に於いては極力警戒中であるが各地に於いても嚴戒された
しとあつた。

上記の新聞記事「朝鮮人の暴動」については『デマ』というのが現在の通説。念のため。

【当時の日本人の実際】
母が語る20世紀 4.関東大震災さん

 陸軍戸山学校の裏に2万坪もの広大な竹藪があり、父の住まいは竹藪の地続きにあった。余震が怖かったので、何日間も竹藪で野宿をしたという。あちこちで発生した火災は、「朝鮮人が火をつけたから」の流言が飛び交い、戸山学校の竹藪に、朝鮮人が籠もっているという噂まで出た。父は、竹槍を作る作業に励んだ。これで朝鮮人を突き刺すのだと、当時は本気で考えていたそうである。


【実際の朝鮮人被害規模】
愛・蔵太のきままな日記さん

結論としましては、

1・朝鮮のかたが「定説」としている6600人説はいささか根拠があいまい。細かく数字を見ていると、怪しいデータが多いうえ、総合計は単純計算でも合わなかったりする。実はこれについて資料を見てみるまで、俺はこの数字というのは、ニューヨークのテロの犠牲者や阪神大震災の被害者のかたがたと同じように、「ちゃんとした固有名詞」まで挙げられた上での虐殺被害者数だと思ってました。皆さんも多分そうでしょう。

2・ただし、2000名前後のかたがたは虐殺されただろう、という推測が私的には成り立ち、その虐殺者の多くは自警団ではなく警察・軍隊だった、という目撃証言もある(目撃証言以上の証拠が存在するかどうかは不明である)。

3・教科書などの教育目的の記述としては、「関東大震災では朝鮮人が、日本人の自警団により300名以上虐殺された。また警察・軍隊などによりその数倍にも及ぶ犠牲者が出たという目撃者の証言などもある」とするのが正しいように思われる。

というところでしょうか。

憶測や予想ではなく、限りなく客観的な資料というのは入手が難しいねー。上記のようなお宝記事はなかなか発見できないな。

「朝鮮人の暴動」デマが何故起こったかについても
(注)以下の事柄は単にネット上から拾ったもので事実かどうかは確認してないです。ごめんね・・・

この機に乗じて共産主義者を叩くための政府の謀略だった
とか
火事場泥棒化した朝鮮人も事実いた(前述、愛・蔵太さんのエントリ中の引用参照)
とか
もともと一部不良朝鮮人のせいで朝鮮人への不信感があった(前述、愛・蔵太さんのエントリ中の引用参照)
とか
朝鮮半島での独立運動が日本人の不安を煽った(ソース紛失。スマヌ・・・)
とか、、、
色々な見解が見られた。

いやー、歴史の授業からでは想像もできないくらいの意見があるよ。驚き~。
今日はこれらを追うので精一杯。正直、ギブ。
蔵太氏はすげぇーや。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 25, 2005

ドタキャンされました。

呉副首相の会談キャンセルが波紋を呼んでいる。
そこで、この度のドタキャン劇を、ネット上のソースを元に時系列で並べてみる。

Continue reading "ドタキャンされました。"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 25, 2005

AA会議での首相スピーチ プラスとマイナス

昨日の記事にTBいただいた玄倉川の岸辺さんが首相のスピーチについて論じたブログリストを、"反対"、"中立"、"賛成"に分けて作成されている。相当のブログ数だ。すさまじい反響。

で、私は昨日記事では首相スピーチについては『玉虫色』として、あまりハッキリとは論じていないのであるが、"玄倉川の岸辺"さんでは、どうも私は"賛成派"として分類されたようだ。

そっか~私は首相スピーチに賛成したのかぁ~とのんきにしてるバヤイではない!私の意見をまとめることにする。

Continue reading "AA会議での首相スピーチ プラスとマイナス"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2005

小泉外交は土下座外交?はたまた戦術か?

昨夜の日中首脳会談の模様は断片的な報道ばかりで全貌が良く分からない。。。ほんとは映像で見たいんだけど、なかなかお目にかかれない。

TBSの昼のニュースでは、中国メディアが主席が日本に強く迫った旨を一斉に報道したと報じたが、

それが何?

という感想を持ったのは私だけ?中国メディアの報道を信じる人間がどれだけいる?先日も町村大臣が中国に謝罪したというデマを平気で報道した。中国国内の沈静化狙いであることは間違いない。

(参考)日中首脳会談 中国、真意は摩擦解消 「反省要求」で世論懐柔 平成17(2005)年4月24日[日]SankeiWeb

(省略)
 胡主席は就任以来、直接に記者と接触することを避けてきたが、この日は会談終了直後、小泉首相の記者会見に先立ち、自ら内外の記者に会談で主張したことを発表した。この異例の対応は、国内向けと同時に、反日デモ以降、日中関係への関心を高めた外国メディアに、中国の立場をアピールする狙いだった。
(省略)
 おそらく中国側は今後、首脳会談での胡錦濤主席の主張を国内に宣伝して反日世論を懐柔しながら、対日関係の促進を図るとみられる。経済建設を最も重視する中国にとって、対日関係の改善は急務であり、反日デモの影響を最小限にするためには、まず反日世論の沈静化が不可欠だからだ。(省略)

Continue reading "小泉外交は土下座外交?はたまた戦術か?"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 19, 2005

慰安婦資料集

cat_0503_19<--茶ミ『掃除はちゃんとしてニャ』

ひさびさに家でネット漬け~ かれこれ8時間じゃ!あー何やってんだ!<--自分!
今日は掃除をする日では!?家中、猫っ毛だらけじゃん!

んで、こんなサイトにたどり着く。

日本人が仕掛けた慰安婦騒動を大いに悪用

Continue reading "慰安婦資料集"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2005

広めよう!ブログの輪っ ~南京大虐殺~

cat_0503_07<--だいふく「正しい自己認識による自信は大事ニャり」

読売テレビの『たかじんのそこまで言って委員会(毎週日曜13:30放映)』という番組で、なんと『南京大虐殺』を取り上げたそうだ。今までマスコミでタブーだった問題を堂々と扱うなんて・・・見直したぜ読売テレビ!全国ネットでないのが残念~ と思ったらテキスト化してくださったブログあり!感謝!

----【参考1】---------------------------
●ユウコの憂国日記 「たかじん」南京大虐殺第二弾ほか
ブログの最後には、この番組をダウンロード可能なサイトの情報もあります
--------------------------------------
必見!多くの人に観てもらいたい。特にムービーは早く観なきゃリンクがなくなるかも!

Continue reading "広めよう!ブログの輪っ ~南京大虐殺~"

| | Comments (2) | TrackBack (4)

March 04, 2005

友情って何? ~日韓問題~

「本年度の日韓友情年2005年を中止すべき」と思う方はご署名を!園丁日記さん 経由)

という企画を起こしたブログ『韓流なんていらない』に賛同します!

このブログの主さんは、

Continue reading "友情って何? ~日韓問題~"

| | Comments (4) | TrackBack (4)

March 01, 2005

げっ・・・5億円の寄付金+国民の税金○×億!

昨日の記事でも紹介した小泉総理の謝罪の手紙の話。
手紙の文中にある「女性のためのアジア平和国民基金」のサイトは必見!

この基金は平成5(1993)年8月4日の慰安婦関係調査結果の要旨を根拠として1995年設立。

『慰安婦関係調査結果の要旨』というのは、

Continue reading "げっ・・・5億円の寄付金+国民の税金○×億!"

| | Comments (0) | TrackBack (1)